就活パレット 就活パレット

自己分析

【自己分析で見つかる】仕事の価値観と自分の生活プランにぴったりの職業!
自己分析

【自己分析で見つかる】仕事の価値観と自分の生活プランにぴったりの職業!

LINE Facebook Twitter

自己分析で見つかる『仕事の価値観』!自分にぴったりの職業を見つけるために

1次面接、2次面接、と通過できるようになってきたら、最終面接へ向けて、仕事へのさらに深い考えを身につけておきたいですね。基本的な自己分析に慣れてきたら、さらに内容を発展させて、『仕事の価値観』をリーチしてみましょう。今回は、そんな学生さんへ向けて、自己分析で『仕事の価値観』を深掘りするためのヒントをお伝えします。最終へと近づくにつれて、面接ではより深い内容が問われます。

実際に就職してから、価値観の相違など企業とのミスマッチを起こさないためにも、しっかりと基本に立ち返って、自己分析をしておきましょう。あなたはこの先の将来、どんな風にキャリアを積んでゆきたいのか――考え抜いてブラッシュアップできるといいですね。いよいよ面接がクライマックスへと向かい、意気込んでいる学生さんは、ぜひ参考にしてみてください。

 

『仕事の価値観』とは何か

そもそも、『仕事の価値観』とはどういうものでしょうか。この定義を明白にしないままで自己分析を続けると、一体これからどこへ向かってゆくのかが、わからなくなってしまいます。まず始めに、仕事の価値観をハッキリさせるところからスタートしましょう。まず、『仕事の価値観』として考えておきたいのは、“自分が仕事をする時に大切にしたいのは何か”ということです。たとえば、「とにかくキャリアを積みたい!」と考えている学生さんが、安定志向の職種を選んでしまったとします。

「すると、何年か働いてみた時「もっとバリバリ働きたかったのに……」と物足りなく感じてしまうような、ミスマッチが発生しますよね。逆に、「自分が働いたお金で家族を養い、大切にしたい!」と考えているのに、転勤の多い出世ルートを選んでしまったら、未来の家族を振り回してしまうことにもなりかねません。こういった価値観の相違を起こさないためにも、“自分が仕事をする時に大切にしたいのは何か”を明白にしてから、キャリアプランを立てましょう。それから、“どういう仕事であれば続けられるか”も、ぜひ考えておきたい『仕事の価値観』のうちのひとつです。

就職活動は、これからたった数年先までの仕事を決めるイベントではありません。場合によっては、10年、20年、30年……と続ける仕事を決める、重大なイベントです。したがって、一時的な興味でさめてしまうような仕事を選ぶべきではありません。どういう条件であれば、ずっと働き続けられるのか――給与、勤務地、労働時間、評価制度、福利厚生、さまざまな観点から、仕事について考えておきましょう。

 

「普段、何を考えて行動しているか?」がカギ

“自分が仕事をする時に大切にしたいのは何か”の答えを見つけるカギとなるのは、「普段、自分が何を考えて行動しているか?」です。たとえば、大学のイベントを成功させるために、何日も家に帰らないで、毎日遅くまで準備に奔走したという出来事があったとします。その時、事実の裏に、「あなたがどうしてその行動をしたか」の理由となる、考えがあったはずです。プライベートの時間を削るのに、そんなに抵抗がなかった? 責任感があって、どうしてもそうせずにいられなかった? 周りの友達の力になりたかった? ――ひとつの事実でも、人によって理由はさまざまです。その当時の考えを振り返って、あなた自身の価値観を探ってみましょう。

 

「何をするのが苦じゃないか」が長続きの秘訣

なるべく長く働き続けるには、どんな観点から仕事を選べばいいと思いますか? やりがい? 評価?チームワーク? ――さまざまな想像ができますが、実際に“どういう仕事であれば続けられるか”と言えば、「毎日続けても苦痛に感じないこと」がひとつの重要なポイントとなります。

たとえば、「人と話すのが好きで、初対面の人と会うのも苦痛ではない」と感じるのであれば、コミュニケーション能力が特に重視される職種で、長く働き続けやすいでしょう。あるいは、「旅好きで、色んな場所へ行くのが苦痛ではない」という方は、場所の移動や転勤の多い職種でも、他の人よりも働きやすいと感じるはずです。「単純な作業を淡々と繰り返すのが苦痛でない」と感じる方は、事務を始めとした仕事を続けやすいでしょう。

このように、“自分が何をするのが苦じゃないか”は、仕事を長続きさせる秘訣を見つけるための、ヒントになります。あなたは他の人と比べて、何をするのが苦痛に感じないでしょうか。自己分析の際に、参考にしてみてください。

 

まとめ

一歩進んだ自己分析で、自分の『仕事の価値観』を深掘りしたい学生さんは、まず、“自分が仕事をする時に大切にしたいのは何か” “どういう仕事であれば続けられるか”を考えてみましょう。

その際、あなたが学生生活において「普段、何を考えて行動しているか?」を振り返ってみると、この先仕事で何を大切にしたいのかが、浮き彫りになってきます。また、「何をするのが苦じゃないか」を考えてみると、長く続けられる仕事がわかってきます。自己分析では『仕事の価値観』を熟考して、あなたにぴったりの仕事を見つけられるといいですね。

 

LINE Facebook Twitter

TOPICS