就活パレット 就活パレット

選考対策

面接官の質問の意図を考えよう!  
選考対策

面接官の質問の意図を考えよう!  

LINE Facebook Twitter

面接ではよく「最近のニュースで気になるものは?」と質問されることがあります。そんなときあなたなら、なんと答えますか。どんなものが気になっているか、スムースに答えられるでしょうか。たとえニュースをチェックしていなかったからといって、その場で慌ててしまっては面接官の印象を損ねてしまう可能性があります。面接でこのように聞かれた場合、面接官には質問をした意図があります。面接でのニュース関係の質問対策に、その意図や対応の仕方、ニュースの情報収集の仕方などをまとめました。

 

面接官の質問の意図を考えよう

「最近のニュースで気になるものは?」と質問する面接官には、その質問を投げかける意図があります。「世の中や業界の動きに関心があること」、「情報収集をしているか」、「物事に対してどう考え、自社に合うかどうか」という点を知るため応募者の情報感度や価値観を測っているのです。

そのために日々のニュースをただ知っているというだけではなく、ニュースの背景や今後の見通しを把握し、それに対する自分の考えをはっきり述べることができる状態にしておくことが必要です。

とりわけお客様と接する営業職や、新しいものをつくりだす企画や開発職など、情報収集がマストとなる職種を希望する場合は質問される可能性が高いと思った方がよいでしょう。

 

質問される形式は大きくわけて3つあり、「最近のニュースで気になるものは?」、「●●」のニュースについてどう思う?」、「今日の新聞記事で気になったニュースは?」といったようなものです。
1番目のものは応募者がどのようなニュースに関心があるのか見ることを目的としています。
2番目の特定のニュースを取り上げるパターンは、基本的には多くの人が知っているニュースを取り上げ、応募者の考える力などを把握しようとしています。
3番目は、応募者が新聞を読んでいるかを確認しています。目立つ記事や記憶にある記事でも良いので答えるといいでしょう。

もし、分からないニュースについて聞かれたり分からなかったりしたらどうするか。その際は素直に「勉強不足で分かりません、今後勉強いたします」と答えれば大丈夫です。きちんと回答できることが理想ですが、分からないからといって適当な答え方をしてしまうと「いい加減な人」というイメージがついてしまいます。

 

業界と結びつけたニュースを取り上げる

最近のニュースで気になるものを聞かれたからといって、それを取り上げただけで終わらせてしまってはもったいないです。面接官に自分の魅力をアピールするには、志望する業界と結びつけた形で答えるのがベストです。たとえば電機業界を志望するなら、それにまつわるトピックを取り上げ業界の将来性について話すなど……です。面接官に仕事への関心を示すためにも、できる限り応募企業の業界のニュースを取りあげて自分の考え方や今後の展望について話をしましょう。「業界に興味関心がある」、「市場にアンテナを張っている」といったように、面接官に一層印象を残すことができるはずです。

一方で避けるべきなのは、宗教や政治、スポーツなどの話題です。これらのニュースは人によって、考え方や好みが異なり、面接官と意見が相違してしまう可能性があります。また応募企業にとってネガティブなニュースなども取り上げない方が無難です。面接官が対応に困ってしまうことや「なぜ弊社に応募をしてきたのか」と思わせてしまうこともあります。

 

効果的なニュースの仕入れ方

ではどのようにしてニュースを把握したらよいでしょうか。最新のトピックをチェックするために効果的な方法をご紹介いたします。

まずは「日経新聞をざっと確認すること」。日経新聞をひととおり眺めたら、目立つ記事をチェックし気になるニュースをピックアップします。さまざまな新聞がありますが、面接対策のために新聞を購読するのであれば経済のニュースが充実している日経新聞が良いでしょう。日経新聞はコンビニで購入することもでき、また有料で電子版も配布しています。無料で読める日経新聞のウェブサイトを利用するのもひとつの手です。

次に「気になったニュースをよりくわしく調べること」です。新聞でチェックした記事を、ニュースをくわしく解説しているサイトなどで調べ、出来事の発端やどのような展開が考えられるのか把握をします。面接ではニュースの内容だけでなく、それについての自分の意見を求められることもあります。どんなことを聞かれてもうろたえることがないように、自分なりの視点を持ってニュースをチェックする癖をつけましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS