就活パレット 就活パレット

インターンシップ

今さら聞けない! インターンシップに参加するには? 
インターンシップ

今さら聞けない! インターンシップに参加するには? 

LINE Facebook Twitter

インターンシップに参加するには?

就職活動の中で、インターンシップは重要な項目の一つです。興味のある職種についてより知ることができたり、志望する企業を体験できる絶好のチャンス。インターンシップと採用選考は関係ないといわれますが、インターンシップをこなした学生ほど多くの企業から内定をもらいやすいです。


このインターンシップ、気軽に参加してよいといわれる一方で、参加するためにはいくつかのステップを踏まなくてはいけません。希望通りに参加するためには、どんな手順を経る必要があるのでしょうか。


【インターンシップの魅力】


本題に入る前に、まずはインターンシップの魅力についてご紹介。就活が有利になるといわれる理由が、ここにあります。


採用選考ではないといっても、インターンシップに参加するまでには書類選考や面接を通過しなくてはいけません。何事も経験。ここで得たことが、そのまま採用選考に活かされます。また、インターンシップに参加することで社会人としてのマナーやスキルを学ぶことができます。


選考を受けるだけでは分からない企業の雰囲気を体験できるのも、大きな魅力。なぜその職種に興味があるのか、あなたの強みをどう生かしていけるかなどを見極める、よいチャンスになります。あまり興味がなかったけれど、実はこの仕事って面白いんだ、なんていう発見もあるかもしれません。


そして、人との出会いも大切な要素。同じようにインターンシップを受ける仲間や、尊敬できる社会人などとの出会い。これがやる気につながったり、OB訪問につながったりと、就活に必要な人脈となっていきます。

【参加までの流れ】


ではここから、実際にインターンシップに参加するまでの流れを追っていきましょう。「企業を決める」、「応募する」、「選考を受ける」の3ステップです。

○企業を決める


まずは、どの企業のインターンシップに応募するかを決めます。最初から志望する企業がある場合は、その企業の採用ページをまめにチェック。チャンスを逃さないようにしましょう。


どんな職種にするか、何を学びたいかなど目的を決めたら、就活サイトの検索を利用して企業を探します。業種や職種で検索していくつかの企業がヒットしたら、その内容をよく読みましょう。インターンシップの期間や時間などを見て、参加できる日程かどうかを確かめます。


応募する企業は、一つに絞らなくてかまいません。選考に必ず通るとは限らないし、いろいろな会社を見ておいて損はないからです。


○応募する


行きたい企業が決まったら、早速応募しましょう。応募方法は、ネット上で簡単な項目を入力するものや、エントリーシートが必要な場合があります。ここで書類選考する企業があるので、心して応募してください。


自己PRには、自分の強みが仕事にどう活かせるかについて書きます。「こんなことを勉強させていただきたいと思います」のような内容ではなく、「こんな経験をしたのでここが強みです」という内容にしましょう。


さて、書類選考を通過したら、企業から面接の日時を決める連絡が来ます。就活サイト上でチャットのようにやり取りできる場合でも、その書き方には充分注意が必要。社会人に相応しい、丁寧な文面が求められます。企業側の文章構成を参考にするとよいでしょう。


○選考を受ける


書類選考だけで参加が決まる企業もあれば、面接やグループディスカッションを経て参加が決まる企業もあります。多くの場合一度の面接で、人気企業ではグループディスカッションと面接の両方で選考されます。


あくまでもインターンシップのための選考なので、内定をもらえるかは関係しません。力を抜いて、あなたらしさをアピールしてください。「学生時代に何に打ち込んだか」や「将来の希望」などについて、答えられるようにしておきましょう。


さて、あなたが選考されるわけですが、同時にあなたが企業を選ぶ場でもあるのがこの機会です。ここで企業の雰囲気を感じて自分に合うかを見極めることが、就職してからのミスマッチを防ぐことにつながります。


就活で大事なことは、場数を踏むこと。応募のためのエントリーシート、面接への慣れ、深い企業研究、ビジネススキルの習得、広がる人脈。このような要素が、就活を有利に進めていく鍵となります。


仕事や企業を知るためにも、あなた自身を知るためにも、インターンシップを大いに活用してください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS