就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

【就活生の資格取得】挫折せずプログラミングの資格を取得する方法とポイント
エンジニアになる!

【就活生の資格取得】挫折せずプログラミングの資格を取得する方法とポイント

LINE Facebook Twitter

【就活生の資格取得】挫折せずプログラミングの資格を取得する方法!

第一線で活躍するエンジニアの中には、文系出身者も数多くいます。彼らのなかには、社会人になってからプログラミングについて学んだという人もおり、未経験でもプロを目指せる職種のひとつだといえます。

 

他方、プログラミングは文系には聞き慣れない言葉も多く、挫折する人も多くいます。そこで今回は、挫折せずプログラミングの資格を取得する方法についてご紹介します。

 

◆自分が興味のある開発分野に関連するプログラミング言語を選ぶ!

プログラミングのためには、「プログラミング用語」と呼ばれるものが必要になります。しかしその種類は様々で、全てを把握するのは初心者にとっては困難なもの。

 

こうした点を乗り越えるためには、自分が興味のある開発分野に関連するプログラミング言語を選び、意欲を高めるのがよいでしょう。または将来就きたい仕事に関連するものを選ぶのも選択肢のひとつ。いずれにしても、興味関心のあるものに挑戦することで、挫折しにくくなります。

 

例えばWEB系プログラマーになりたい人や、WEB系のプログラミングに興味がある人は、Ruby技術者認定試験制度を受けてみてはいかがでしょうか。RubyはWEBだけでなく様々な分野で使用されている用語のひとつですが、特にWEB系では強い傾向があります。また日本人が開発したということもあり、日本語で書かれた情報サイトも比較的多く、新しい情報を得やすいという特徴があります。

 

Rubyは今後も高い需要が望める用語のひとつですので、WEB系に関心のある人はぜひチェックしてみては。

 

ほかにも業務システム系に興味があるなら、Javaの資格である「Oracle Certified Java Programmer」を取得するのもよいでしょう。その他、用語に応じて様々な資格があるので、関心のある開発分野でよく使用されているプログラミング用語をチェックし、何を勉強するのか決めてみてはいかがでしょうか。

 

◆文系出身者が挫折しない為にアプリ等の使用で楽しく学習を進めよう

「プログラミングは書籍で学ぶもの」と思っていませんか。実は近年、アプリを使ってスマートフォンで楽しく、かつより簡単にプログラミングを楽しむことができます。ここでは文系の方にぜひおすすめしたい、初心者向けのプログラミング用アプリをいくつかご紹介します。

 

▼SwiftBites

前述したSwiftというプログラミング用語をアプリで気軽に学ぶことができるツールです。書いたコードをスマホ上ですぐに確認できることはもちろん、ミニレッスンなども入っているので、課題を解きながら勉強を進めるのが得意という人にもおすすめです。

 

▼sharewis

まずは基本的な知識を学びたいという人におすすめなのが「sharewis」というアプリです。90秒 の短い動画でプログラミングに関する様々な講座を受けることができます。費用はかかりますが、スキマ時間にサクッと学びたいという人はぜひチェックしてみては。

 

▼Lrn

需要の高いJavascriptを学ぶことができるスマートフォン用アプリです。初心者向けに作られているほか、ステップ形式で進んでいくので、少しずつスキルアップすることができます。有料ですがSNSでシェアすることで無料で利用できるという特典も。できるだけ無料で学びたいという人にも嬉しいアプリといえます。

 

他にも様々なプログラミング用アプリがあるので、自分の学習方針に合ったものを選び、スキマ時間で勉強を進めていきましょう。

 

◆いつまでに資格取得したいかをスケジュール立てし学習を進めていく

資格取得を目指すなら、できるだけ計画を立て効率的に勉強するのがおすすめです。

 

資格取得に挫折する人の多くは、計画を立てずにずるずると学習する傾向にあります。「できるまで頑張ろう」という思いは大切ですが、就活に活用するのであれば、いつまでにどの試験に合格し、資格取得するという目標を立てておかないと、先に就活が終わってしまうかもしれません。せっかく資格を取ったのに時期が遅くアピールできなかった…なんてことにならないよう、計画的に勉強するようにしましょう。

 

▼スケジュールを立てて計画する際のポイント

就活でアピールすることを前提にするのであれば、開始時期には資格を取得しておく必要があるでしょう。

 

希望の業種・職種がある場合、いつ頃から就活が始まるのかをチェックした上で、間に合うように取得するためにはいつの試験に合格しないといけないのか、そのためにはいつから勉強すべきなのかを逆算してスケジュールを組むのがおすすめです。

 

希望の業種・職種が特にない場合は、経団連の定める就活開始時期よりも少し早めにとっておくのがおすすめです。万一スケジュール通りにいかなくても、取り直すチャンスが得やすくなります。

 

▼もし資格取得が就活に間に合わなかった場合

履歴書には「勉強中」と記載するとともに、取得のために現在勉強中であることを伝えるという方法があります。ただしこの場合、「なぜ就活までに間に合わなかったのか」と聞かれる可能性もあるので、そのための前向きな回答も用意しておきましょう。

 

◆まとめ

文系学生にとって資格は、単に知識の指標となるだけでなく、「プログラミングを本気で勉強している」ということを企業に伝えるための手段にもなります。どの資格を取っていいかわからないなら、今回ご紹介した内容を参考に、勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

"

LINE Facebook Twitter

TOPICS