就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

【就活生の疑問】IT企業に未経験として入社する時の文系・理系の差とは?
エンジニアになる!

【就活生の疑問】IT企業に未経験として入社する時の文系・理系の差とは?

LINE Facebook Twitter

【就活生の疑問】IT企業に未経験として入社する時の文系・理系の差とは?

文系の学生さんがIT企業に就職すると、これまでに学んできたことの違いによって、入社して間もない時期に大きな壁にぶつかることがあります。それに対して理系の学生さんは、学生時代に学んだことが仕事に直接結びつきやすく、それぞれのスタートラインには差があると言えるでしょう。しかし、文系で学んだからこそIT企業で生かせるスキルもあるのです。今回は、IT企業に未経験で入社した文系にありがちな壁と、その対処法についてお伝えします。

IT関連の知識量の差

IT企業に未経験で入社する場合、文系の学生さんと理系の学生さんで、IT関連の知識量の差があることが考えられます。

理系の学部では、ITにまつわるさまざまな分野の学習をします。また、個人的にIT関連に興味を持ち、学校の勉強とは別に学びを深めている学生さんもいらっしゃるでしょう。周囲にもITに興味を持つ学生さんが多く、自ずと情報交換をしたりお互いに技術を高め合ったりできる環境が整っています。このように、学生時代に自然とIT関連の知識にふれていた理系の学生さんは、自分の専門分野に限らず、コンピューター言語・アルゴリズム・データベースなど基本的なIT関連の知識を身につけていると言えます。

それと比べて、文系の学問を学んできた学生さんは、そもそも学校でITにまつわる分野の学習をする機会が少ない状況にあります。中には個人的にITに興味を持ち、独学で学んだという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、IT企業に未経験で入社する文系の学生さん全員が、必ずしも入社前にITの知識を身につけていたわけではありません。このように、入社する時点でのIT関連の知識量は、理系と文系で差があると言えます。

ただし、一口に理系と言ってもさまざまな分野の学問がありますから、必ずしもITの知識量で大きな差が開くとは言えません。理系の学生さんであっても、これまでに学んできた知識が全て仕事につながるとは限らないのです。

プログラミングなどに対する知識量の差

理系の学生さんは、学生のうちから授業の一環としてプログラミングを行うなど、IT企業で働く上で活用できるスキルを身につけています。プログラミング言語の基本である「C言語」や「Java」であれば、問題なく使いこなせるという学生さんも少なくありません。プログラミングとはどんなものかといった基本的な技術と知識を身につけているだけでなく、そもそも文系の学生さんとは学生時代を通して扱ってきた数字の量が違うため、IT企業入社後の研修でもすんなりと知識を吸収できる素地ができあがっています。

それに対して、文系の学生さんはIT企業入社直後の研修で初めてプログラミングについて学ぶということがほとんどです。理系の学生さんが学生のうちに苦労して習得した知識を、社会人になって初めて習得することになります。理系の学生さんには数字やPCスキルへの抵抗がないというアドバンテージがあるため、ここに大きな差が生まれてしまうのです。同期として同じ内容の研修を受けたとしても、すでに基本的なプログラミング言語を通ってきた理系の学生さんとは違って、一から学ばなければならないがゆえの苦労があるはずです。

しかしながら、研修を終えて実際に業務に携わってからは、しだいに理系・文系といった違いはそれほど意味のないものになります。過去にどのような勉強をしてきたかよりも、現在どのような働き方をしているかの方が重要です。入社直後までは知識量に差があったかもしれませんが、その後の学び方によっては差が縮まってくるでしょう。

情報を伝える能力の差

IT企業で求められる能力というのは、ITにまつわる知識量やスキルだけではありません。企業に所属して多くの人と協力しながら仕事を進めていくからには、コミュニケーション能力が欠かせないのです。このように、IT企業で働くために必要とされる「情報を伝える能力」については、理系の学生さんよりも文系の学生さんの方が学ぶ機会が多かったのではないでしょうか。

情報を読み解く読解力や、情報を誰にでも分かりやすく伝える伝達能力をトレーニングしてきた文系の学生さんは、IT企業でも重宝されます。文章作成能力に長けているという長所を生かせば、誰にでも分かりやすい資料を作ることができます。また、ITの知識がない人に伝えるプレゼンテーションなど、顧客目線での対応も可能でしょう。

このように、文系の学生さんが未経験でIT企業に就職することには、大きなメリットがあります。文系の学問で培ったスキルと、社会人になってから新たに身につけたITの知識と技術を組み合わせれば、理系の学生さんとは異なる強みを打ち出せるはずです。昨今では、文系の学生さんが未経験でIT企業に入社するケースが珍しくなくなってきました。“IT企業は理系に有利”と思い込む前に、自分の学んだことを武器に就職に挑戦してみてください。

おわりに

今回は、IT企業に未経験として入社する時の文系と理系の差についてお伝えしました。IT関連の知識やプログラミングの技術を就職後に習得する文系の学生さんは、初めのうちは理系の学生さんとの差に悩まされるかもしれません。しかし、文系の学問を通して身につけた情報を伝える能力を生かせば、自分の強みを生かして働くことができるでしょう。

一見すると理系の学生さんよりも不利に見えますが、文系の学生さんがIT企業に就職することには、意外にもメリットがあります。これから新卒採用でIT企業に挑戦する方は、ぜひ自分の長所を生かした働き方を実現してみてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS