就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

【就活生の勉強方法】プログラミングのC言語の特徴と学ぶメリットとは?
エンジニアになる!

【就活生の勉強方法】プログラミングのC言語の特徴と学ぶメリットとは?

LINE Facebook Twitter

【就活生の勉強方法】プログラミングのC言語を学ぶメリットとは?

"プログラミング言語には様々な種類があります。Webアプリで多く用いられているRubyや、旅行予約サイトのシステム開発にも使われているPHP、データベースやネットワークの管理に使われているPerlなど、例を挙げていくとキリがありません。こうも種類が多いと、一体どれを学べばいいのか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

これから新たにプログラミングを学ぶ場合には、C言語がおすすめです。決して簡単なものではありませんが、PCや携帯に限らず様々なものに使われているため、いちど基礎スキルを習得すれば、あらゆる場面で活躍の機会を見いだせるでしょう。

さらにそれだけではありません。この言語を学ぶと、将来的に他の言語を学ぶ時にも大いに役立ち、他のプログラマーよりも早く読み書きができるようになるメリットもあるのです。

ここではC言語の特徴と、数あるプログラミング言語の中であえてこれを選ぶメリットについて見ていきましょう。

 

◆プログラミングの基礎となるC言語の特徴とは?

まずは特徴を知って、この言語を学ぶメリットや必要性を見出してみましょう。

 

・特徴その1「最古のプログラミング言語」

IT関連のニュースサイトでは、C言語をよく「プログラミングの基礎」と呼んでいます。開発されたのは1972年のこと。プログラム言語の中ではもっとも長い歴史を持ち、PCに限らずコンピューターが絡むものであれば大抵動かすことができます。

この長い歴史の中で様々な先人たちのノウハウが蓄積されてきたため、覚えることはたくさんありますが、歴史が長い分、資料やサンプルが豊富に用意されています。

 

・特徴その2 「ハードウェア制御が得意」

PCやスマートフォン、ワークステーションに限らず、ハードウェア全般の制御にも秀でていることが第二の特徴です。「プログラミング」と聞くと、主にPCや携帯、サーバーなどで動くものを作ることと思い浮かべる方が多いでしょう。しかしプログラムが用いられる場面はこれらに限りません。冷蔵庫や洗濯機などの家電、レコーダーやアンプなどのAV機器にも、「組込みソフトウェア」と呼ばれるソフトウェアが入っています。一見するとソフトウェアが入っているようには見えませんが、実は機械の内部にハードウェアを直接制御するプログラムが搭載されているのです。C言語はこのようなハードウェアを制御するプログラムを作ることに秀でています。そのため、アプリケーションやシステムの開発に加えて、身近な電化製品の制御プログラムなどを手がけることもでき、活躍の幅をぐっと広げられることが魅力です。

 

◆C言語の特徴を活かしたプログラムとは?

C言語を活かしたプログラムの幅の広さには驚かされることでしょう。ここではその代表例を見ていきましょう。

 

・PC向けプログラム

OSやアプリケーションなどあらゆるソフトを作成できます。私たちが普段使っているコンピューターや表計算などのパッケージソフト、さらにはWindowsやMacなどのOSの大半はこの言語で作られています。長い歴史があることとあらゆるものを作れる自由度の高さから、メインとして選ばれ、今なお枯れることなく不動の地位を築いているのです「いつかはこんなソフトを作ってみたい」そのように志す方にとって、最もおすすめであると言えるでしょう。

 

・組み込みプログラム

マイコンからジェット機、さらにはロボットや電化製品、カメラなどへの組み込みソフトウェアにおいても、他と比べて圧倒的な優位性を保っています。

他の言語ではそもそもハードウェアを制御すること自体が難しいのですが、その点では本領が発揮されます。電化製品のマイコンからジェット機の制御システムに至るまで、ありとあらゆるハードウェアを制御することが可能なのです。また、これらの組込みソフトウェアは私たちの日常生活で最も身近なプログラムのひとつであり、他のシステム開発にはないやりがいや面白さを見出だすことができるでしょう。組み込みソフトウェアの需要は今後もあらゆる業界で絶えることなく続くことが見込まれるため、活躍の場は無限にあるといっても過言ではありません。

 

◆C言語で得た知識が他の言語にも生きる

この言語を習得する大きなメリットとして、他のプログラミング言語を学ぶ際に覚える速さがぐっと早まる点が挙げられます。なぜなら、この言語は最古のプログラミング言語であるため、他もC言語を基礎として作られた背景があるからです。従って、マスターしていれば他の言語の基礎もまとめて習得していることに等しく、実務レベルまでスキルを磨いていくことも容易になるのです。

ちなみにこれは、プログラミングを学ぶ私たちに限った話ではありません。雇用主である会社側も同じ見解であることが大半です。たとえこの言語を業務としては用いていない会社であっても、マスターしている人ならばすぐに応用できるだろうと見なされるケースが多々あります。まさにつぶしがきく、万能型の基礎スキルであることは間違いありません。

 

◆まとめ

いかがでしょうか。RubyやPHPなどと比べるとマスターするのがやや大変であることは否めませんが、その大変さを上回る豊富なメリットが存在することは確かでしょう。新たに学ぶ言語をどれにしようかと迷っているのであれば、選択することをおすすめします。PCなどのソフトウェアに限らず、ハードの開発などにも携わることができる可能性が大いに広がることでしょう。"

LINE Facebook Twitter

TOPICS