就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

【就活生の情報収集】プログラミング未経験でもSEとして就職することはできる?
エンジニアになる!

【就活生の情報収集】プログラミング未経験でもSEとして就職することはできる?

LINE Facebook Twitter

【就活生の情報収集】プログラミング未経験でもSEとして就職することはできる?

プログラマーと同じくらいに人気のIT系職業として、システムエンジニア(SE)があります。一見プログラマーと混同されがちな職種ですが、顧客の要望を聞いてシステムの骨組みを作り上げ、プログラマーに指示を出していく重要な役割を担っています。そしてこのSEもまた、プログラミングのスキルがなくても就職ができることで有名です。

しかしその一方で心配な点として、IT業界全体の忙しさがあります。常に納期やノルマに追われる傾向があることから新人の教育にあまり時間を費やすことができず、たとえSEになれたとしても本当に続けていけるのかと不安に思う方も少なくありません。

この不安を吹っ切るためには、SEとして就職した後に何をすればいいのかを知っておくことが重要です。就職しておしまいではなく、その先をどうすればいいのかを知っておけば、どんなに忙しい業界であっても恐れる必要はありません。ここではプログラミング未経験でもSEになれる人の特徴、面接時の大切なポイント、そして就職した後にどんな方向で努力していけばよいのかを見ていきましょう。

 

◆プログラミング未経験からSEとして就職できる人の特徴とは?

まず新卒でSEを目指すのであれば、プログラミングをやったことがなくてもあまりマイナスになることはありません。

SEの主な仕事はそもそもプログラムを書くことではなく、顧客の打ち合わせをしてシステムの設計を行うことが大半だからです。

他業種から転職してSEになる場合には即戦力となることが求められているため、プログラミングやITについても実務経験が求められます。しかし新卒を対象とした求人の場合、プログラミングについては経験不問である場合が多いのです。求められるのは、システムの設計やテストなどにおいて必要な能力です。

 

・社内外をつなぐコミュニケーション能力

まず大切なのは、顧客がどんなシステムを要望しているのかを理解することです。そしてそれを開発担当のプログラマーに対して、わかりやすく正確に伝えるためにはどうすればいいのかを考えられることです。

顧客と社内の満足度を最大限に高めてシステムを作り上げていくことがSEの最終目的であるため、プログラミングに関する知識よりも、どちらかというと営業マンに近いスキルも求められるでしょう。ここでピンときた方もいらっしゃるかもしれません。SEの仕事はIT系では珍しく、文系寄りの仕事なのです。

もちろん優秀なエンジニアとして成長していくには、就職後にIT全般やプログラミングの知識を急ピッチで身につける必要があります。しかしそれは就職した後で十分間に合います。

スタートラインに立つ上では、プログラミング知識の有無が問題になることはありません。それよりも、顧客や社内と円滑に話を進めていけるコミュニケーション能力に秀でていることが大切であると言えるでしょう。コミュニケーション能力は他のIT系の職種であってももちろん必要ですが、顧客との打ち合わせや交渉が多いSEの場合、より高度なものが求められます。

 

・トラブル発生時の問題解決能力

実際にシステムをテスト稼働させた際にトラブルが発生することも決して珍しくありません。その際立ち往生してしまうのではなく、プログラマーと一緒にどうすれば改善できるかを考え実行していく問題解決能力も、SEの必須能力です。とは言っても、たった一人で解決しなければいけないわけではありません。他のエンジニアやプログラマーの力を借りて原因を突き止め、最終的に動くシステムを顧客に提供できることが重要なのです。SEに就職できる人の特徴としては、こうした他者の力を借りて、円滑にトラブルを解決していく力に秀でている人が多い傾向があります。

 

◆SEを目指す目的を明確にし会社に伝える

SEとして就職するためには、自分がなぜSEになりたいのか??その理由を明確に会社に伝えることが大切です。プログラマーとSE、それぞれの仕事の違いを理解していることはもちろん、その上でなぜ自分がSEを目指しているのか、面接官はその答えを求めています。

まだ実際に仕事をしていない以上、目指す目的を明確にすることは難しいでしょう。しかし、どんな仕事かを調べ抜き、自分に合っているかを真剣に考えることで、他の仕事ではなくSEを目指す理由はおのずと見出せるはずです。さらに、自分の強みをSEの仕事で活かせる可能性があれば、採用の可能性は一段と高まることでしょう。

 

◆就職後、未経験者が努力すべきこととは?

希望が叶い、SEとして就職した後にもやるべきことはたくさんあります。ここでは主な代表例を見ていきましょう。

・IT全般・プログラミングの知識を習得すべし

まず、IT全般とプログラミングに関する知識はできる限り早く身につけるようにしましょう。顧客やプログラマーと交渉する際、これらの知識は必須となります。また、システムのテスト時などにトラブルが発生してしまった場合にも、プログラマーに丸投げするのではなく、自ら原因を探り、理解するためにもプログラミングの知識は必要です。就職できたからといって、新しい知識を身に着けなくていいというわけではありません。むしろ就職後こそが頑張り時であるといっても過言ではありません。

・聴く力と伝える力を鍛える

優秀なSEになるためには、顧客のニーズを的確に捉えるため、聴く力を常に鍛えていく必要があります。引き受けるシステムの規模が大きくなればなるほど、要求される内容もまた複雑なものになっていきます。それを取りこぼすことなく社内へ伝えていくところが、SEの腕の見せ所です。IT全般・プログラミングの知識と優れたコミュニケーション能力、トラブルにも動じない問題解決能力が備われば、きっと優秀なSEになれることでしょう。

 

◆まとめ

このように新卒未経験でもSEになる道は十分に開けています。「未経験者歓迎」の会社を志望先に選べば採用の可能性が高まるでしょう。最後に、SEを募集している会社のうち、「未経験者歓迎」の一例をまとめておきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

・UTグループ株式会社

本社:東京都品川区

採用情報:http://www.ut-h.co.jp/recruit/fresher/

 

・富士インフォックス・ネット株式会社

本社:東京都港区

採用情報:http://www.infoxnet.co.jp/recruit/

 

・株式会社ジェイアール総研情報システム

本社:東京都国立市

採用情報:http://www.jrsi.co.jp/recruit.html

 

・リナックス総合研究所

本社:東京都調布市

採用情報:http://lri.jp/html/recruit/recruit.html"

LINE Facebook Twitter

TOPICS