就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生のメール対策】面接は面接後も重要!面接後のお礼メールで差を付けるポイント
選考対策

【就活生のメール対策】面接は面接後も重要!面接後のお礼メールで差を付けるポイント

LINE Facebook Twitter

面接は面接後も重要!面接後のお礼メールで差を付けよう!

就職活動を行う場合、最終的に採用の可否が決定されることになるのはやはり「面接」です。この面接でいかに志望会社に良い印象を与えるのかということが重要なポイントとなります。

そのため、多くの人がこの面接自体については長く練習を行って、万全の体制で挑めるようにしているでしょう。しかし、「面接」が終わった後についてはどうでしょうか。実は、面接は面接が終わった後まで続いているのです。

ここでは「面接後のお礼メール」で差をつけるポイントについてご紹介します。

 

面接後のお礼メールは必須項目?

面接後のお礼メールについて、必ず必要なものなのか?ということについては疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。実際の所、就活を行っている方の多くはこの面接後のお礼メールは送っていません。

そのため、必須の項目であるかというと必ずしもそうではない、ということになります。昨今では多くの面接を受ける方も多いため、特に全てに面接後のお礼メールを送るのが難しい、と感じる方も多いのではないでしょうか。

 

そのため、全ての面接の後に面接後お礼メールを送る必要はないものの、ここ一番、特に志望度が高い会社の面接を受けた後に関しては、面接後のお礼メールを送るという方向で考えてみるのが良いでしょう。

では、必須ではない面接後のお礼メールを敢えて送ることには、どのような意味があるのでしょうか。

 

重要なのは、面接だけではなかなか伝えきることが難しい「自分の志望度」を相手企業に伝えることです。どれだけ自分がその企業に入りたいと思っているのか、その熱意を伝えるツールとして面接後のお礼メールが効果を発揮することがあります。

 

面接後のお礼メールはいつ送る?

それでは、面接後のお礼メールはどのタイミングで送るのが良いのでしょうか?

これについては、「面接終了後、できるだけ早く」送るのが重要です。なぜなら、早くに送れば送るほど、相手に自分の熱意を伝えることができるためです。

 

実際に面接を受けると、その面接が「良い面接」だったのか「そうでもない面接」だったのか、というのは自分の中で分かります。この時、「そうでもない面接」だったからといって、お礼メールを送るのを躊躇する必要はありません。

むしろ、「そうでもない面接」だった時の方が、お礼メールの効果が発揮される場合があります。そのような面接の場合、企業側としても「迷っている」可能性が高いためです。

合否の線上にいるような場合、お礼メールの小さな後押しによって次の面接に進むことができる、あるいは合格できるのであれば、お礼メールの効果としては十分なものです。

 

とは言え、面接後のお礼メールはすでに決定した合否を覆すほどの効力を持っているわけではありません。そう考えると、早めにメールを送らなければ、せっかく送ったにも関わらず「すでに決まっている」ということで意味がないものになってしまう可能性が高くなります。

そのため、遅くとも翌日、できることなら当日中に送るようにしましょう。

 

お礼メールの内容はどうすれば良い?

では、実際にお礼メールを送る場合、その内容はどのようなものにするのが良いのでしょうか。まず重要になるのが、つかみでもある「件名」です。

この件名は一目で面接のお礼であることが分かるようにしましょう。「9月12日の面接のお礼 山田太郎」というような形で記載を行います。氏名を記載するのは、面接者であることが一目で分かるようにするためです。

 

メール本文は、まず自分の名前を改めて名乗り、その上で面接を行ってくれたことに対するお礼から始めます。その後、今回の面接によってどのように感じたのか、ということを書いていくようにしましょう。

例えば、今回の面接で直接話を聞いたことによって、さらに御社で働きたいという気持ちが強くなった、というようなことなどが挙げられます。また、面接中により具体的な話を聞いていた場合については、その内容についても含めるようにすると良いでしょう。

こうすることで、面接の内容をしっかり聞いていた、ということをアピールすることができるためです。

ただし、あまりにも強い熱意を伝えようとすると、採用を直接要求するような下品な文面になってしまうことがあります。そうならないように、婉曲的な内容で自分の熱意が伝えられるように注意すると良いでしょう。

 

また、お礼メールの文末には必ず氏名・メールアドレス・電話番号・住所を記載するようにします。間違いなく本人からのメールであることを示すものであり、ビジネスメールのマナーでもあります。

もしその後、そのお礼メールに対して返信があった場合には、返信の必要があるかどうかを文面から判断します。さらに質問が行われるような内容となっているなら、迅速に返信しましょう。

お礼メールをしっかり送る癖をつけておくことは、その後社会に出てからも非常に役立ちます。就活だけでなく、今後のためにも身に付けておきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS