就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の面接対策】「尊敬する人」はなぜ聞かれる?「尊敬する人」は「好きな人」ではない
選考対策

【就活生の面接対策】「尊敬する人」はなぜ聞かれる?「尊敬する人」は「好きな人」ではない

LINE Facebook Twitter

「尊敬する人」はなぜ聞かれる?面接官の意図を読み取ろう

就活における「あなたの尊敬する人は誰ですか?」という質問。聞かれたことがある人は非常に多いのではないでしょうか。

面接官は単なる興味や好奇心で質問している訳ではありません。質問の意図をしっかりと理解し、相手が望む内容の返答ができるようにしましょう。

尊敬する人を通じて面接官に自己アピールするには、あらかじめ複数のエピソードを考えておくことが大切です。ここでは面接官が「尊敬する人」を質問する本当の意味と、魅力的な答え方をご紹介します。

 

面接官は「尊敬する人」を通じて、その人の考え方を知りたい

面接官が「あなたの尊敬する人は?」という質問を投げかけてきた場合、その答えを通じてあなたの価値観や考え方を知りたいという意図があります。あなたの価値観、つまり成し遂げたい目標や理想の人物像は、今まで出会った人の言動から影響を受けている場合が多いです。その人の価値観は、企業からすると入社した場合の能力の伸びしろや成果に対する期待に直結します。

さらに尊敬する人とその理由、影響を受けた結果について聞くことで、他の人を見習って自分の考え方や行動を改善させることができるかどうかもチェックされています。尊敬する人は最も自分に影響を与えたと言える人物のため、面接官はそのエピソードから就活生が周囲の環境について抱く考え方を予測することができます。

 

客観的に人と自分を比べることができるかどうか、より良い自分になるために柔軟に今までの自分を変えることができるかどうかは企業にとって大切な判断材料です。面接官が何を求めているかを明確に理解し、相手が求めている答えができるように準備しておきましょう。

自分が尊敬する人から何を学び、どんな影響を受けたのかを考えることは就活の自己分析にも繋がります。自分の価値観や行動基準のルーツを明確に知ることができ、今後の成長の糧とすることもできます。目標とする誰かの存在があれば人は成長できるものです。「尊敬する人」を明確に語れる人は、積極的に学んで自己改善できる人間だと相手に示すことができます。

 

「尊敬する人」は「好きな人」ではないことを意識する

尊敬する人を聞かれて、多くの人が間違ってしまうのが「好きな人」を挙げてその理由を答えてしまうことです。「尊敬する人」と「好きな人」が異なることは冷静に考えれば分かることですが、尊敬する有名人の話をする場合はその人の素晴らしい部分を説明することで終わることが多いです。

「素晴らしい有名人だから好き」という説明に終始し、「だから尊敬する人物」という内容に繋がってきません。

 

面接の場では、あくまでもその人物の「人として尊敬できる点とその理由」をはっきりと示すことが大切です。その人物について出来る限り研究し、客観的に人間性や業績を分析して準備しておきましょう。自分がどの部分に影響を受けたのかが明確になったら、次はその部分を具体的なエピソードで説明します。

また、その人物から影響を受けたことで、その後の自分がどう変わったのかを具体例をあげて説明しましょう。たとえば尊敬する所がリーダーシップであった場合、人をまとめて1つの目標を達成する素晴らしさやチームを率いるポイントなど、学んだ部分を具体的に伝えれば自己アピールにつなげることができます。

さらに「尊敬する人」とそれについてのエピソードは、エントリーシートや面接の場でよく聞かれる質問の1つです。「他にいませんか?」と聞かれた時に慌てないために、できれば複数の答えを用意しておくといいでしょう。

 

歴史上の人物か恩師がおススメ!理由を深く掘り下げよう

尊敬する人に両親を挙げる人も多いですが、面接の答えとしてはNGワードだと言われています。今まで育ててもらった感謝や、教えてもらったことを考えると両親という答えは当たり前ですが、面接官は美談を聞きたい訳ではありません。

感情的にならず冷静に自分を分析した時に、自分の価値観や行動のお手本になった人を「尊敬する人」として答えることが大切です。この時、存命の有名人を答えると面接官の好き嫌いが入る場合があります。有名人を挙げるなら、歴史上の偉人をチョイスするといいでしょう。

有名人を挙げる場合の注意点は定番の理由ではなく、少し人とは違う切り口で話を進めることが大切です。誰もが思い浮かべる大定番の偉人は避け、大人なら常識的に知っている範囲の人を選びます。徳川家康よりも徳川家光、坂本龍馬よりも大久保利通を選び、自身の具体的なエピソードを絡めて答えると伝わりやすいです。

 

また、身近な人を挙げる場合は恩師がおススメです。大学でお世話になっているゼミの先生、高校や中学の担任、部活の顧問を選んでもいいでしょう。恩師の教えは、成長途中にあった自分の考え方に影響を与えるケースが多いです。

「嘘をつかない」「人には公平に接する」など当然のことでも、教えられた状況やそこで感じたことについて具体的に掘り下げていきます。恩師の教えが行動の指針となったなら、自分がどう変わったのかを説明して上手く自己アピールにつなげましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS