就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の正しい敬語】「ご足労おかけします」という言葉を使う場面と注意点
就活の悩み

【就活生の正しい敬語】「ご足労おかけします」という言葉を使う場面と注意点

LINE Facebook Twitter

「ご足労おかけします」という言葉を使うシチュエーションとは?

 

社会人になると、今まで使ったこともない言葉を使うことが増えます。「ご足労おかけします」という言葉もその一例です。それではこの言葉はどんなシチュエーションで使うものなのでしょうか。上司などの目上の人や、取引先など社外の人に使っても問題ない言葉なのでしょうか。

敬語は意味を知らずに使ってしまうと思わぬ恥をかいてしまうことも多々あります。話す上でも書く上でも、正しい言葉遣いができているかどうかは就活生、そして社会人になってからも重要視される部分です。

そこで今回は「ご足労おかけします」という言葉がどんな意味を持つのか、どんな状況で使うものなのかについて解説していきます。

 

「ご足労」とはどんな意味を持つ言葉?

そもそも「ご足労」とはどういった意味を持つ言葉なのでしょうか。企業での面接で「ご足労いただき、ありがとうございました」と受付で言われたという経験はありませんか?その言葉は目上の人に使ってもいいのでしょうか。

まず、「ご足労」とは『足を使って移動する労力や疲れ』という意味をもつ「足労」に丁寧語の「ご(御)」がついた言葉で、相手がこちらに来てくれたことに対して「感謝」の気持ちを表す言葉です。よって、「わざわざお越しいただいた」という事実に感謝の気持ちを表す言葉ですので、主に社外の人に使用する言葉です。

また、「本来ならこちらから足を運ぶべきなのにわざわざ来てもらった」という意味合いも含まれるため、どちらかというと来てもらった後に「わざわざお越しいただきありがとうございます」という気持ちを伝えるために使うものです。

 

「ご足労」を使うシチュエーションとは?

先ほども書きましたが、「ご足労」を使うベストなタイミングは「来てもらった後」です。その行為に対してお礼をいう時に使います。そのため、「足元が悪い中ご足労いただきまして、ありがとうございました」「ご足労いただきありがとうございます」というのがよくある言い回しです。

ベストなタイミグは「後」ですが、「前」に使うことも問題はありません。その場合は、メールで使うことが多くなります。たとえば「ご足労をおかけいたしますが」や「ご足労いただき、大変恐縮ですが」など。どちらかというと、「来てほしい」とお願いする場合には使いません。この段階で使ってしまうと、来てもらうことを前提にして話を進めていることになるからです。

最終的に先方が来てくれるということで了承をいただき、話が決まった後に使うものです。メールでは、やり取りの後の締めの言葉として使うようなイメージを持っておくといいでしょう。

 

「ご足労」を使う際の注意事項とは

「ご足労いただき、ありがとうございました」は、ビジネスシーンでよく使われる敬語です。とはいえ、自分や相手の立場によっては失礼に当たる場合があります。社外の人など来客者に使うのが一般的です。上司や先輩など、社内の目上の人には使いません。

使う場合、シチュエーションによって言い回しが変わりますので、覚えておいて下さい。

 

◆打ち合わせ前・来社していただく前に使う場合

相手が来社することに同意した後に使用するものです。

「ご足労をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします」

「ご足労をおかけいたします」

 

◆打ち合わせ当日・来社していただいた後に使う場合

打ち合わせを始める前の挨拶として使ったり、打ち合わせ終了後に来社された社外の人を送り出したりするときに使用します。

「本日はお忙しい中ご足労いただき、ありがとうございました」

「遠方よりわざわざご足労いただき、ありがとうございます」

「足元の悪い中、ご足労いただきましてありがとうございます」

 

◆打ち合わせ翌日以降に使う場合

来社していただいたことに対するお礼の気持ちをメールで伝えるときに主に使用します。できれば当日か遅くとも翌日にはお礼のメールを一度入れておくといいでしょう。また、一度あいさつをしていても、後日何かの機会でメールを送る際の挨拶文としてお礼を盛り込んでもいいのではないでしょうか。

「先日はわざわざご足労をいただき、ありがとうございました」

「先日はご足労をおかけいたしました」

「~の際には遠方からわざわざご足労をいただき、誠にありがとうございました」

 

いろいろなシチュエーションに合わせた「ご足労」をご紹介しましたが、どんなシチュエーションであってもすべて根底にあるのは「わざわざ来てもらってしまった」という謝罪の気持ちと、「足を運んでくれてありがとう」という感謝の気持ちです。

口頭で述べる場合はその気持ちを言葉にしっかり乗せて、またメールなどの文字で伝えるときは、へりくだり過ぎないように気をつけて使用して下さい。使い方を間違えなければ「ご足労をおかけします」という言葉は、ビジネス上のやり取りの中では枕詞のような扱いでさまざまな状況に対応できますので、覚えておいてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS