就活パレット 就活パレット

自己分析

【就活生の自己分析】客観的に自分を知る。面接でよく聞かれる長所・短所を診断できるサイトとは?
自己分析

【就活生の自己分析】客観的に自分を知る。面接でよく聞かれる長所・短所を診断できるサイトとは?

LINE Facebook Twitter

客観的に自分を知る。面接でよく聞かれる長所・短所を診断できるサイトとは?

就活がスタートしてエントリーシートを書き始めると、最初につまずくのは「自己分析」というのはよくある話です。自己分析というのは難しく、苦手意識を持つ人も多いものです。

ですが、ここをおろそかにしたまま面接に臨んでしまうと後悔する結果になりかねません。自己分析は自分と正面から向き合うことになり、場合によっては苦しい思いをすることもあるかもしれません。しかし正しい自己分析を行わないと、意味があったのかどうかも半信半疑になってしまう場合があります。

自力で自己分析を行うことができればそれに越したことはないのですが、ツールなどを使って客観的に診断してもらうというのもいいのではないでしょうか。

ここでは、苦手意識を持つ人が自己分析を行うことをサポートしてくれる診断サイトを3つ、ピックアップしてご紹介します。

 

自己分析をすることの意味

就活を始めると、先輩などさまざまな人から「自己分析をしっかりしておくこと」と言われますが、それにはどのような意味があるのでしょうか。

まず、過去の自分・今の自分と向き合い、将来どうなりたいのかについて考えていくと、本当の意味で「なりたいと思う」自分が見つかります。それがわかれば、志望動機も自然と思い浮かぶのではないでしょうか。

ですが、自己分析は志望動機を探るためだけに行うものではありません。就活中だけではなく、これから先自分が成長していくために必要なことは何なのか、未来に向けて必要な努力はどんなことなのか、どこに集中していけばいいのかが理解できるでしょう。

また自分に足りないものは何なのか、自分はどんなところが優れているのか、足りないものは補い、優れているところはより伸ばすよう、客観的に分析できるようになります。

 

自己分析にはどんなメリットがあるのか

自己分析は、そもそも就活のためだけに必要なものではありません。とはいえ、それを行うことで結果的に就活を有利に進めていくことができるようになりますので、そのメリットは計り知れません。そんななか、特に挙げられるメリットといえばどんなものがあるのでしょうか。

まず、本当に自分がやりたいと思う仕事がわかる。自己分析をしっかり行うと、自分が何をやりたいと思っているのか理解できるようになります。そもそも、自分はどんな仕事に就きたいと考えているのかは、自己分析を行った後に決めるといいでしょう。

ほかにも気づかなかった自分のいいところを見つけ出すことができます。自分の長所や短所は、個性の一つでもあります。

短所だと思っていたところが実は長所だったということもありますし、長所や短所は受け方考え方ひとつです。そして、長所がわかれば面接で聞かれたことに対する答えも自然と出るため、自信を持って答えることができるようになります。

そのためにも、客観的な診断が必要なのです。

 

客観的に診断してくれるサイトとは

それでは、自分を客観的に診断する手助けとなる3サイトを紹介します。しっかりと自分と向き合い、少しでも面接で有利になるような自己診断を行ってください。

 

◆エニアグラム無料診断

http://shining.main.jp/eniatest.html

ギリシャ語で「9(エニア)」「地図(グラム)」を意味する「エニアグラム」。人間の本質や動機を9つに分類して、その人のパーソナリティを的確に表します。それぞれのパーソナリティを3つのエリアに分類し、無意識に感情と思考と本能のどこを中心に動くのかを診断します。また、対人関係においての特性を「自己主張型」「追従型」「遊離型」に分類し、自分がどのタイプに当てはまるのかを診断します。

90問の質問にチェックを入れるだけなので、5分程度で自分の性格診断をすることができます。自分の強みが把握しきれていない、発見できない、という人は一度行ってみるといいでしょう。

 

◆適職診断 VCAP

http://vcap.vone.co.jp/

交流分析の心理学を利用した自己分析・職業適性診断を行ってくれます。診断結果は、「エネルギー過剰タイプ」「仕事の鬼タイプ」「自己顕示欲過多タイプ」など、200を超えるさまざまなタイプに分類します。また、診断は、診断結果概要、組織従属性、マネジメント適正、リーダー適正、対人営業適正などの職業適性やトータルアセスメントなどの詳細な適職診断を行ってくれます。

診断にかかる時間は5分程度です。診断結果は少しユニークなので、自己診断の息抜きにおすすめです。また、友人と一緒に診断してみるのも楽しそうです。

 

◆SKIT 能力診断

http://skit-work21.com/diagnosis/?diagnosis_key=8f50a6ace36a00ad55e09cdd33eba9e4

診断には約65分かかります。診断は書類選考のような形式で進んでいくので、先行の予習にもなります。1時間かけて回答していくだけのことはあり、診断結果はより細かく正確な結果が導き出されます。ぜひ一度試してみてください。

 

こうしたサイトやツールを上手に活用し、自己分析を進めていきましょう!

LINE Facebook Twitter

TOPICS