就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

【就活生の無料セミナー】プログラミングは無料セミナーで学ぶ時代!
エンジニアになる!

【就活生の無料セミナー】プログラミングは無料セミナーで学ぶ時代!

LINE Facebook Twitter

【就活生の無料セミナー】プログラミングは無料セミナーで学ぶ時代!

IT産業には欠かせないプログラマーという職業。プログラミングと聞くと、初心者にとってはハードルが高く感じる人も多いと思います。また、求人情報を見てもほとんどが経験者であることが前提となっているため、未経験者が仕事をしながら学ぶということは難しいものです。

そこで、これからプログラマーやSEの道を目指す人におすすめなのが「無料セミナー」に参加してプログラミングを学ぶという方法。お金をかけずにプログラミングのスキルアップが可能なため、最近ではプログラミング学習方法の主流となっています。今回は、無料セミナーによってどんなことが学べるのか、セミナー選びのポイント、その後の就職につながる情報もあわせてご紹介していきます。

 

◆無料セミナーで学習できることとは?

今まで一切プログラミングを経験したことがない人にとって、どのような勉強法が効率的か分からないという人も多いと思います。書店には多くの本が並んでいますが、1人で学ぶということは理解するために時間もかかり、あまり効率が良いとは言えません。また、一度つまづいてしまうと、そこで挫折してしまう人も多いです。

セミナーでは実際に人が分かりやすく説明し、理解するスピードも独学に比べて早い傾向にあります。無料セミナーに参加する人のほとんどはプログラミング初心者のため、プログラミングの基礎から学ぶことができます。セミナーの多くは実際にパソコンを使ってプログラミングする作業が多く、学校の授業のような一般的な座学はそれほど多くありません。学習レベルに応じてセミナーの開講時間が決まっているケースも多いです。いきなり大規模なプログラムを作るということはできませんが、基礎を学んだうえで簡単なプログラムを作ってみるという学習方法が一般的です。自分の力でプログラミングができたという「小さな成功体験」は達成感があり、それが勉強する楽しさにもつながっていきます。

 

◆プログラミング初心者が参加しやすいセミナーの特徴

多くの企業や団体がプログラミングの無料セミナーを開催しており、それぞれに特徴があります。初心者向けのものから上級者向けのもの、習得するプログラミング言語もさまざまです。まずは「プログラミングによって何を習得し、何を作りたいか」を考える必要があります。例えば、「スマートフォン用のゲームアプリを趣味で作ってみたい」という場合はJavaやJavaScriptが一般的です。また、「自分のブログを自在にデザインして自分好みの仕様にカスタマイズしたい」という場合はCSSやPHPが主流であるように、その用途によって学ばなければならないプログラミング言語も変わってきます。

単純に「まずはプログラミングの入門として基礎を学びたい」という場合、初心者にとって比較的難易度が低い言語を扱っているセミナーを探してみましょう。中でも「PHP」は普段私たちが見ているWEBサイトの多くで使用されているため親しみやすく、人気の高いプログラミング言語です。

そして、最も重視しなければならない点が、実際に手を動かすような「実習形式」であるかということです。これはセミナーの名称に「ワークショップ」というキーワードが入っていることが多いので、セミナーを探すときには参考にしてみてください。

 

◆プログラマーを求人しているIT企業の紹介や就職支援が受けられることもある

セミナーを運営する企業や団体はさまざまで、中には有料で開催しているセミナーもあります。無料セミナーと有料セミナーを比較したとき、やはり「有料セミナーのほうが質は高いのでは?」と考える人も多いと思います。

企業が無料セミナーを運営している場合、セミナー修了後に企業への就職が前提となっているケースも多いです。IT業界においてプログラマーやSEは慢性的な人手不足であり、就職後に一から教育するという体制が不可能な企業も少なくありません。求職者にとってはしっかりとスキルを身につけて就職でき、企業にとっても人材を確実に確保することにつながるため、お互いにとってメリットの大きいシステムです。しかし、セミナー修了後に企業への就職をしなかった場合などには授業料が発生する場合もあるため注意が必要です。

有志の団体がボランティアで開催しているセミナーも、中には企業の紹介や就職支援を行っているところもあります。将来プログラマーとして活躍したいという人は、セミナーの運営元に事前に確認してみましょう。

 

◆まとめ

プログラミングの早期習得の近道は、プログラミングを好きになるということです。そのためには、自分で手を動かして、できるだけ多くのプログラムを組み、「達成感」と「小さな成功体験」を繰り返していくことが非常に重要です。また、1人で黙々と本を読んで理解するよりも、一緒に学ぶ仲間が身近にいることでモチベーションを保つことにもつながります。プログラミングのセミナーは、そのような良い条件がマッチした最適な場所であるといえます。これからプログラマーを目指したいという人は、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS