就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

【就活生の学習方法】プログラミング初心者におすすめの言語のポイントと特徴
エンジニアになる!

【就活生の学習方法】プログラミング初心者におすすめの言語のポイントと特徴

LINE Facebook Twitter

【就活生の学習方法】プログラミングはどの言語から始めるのが良い?

「どの言語から学べばいいのだろう」これからプログラミングを新たに始める場合、最初に思い浮かぶ悩みがこれではないでしょうか。何しろプログラミング言語は膨大な数があります。

Webサービスに強いものや大規模なシステムを作るのに適したもの、iPhoneやMacのアプリを作るのにピッタリなもの、書きやすいことで定評があるものなど…これではいざ選ぶ時に迷ってしまうのも、無理ありません。

これから習得する言語を選ぶにあたっては、あなたが何を目的にプログラミングを身につけたいのかが大切なポイントとなります。

ここでは初心者におすすめのプログラミング言語と、もっとも人気があるWEBやスマホのアプリを作るのに適している言語について見ていきましょう。

 

 

◆初心者におすすめ!基本となるプログラミング言語!

初心者におすすめのプログラミング言語には、次の3つの条件があります。

 

1.ソースコードが書きやすく 読みやすいこと

プログラミングを始めて間もない場合、まだソースコードを読むことも一苦労である場合がほとんどです。この時期に読みにくいソースコードをひたすら読み続けると、せっかく芽生えた学習意欲がなくなってしまう危険性すらあります。

それを防ぐためにも、最初はソースコードが読みやすく、書きやすい言語を選ぶようにしましょう。

 

2.世界中で使われている定番言語であること

最初に習得する言語は世界中で幅広く使われているものを選ぶようにしましょう。

マイナーなものを選んでしまった場合、何かわからないことがあった時に情報を集めるだけでも一苦労してしまうからです。

定番言語を使っている場合、エラー内容をGoogleで検索するだけで原因を突き止めることができ、勉強用の動画やサイトも豊富に取り揃えられています。

しかしマイナーな言語の場合はそれらが十分に整っていない可能性が十分にあります。プログラミングに慣れた人であれば自力で解決できるかもしれません。しかし初心者の場合、自力解決は極めて困難です。従って、最初は資料や参考情報が十分に揃っている言語を選ぶことが大切です。

 

3.スマホアプリなどが作れる言語

何を目的にプログラミングを学ぶのか?それがこれから学ぶ言語を選ぶ時の最も重要なポイントです。これは実際に学ぶ方の好み次第なのですが、まだ目的が定まっていない方の場合、スマホやWebのアプリを作れる言語を選ぶと、高いモチベーションを長期間保つことができるでしょう。

銀行の勘定システムや博物館の資料検索システムなど、業務で使うシステムを作るのに適したものを選んだ場合、自分でそれを使う機会があまりないために途中でモチベーションが途絶えてしまう可能性が高いでしょう。

しかしスマホ・Web向けアプリであれば自分が使う機会が多々あります。それに加えて、自分以外の第三者が使う可能性もあり、良いものを作れた時には好意的なフィードバックを貰えることも十分に考えられます。そうなればしめたものです。もっと良いものを作りたいと思えば、学習がはかどることは間違いありません。

 

 

◆WEBアプリを開発したいならRubyから始める

日本発のプログラミング言語であるRubyは、食べログやクックパッドなど誰もが知っている大手サイトのWEBアプリに使われていることで有名です。

様々なサービスを作ることが出来る一方で、コードの書きやすさと読みやすさも優れており、初心者向けのプログラミング言語としても高い人気を誇っています。

また、Rubyは開発言語として採用しているIT企業が多いため、就職してからも使う場面が多くなることが期待できます。

初心者でも学びやすいことに加え、将来においても使う機会が多々ある。最初に始めるプログラミング言語としてまさに最適なものであると言えるでしょう。

 

◆スマホアプリを開発したいならJavaから始める

最後にご紹介するのはJava。これは先の3つと異なり、読みやすさと書きやすさは少々難があります。しかし、将来役に立つプログラミングスキルを身につけるためと思えば、それほど厳しい難易度ではありません。全世界で幅広く使われていることから参考サイトや書籍も充実しており、学習環境も十分に整っていることが特徴です。

また最大の特徴としてこのJavaは、Androidの開発言語に採用されています。

今お使いのスマホがAndroidの場合、多少の難しさがあったとしても是非Javaを習得し、自分の作ったプログラムがスマートフォンで動作する様子を体験していただきたいものです。

 

 

◆まとめ

自ら手がけたものが動く姿を目のあたりにすることで、きっとより一層プログラミング言語を学ぶモチベーションが強いものになることでしょう。最後にWEB・スマホ(Android)アプリの開発に秀でた、RubyやJavaの他に、初心者が勉強し始めるのに適したプログラミング言語を2つピックアップしておきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

・PHP

PHPは主にWebサービスの制作に適しています。

たとえばECサイトや会員向けサイトを作る際、PHPを使えば簡単に優れた機能のサイトを手がけることが出来ます。また、ソースコードの書きやすさと読みやすさも申し分ないため、初心者が最初に学ぶにあたって最適な選択肢の一つであると言えるでしょう。

 

・Swift

iPhoneやiPadなど、iOS向けのアプリを制作するには、Swiftがおすすめです。一昔前まで、iOS向けの開発にはObjective-Cを用いることが必要でした。しかし、これは他の言語と比べて習得が難しく、iOS向け開発における高いハードルになっていたのです。2014年にこのSwiftが登場し、開発環境が大きく変わりました。これまでと違ってソースコードは読み書きともに簡単なものになり、コーディングにかかる手間がずっと小さなものになったのです。資料や参考情報の充実度も申し分なく、初心者が初めて学ぶにはピッタリな選択肢です。"

LINE Facebook Twitter

TOPICS