就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

【就活生の勉強方法】プログラミング初心者向けのおすすめ学習サイトの紹介
エンジニアになる!

【就活生の勉強方法】プログラミング初心者向けのおすすめ学習サイトの紹介

LINE Facebook Twitter

【就活生の勉強方法】プログラミング初心者向けのおすすめ学習サイト

"プログラミング初心者のみなさんは、普段どういったツールを使って勉強をしていますか? 恐らく机の上には、参考書とノートパソコン・ラップトップといったセットが広がっているかもしれません。しかし、昨今ではインターネット環境さえあればパソコンだけでも、プログラミングの初歩的な部分は十分に勉強できてしまうのです。

Web上には、初心者にとって有益なプログラミング学習サイトが多く存在しています。今回は、そうしたサイトの中からいくつかピックアップしてご紹介しましょう。プログアミング初心者が勉強の流れをつかむ方法も合わせてご紹介します。

 

◆プログラミング初心者がまず見るべき学習サイト

プログラミングの勉強を始めたばかりの初心者は、まずプログラミングの概念や言語がどのように機能していくのかといった基本的なことを体感しなければなりません。そうした学びを得るために打ってつけのサイトを以下にご紹介します。

◎コードモンキー

「コードモンキー」は論理的なプログラミングの考え方を勉強できる、子供向けのサイトです。もちろん、基本的な考え方を学びたければ、大人が利用しても構いません。

サイト内で行うのは、マスコットである猿のキャラクターに命令して決められた動きをさせるという、非常にシンプルなタスクです。特定の言語を取り扱っているわけではありませんが、プログラミングに必要な考え方の組み立て方法を会得できます。

◎Schoo

「Schoo」は、様々なジャンルの講義を配信している学習動画配信サイトです。デザイン、ビジネスといったいろいろなジャンルの中に、プログラミング関連の動画も見つけることができます。

最初こそ、専門用語が飛び交う放送の内容についていけないかもしれませんが、次第に何を言っているのかわかるようになるはずです。大事なのは、こうした放送から生の情報を獲得することを、習慣づけてしまうこと。無料会員は生放送のみの視聴となりますが、980円の月会費を支払えば過去の動画が見放題となりますので、興味があればこちらに登録してみましょう。

◎paiza動画ラーニング

「paiza動画ラーニング」は、プログラミングの動画を見た後に、クイズで腕試しができるサイトです。入門レベルのプログラミングを、段階的に勉強できます。一つのカリキュラムは3分程度で終わるように作られていますので、サクサクと進められるでしょう。

 

◆プログラミングのサイトを利用して学習の流れをつかむ

プログラミング学習サイトの多くでは、何か決められた目標をプログラミングによって達成するタスクで構成されています。最初は、チュートリアル形式で、どうすれば目標を達成できるのから明示されていますが、後半へと進むにつれて答えが人によって千差万別になるものケースも多くあります。難しいタスクになればなるほど、実務でも必要となる「立案」「設計」「実装」といったプロセスを擬似的に体験できるでしょう。

また、闇雲に参考書を読み漁るのはおオススメしませんが、Webサイトと参考書を比べたときに、情報量が多いのはやはり参考書です。一概に言うことはできませんが、深い知識を得たいと考えたときは、参考書の勉強が適切と言えます。上述したようなサイトは、あくまでプログラミングの流れをつかむために活用しましょう。

 

◆独学でプログラミングを追求するならこのサイトがオススメ

以下では、基本的なプログラミングの概念を会得し、独学でさらなる高みをめざしている方にオススメしたい学習サイトをご紹介します。上述したサイトよりは少しハードルの高いサイトばかりですが、プログラミングのいろはを身に着けている方ならば活用していただけるはずです。

◎Progate

「Progate」は、あの堀江貴文氏からも評価されている、プログラミングの学習サイトです。HTML、CSS、jQuery、PHP、Rubyの勉強に対応しています。また、サイトの内で展開されている各ステージの目標はWebサービスの制作なので、将来Webサービスの開発に携わるエンジニアになりたいと考えている方にとっては非常に有益となるでしょう。

◎ドットインストール

日本の最大級の学習動画配信サイトとして知られているのが「ドットインストール」です。Webサービスから、アプリ開発といったあらゆる制作現場で使われている言語の基礎を、簡単に学べます。過去のものを含めた全ての動画を見るためには880円の月会費が必要ですが、その価値は十分にあるはずです。

 

◆まとめ

せっかく近年では便利なWeb上の学習サービスが溢れているのですから、利用しない手はありません。加えて、多くのサービスは無料で利用できます。今回ご紹介した以外にもたくさんのプログラミング関連のサイトが展開されていますので、ご自身に合ったものを探してみるといいでしょう。参考書の学習と組み合わせることで、ご自身の知識やスキルを最大化してください。"

LINE Facebook Twitter

TOPICS