就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の履歴書】履歴書に最適なボールペンのポイントと注意点
就活の悩み

【就活生の履歴書】履歴書に最適なボールペンのポイントと注意点

LINE Facebook Twitter

履歴書を書く際に内容が大事なことは言うまでもありません。しかし、同時に重視されるのが文字から得る印象です。より印象の良い履歴書にするために、どのようなボールペンを選べば良いかをしっかりとおさえておきましょう。

履歴書のボールペン選びが大切なワケ

印象の良い履歴書を書くためには、文字の見た目から得る情報を意識することが大切です。例えば、かすれや滲みがあった場合、履歴書全体から受ける印象も頼りなくだらしないものとなってしまいます。個人差が出てしまう字の上手い下手と異なり、そのような不備はボールペン選びを注意するだけですぐに改善することができます。また、字の濃さも印象を左右するポイントとなります。濃さの異なる履歴書を2つ並べて見たときに、薄い字の履歴書からは弱々しい印象を受けます。そして、意外と見落としがちなのが字の太さです。字の大きさに合わせてボールペンの太さを変えることで、より見やすくなるのです。履歴書を書く場合や封筒に書く場合など、どこに書くのかによっても使い分けると良いと言われています。

 

履歴書で使ってはいけないボールペン

履歴書に適したボールペンの選び方は、黒色の濃さがしっかりしていること、かすれがないこと、滲まないこと、これらをクリアしたものとし、油性、水性、ゲルインクといった種類の中から書きやすいものを選ぶと良いでしょう。
なお、使ってはいけないボールペンもあります。消すことができるボールペンです。履歴書に記入する内容は重要なものばかりです。そのような書類に、消せる、つまり後から誰かが容易に書き直してしまうことのできる筆記具はふさわしくありません。また、消せるボールペンは一般的に一定以上の熱で消える仕組みとなっています。履歴書が一時的に高温となる場所に置かれた場合に消えてしまうリスクを抱えることになります。車内やコピー機など、高温になってしまう場所に置かれてしまう可能性を認識しておきましょう。

おすすめのボールペン

「就活」と名のついたボールペンなど、就活使用におすすめと言われるボールペンがあります。高評価のボールペンをご紹介しましょう。

・就活ボールペン3wayS(セーラー万年筆):350円
0.5mm、0.7mm、1.0mmの3種類の太さを使い分けでき、ノック音も静かです。名前についている「S」は「Silent(静か)」の意味があります。油性インクを使用していて、使用頻度の高い0.7mmの替え芯も格納されています。

・サラサ(ZEBRA):100円
濃さが丁度良いだけでなく、程よい滑らかな書き味が魅力です。水性ゲルインクを使用いて、安価なため、0.5mm、0.7mm、1.0mmと複数揃えるという選択もおすすめです。

・ジェットストリーム(三菱鉛筆):150円
書き味の滑らかさに定評があります。油性でありながら十分な濃さを実現していて、速乾性も抜群です。0.5mm、0.7mm、1.0mmのバリエーションがあります。

その他、ボールペン選びの注意点

履歴書の説明書きで、青のボールペンでの記入がOKとされている場合もありますが、コピーをとることを想定すると黒がベストです。コピーしてもキレイなのは黒ですし、青に良い印象を持たない人もいるということも考慮に入れて無難に黒にしておくことが望ましいでしょう。
ボールペンの太さは0.5~0.7mmを選ぶことが一般的です。0.5mm、あるいは0.7mmで全ての欄に記入する人がいる一方、全体的に0.7mmで記入しながら、記入欄が小さいなどの理由で小さな文字を記入する部分にのみ0.5mmを使用するといった使い分けをしている人もいます。履歴書の大きさがB5のときは0.5mm、A4のときは0.7mmにするという選択方法もあります。また、履歴書を入れる封筒に使用するボールペンの太さは1.0mmか極太の1.6mmくらいがおすすめです。

人事担当は多くの履歴書を目にします。同じ文字、同じ内容を書く場合でも、使うボールペンで印象が変わることもあるので注意しましょう。とは言え、印象を良くするためのボールペン選びのポイントはシンプルです。難しく考えず、参考にしてみてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS