就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の面接対策】最終面接までにできる事前準備とよくある質問・対策法
選考対策

【就活生の面接対策】最終面接までにできる事前準備とよくある質問・対策法

LINE Facebook Twitter

内定を勝ち取る!最終面接でよくある質問・対策法

内定まであと一つ!の最終面接。1次、2次を通過したことの安心感と場慣れも手伝って気を抜いてしまうと、あと少しで手に入るかもしれない内定を逃してしまうこともあります。面接官が社長や役員クラスになると、それまでの面接とは質疑応答の視点が異なることも考えられます。緩みはグッと制して最終面接の特徴とポイントをしっかり押さえて準備しておきましょう。

最終面接で企業が見るポイント
社長や役員クラスの人たちが見極めたいのは、「自社の社風に合う人物かどうか」という点です。スキルや能力といったことよりも、自社理念に沿っている価値観や人間性を持った人かどうかが見られています。

また、この会社で働きたい!という入社への「熱意や意欲があるか」という面も見られることです。その企業でやりたいことが明確かどうか、活躍が期待できる、共に働くことが楽しみだと感じてもらうアピールをすることが重要です。気持ちを素直に語れる人かどうか、話の聞き方、相槌、意見の伝え方に好感が持てるかということも見られるポイントとなることが多いでしょう。
そして一番重要なのは入社意思が本当にあるかどうかです。最終まで選考に残っているということは、ほぼ決まりといっても過言ではありません。しかし、内定を出した後で辞退されてしまうといった可能性があるため、本当にウチの会社にくるの?といった確認をする場でも最終面接はあります。

 

最終面接前にやっておくこと

企業の社長や重役の人たちというのは、人を見抜く観察力、洞察力に長けているものです。その場しのぎで上辺だけの回答は見抜かれてしまいます。価値観や意欲は、装うことなく素直に伝える方が面接する側にも響くものです。そのことを踏まえて、自分の熱意や考えをしっかりと伝えられるよう準備しておきましょう。

 

企業情報を徹底確認
できる限り企業の情報を知るように努めてください。基礎情報、企業理念、社風など、企業のウェブサイトや在職・退職した先輩、エージェントのコンサルタント、メディアの関連記事などで収集することができます。知っているというだけでなく、内容について自分なりに分析し、どう思うのかをしっかりと表現できるようになっておく必要があります。

 

志望動機のブラッシュアップ
志望動機に磨きをかけましょう。その①での情報収集がきちんとできれば、志望動機も伝えやすくなります。企業に興味、共感を持つ部分を取り入れ、刷り合わせておくようにします。

質問のロールプレイング
その企業の社長や重役の人たちがどんな考えや思考を持って働いているかに想像力を働かせて、自分のどの部分を強調して伝えるのかを書き出しておきます。考え付く質問に対しての回答も準備できると安心です。目的は、一字一句を覚えるためのものではありません。自分の熱意や思いの軸を固めるために行うものです。

貢献できることを考える
入社した自分がどのようなことで貢献できるのかを考えておくことは大切です。始めは培った業績もなく、仕事を教えて頂く立場です。それでも何とか利益に繋げていくために、自分の強みがどういうもので、どのような場面で活かせるのかという自分の価値を貪欲に探っておきましょう。

最終面接でよく質問される内容

最終面接でよくある質問をご紹介します。

志望動機や人間性を見極める質問の傾向が高めです。前向きに、自分の言葉で、あなたの熱意が伝わる回答ができるように準備しておきましょう。書き出しての確認は必須ですが、暗記では効果が薄れてしまうため、しっかりと自分の言葉で話せるようにしておきましょう。

・志望動機を聞かせてください。

・この会社をどうしていきたいですか?

・今までで一番の困難はどんなことでしたか?どのように乗り越えましたか?

・今までで一番努力したことはなんですか?

・競合の○○社ではなく、当社を希望する理由はなんですか?

・当社について知っていることを話してください。

・入社後の抱負を聞かせてください。

・あなたの性格の強みと弱みを話してください。

・あなたを動物(モノ)に例えると何でしょう?それは何故ですか?

・考えさせられた最近のニュースはどんなものですか?

 

「何か質問はありますか?」と聞かれたら

「何か質問はありますか?」という逆質問の確率が高いのが最終面接です。聞かれた場合の準備として、社長や役員が自分に何を求めているか、どのような活躍を望んでいるかという視点をしっかりと分析しておくことで、期待に添う意欲をアピールすることができます。「自分に期待されている役割や成果」「尽力が望まれる課題」「最優先で勉強するべき内容」についてなどは好印象を与えることができるでしょう。また、この場で「質問はありません」という回答はNGです。その回答をしてしまうと、会社に興味がないのかと思われてしまう可能性が高く、志望度が低いのかなと思われてしまいます。ですので、事前に三つくらいは質問を考えておきましょう。さらに面接の内容に沿うような質問ができると、しっかりと考えている人だなという認識をうけるでしょう。ただ、質問をしようという思いが先行しすぎてしまい、会社の関係のない事柄や、事前に調べておけば分かるような内容も、面接をしてくださっている方の時間を無駄にしてしまう可能性が高いのでやめておくのが無難です。

 

準備を入念に行ううちに、その企業で働くイメージが湧きやすくなり、意欲や貢献へのモチベーションも高まるものです。そのことであなたの言葉に熱意がさらに込められ、面接官に響く受け答えができるようになるでしょう。正念場ですので、堂々と落ち着いて面接に臨んでください!

LINE Facebook Twitter

TOPICS