就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】お祈りメール(不採用通知)への対応のポイント
就活の悩み

【就活生のお悩み】お祈りメール(不採用通知)への対応のポイント

LINE Facebook Twitter

お祈りメール(不採用通知)へはどう対応すればいいの?

学生のみなさんにとって、就職活動は将来を大きく左右するくらい大切なものといっても過言ではないでしょう。それだけに、せっかく気合いを入れて挑んだのに不本意な結果に終わると、自分のすべてを否定されたように落ち込むこともあります。また、自分を不採用にした応募先企業を恨めしく思うかもしれませんね。ここでは、お祈りメール(不採用通知)をもらったとき、どう対応すべきかについてまとめました。

お祈りメールの返信はしたほうがいい?

まず、「お祈りメール」の意味についてお話します。これは、応募先企業から届く「不採用通知」のことで、文末に「今後のご活躍をお祈りします」という文言が入る場合が多いことから、「お祈りメール」と呼ばれています。また、採用担当者の負担を減らすためにメールを使うところが増えていることも知っておきましょう。お祈りメールが届いたときに返信をすべきかどうかは迷うところですが、具体的な判断基準として次のような場合が考えられます。

【1】文書内容による

お祈りメールは企業の採用担当者から一斉に送られる場合も少なくありません。文書の内容には、応募者や受験者全員を対象とした定型文が使われる点に特徴がみられます。そのような文書は、あえて返信しないほうがいいでしょう。返信メールを送っても採用担当者の手を煩わす結果になってしまうか、そもそも採用担当者に読んでもらえないかもしれないからです。一方で、明らかに自分個人宛の内容だと感じられる場合は、きちんと返信してお礼の気持ちを伝えておくことが大切です。

【2】どの時点で届いたかによる

応募先企業によっては、採用予定数に対して何十倍もの応募者がある場合もでてきます。そのため、最終面接に行くまでに書類選考や筆記試験、一次面接試験などを通過する必要があります。もし、早い段階でお祈りメールが届いたときは、返信しなくて良いでしょう。一方、最終面接試験まで進んだ場合は、きちんと返信することをおすすめします。また、試験当日に遅刻をしたり忘れ物をしたりして、採用担当者にご配慮いただいたときは、最終面接試験まで進んでいない場合でもきちんと返信してお礼の気持ちを伝えましょう。

不採用理由は追及しないことが大切!

就職活動で避けて通れないのが面接試験です。また、応募先企業への採否を決める大きな鍵になるだけに、気持ちを引き締めて臨むようにしたいですね。就職活動を行うときは複数の企業を受ける人も少なくありません。面接試験をいくつか経験すると、採用通知が届くまでに採否の予測がつく場合もあります。それだけに、自分は自信があったのに不本意な結果になると納得できなくなりますよね。しかし、どのような場合でも不採用理由を追及しないことです。

企業が採用者を決めるときは企業側の判断基準にもとづいて行われています。いわば、企業秘密にもなるため、不採用理由を聞いたところで教えてもらえないことがほとんどでしょう。また、不採用理由を追及することで、採用担当者に悪印象を与える結果にもつながります。

将来、何らかの形で応募先企業や担当者と接点が出てくるかもしれません。そのときに、嫌な思いをしないためにも、不採用通知が届いても理由については一切触れないことが大切です。

お祈りメール返信から逆転の可能性も!

お祈りメールが届くと、すべてが終わってしまったと落ち込む人もいるかもしれませんね。特に、強く入社を希望する企業の場合は落胆するのも無理からぬことです。しかし、それで自分のすべてを否定されたわけではないのです。まわりの友だちが内定を勝ち取っていくようすを身近に感じるとつらい気持ちはわかります。でも、最後まであきらめないことが重要なのです。

お祈りメールが届いてすぐに気持ちの切り替えは難しいですが、気持ちを前向きに切り替える意味でも返信メールを送りましょう。返信メールは、謙虚な内容でまとめることがポイントです。応募先企業にこれまで以上に親しみを持った、など相手に好印象を与える一文を付け加えましょう。また、応募先企業に出会えたことで貴重な勉強ができたなど、自分の素直な気持ちを伝えることもおすすめです。

お祈りメールに返信するときは、届いた件名に「RE:」をつけてそのまま返信するのではなく、「ありがとうございました。○○(学校名と個人名)」など、件名だけで内容がわかる書き方を工夫しましょう。

お祈りメールに丁寧に返信することにより、逆転の可能性もでてくるかもしれません。企業が採用通知を出した人すべてが入社するとは限らないからです。ほかの企業に就職する人など、何らかの理由で就職を辞退する人がでてくることもあります。もし、そうなった場合は企業からの声掛けがあるかもしれません。改めて応募するよりは、最終面接試験まで進んでいる人から選んだほうが企業にとっても手間がかからないからです。企業から声掛けがあるのは、採否ギリギリのラインにいた人が考えられますが、丁寧なお礼メールを送っておくと有利になる可能性があります。また、再チャレンジの機会がなかった場合でも、メールのやり取りなど社会人としての必要なマナーを学べる貴重な経験になるでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS