就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の企業選び】就活の成功の鍵!企業選びの軸を定め方
就活の悩み

【就活生の企業選び】就活の成功の鍵!企業選びの軸を定め方

LINE Facebook Twitter

就活の成功の鍵!企業選びの軸を定めよう

就職活動における、大切なこと。それは第一に、企業選びの軸を定めることです。自分が本当に目指すべき業種はどこなのかを自覚し、企業をリサーチすることで、就職が決まった後も充実した社会人生活を送ることができます。ここではそんな企業選びの軸について解説します。

企業選びの軸はどうやって見つける?

就職活動において、企業選びには一貫した軸が必要です。自分に合った企業を見つけ、就職活動を成功するためにはいろいろな業種に触手を伸ばすよりも、的を絞って活動したほうが確実に手応えを得られることでしょう。では、どんな要素を軸にして企業選びを行っていけばよいのでしょうか?まずは、自分が「興味」を持てる業種を目指すことです。興味は、モチベーションを持つきっかけになります。興味があることや好きなことであれば、深く掘り下げたいと自然に思えるでしょうし、企業研究や面接対策にも力が入ることでしょう。次に、自分の「能力」に見合った業種を選ぶことです。いくら好きなものといっても、あまりに自分の得意分野からかけ離れている業種であれば、選考段階で結果を残すことは難しいでしょう。また、仮に面接対策などが上手くいって内定がもらえたとしても、入社後に苦労することは必至です。そして、最後に「価値観」を共有できる企業を探しましょう。年商や給与といった企業の規模も大切ですが、だからといって企業理念に共感を抱けないような場所に就職してしまうと、仕事について葛藤が生じてしまいます。心から仕事内容に愛着を抱ける企業に就職すれば、末永く頑張っていこうと思えるはずです。以上、「興味」、「能力」、「価値観」の三本柱を軸として、企業選びをするのがポイントになります。大切なのは自己分析を徹底し、自分の心や性格、適正をこの機会に把握しておくことです。

企業選びの軸の具体例

では、企業選びの軸について、具体例を挙げていきます。まず、「興味」を軸として企業選びを行う場合です。小さい頃からスポーツが好きで、学生時代は部活動に打ち込んできたAさん。大学でもスポーツ科学を学び、将来はスポーツ関係の仕事に就きたいと考えるようになりました。そんなAさんの企業選びの軸は「スポーツと深く関わることができる」、「スポーツ界に貢献することができる」、「スポーツの現場に携われる」の3点です。明確にやりたいことが決まっていて、これまでの学歴も就職活動に生かせる人ならではの企業選びの軸だといえます。次は、「能力」を軸にする場合です。英語が得意で留学経験もあるBさん。Bさんの就職活動の軸は「英語を活かせる仕事」、「海外との取引がある仕事」、「通訳や翻訳が必要とされる仕事」の3つにしました。一般的な水準よりも秀でている能力がある人は、それを活かせる就職活動をおすすめします。そして、「価値観」を軸にする場合です。Cさんは実家の手伝いをしつつ、会社の仕事をしたいと考えています。そのため、「週休二日制」、「地元から通える距離」、「社員の事情に理解のある職場」を軸にすることにしました。また、「興味」、「能力」、「価値観」の全てを含めて軸を定める人もいます。Dさんは「IT業界への興味を満たせる」、「パソコンの知識が活かせる」、「残業が少ない」という軸を定めて就職活動を行ないました。企業選びの軸は多角的な視点から定めていくと、より自分にあった業種や企業が見えてくることでしょう。

企業選びの軸が就活の軸に!擦り合わせを丁寧に行おう

さて、企業選びの軸を定めても、その軸に合った企業を選べなければ、就職活動を失敗する可能性があります。そうならないようにするためには、まず軸がぶれないように心がけましょう。軸がぶれてしまうのは、設定した軸に無理があるのではないでしょうか。軸の設定から見直すことが必要であるケースもあります。そして、固まった軸と企業情報を細かく擦り合わせましょう。少しでも引っかかる点があれば、見逃さずにリサーチしてください。面接時に面接官へ逆質問してみるのもいいでしょう。企業選びの軸と相違点があるのなら、それは埋まらないものか、埋まらないのなら妥協できるポイントなのか、よく考えてください。こうした擦り合わせに必要とされるのは、視点を変えてみることです。自分が重要視している以外のポイントにも目を向けてみると、企業の全体像が分かってくることがあります。擦り合わせで注目するべきポイントは「仕事内容について」、「組織について」、「経営状況について」の3点です。「仕事内容について」では、仕事が本当に自分のやりたいことなのかを吟味します。「組織について」では、所属してから働きやすそうな風土があるかをチェックします。そして、「経営状況について」では、将来性がある企業かどうかを確認します。企業選びは人生を決める大きなイベントです。妥協せずに気になることは全てクリアにして、就職活動を進めましょう。

 


LINE Facebook Twitter

TOPICS