就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の選考対策】適性検査4種類!それぞれの特徴と対策方法!
選考対策

【就活生の選考対策】適性検査4種類!それぞれの特徴と対策方法!

LINE Facebook Twitter

適性検査4種類!それぞれの特徴と対策方法!

会社へのエントリーが始まり、選考方法などが公表されると、適性検査や適正テストという言葉を見かける機会が増えますよね。でも、この適性検査って一体何のことだかわからないという人もいるのではないでしょうか。適性検査は、国語や算数などの能力検査と性格検査を含む就職用のテストなのですが、いくつか種類がありそれぞれ傾向も異なります。今回はそれぞれのテストの特徴と、対策方法を考えていきましょう。

SPI検査(SPI3)の特徴は?

適性検査の中でも特に有名なのが、リクルートマネジメントソリューションズ社が開発したSPI3検査でしょう。これは、言語と呼ばれる国語と、非言語と呼ばれる算数の能力に加え、性格検査を測るテストです。企業にエントリーシートを提出する頃か、書類選考通過後に受験するのが一般的です。せっかく書類選考で通ったのに、適性検査がうまくいかずに内定を取れない人も多いですから、しっかり対策することが重要ですね。SPIのテストはクイズのような時間制限があるので独特の緊張感があります。言語と非言語に関してはひねった問題は少なく高校受験のようなイメージですから、対策すればきちんと結果が付いてきます。問題傾向への慣れが重要ですから、まずはSPI対策の参考書を買って2~3回繰り返し解くのが成功への近道です。また、スキマ時間を使ってSPI対策のアプリを利用するのも良いでしょう。性格適性検査の対策は、その企業理念とマッチする性格を答えるよう努力しましょう。また、早期離職が多いことを懸念した企業が性格適性検査を行っていることを考えて、常識的と思える回答を心がけるのがポイントです。例えば、余りにも聖人ぶった回答や、メンタル面が弱そうに思えるもの、ストレス耐性がないと感じられるような回答は避けた方が良いでしょう。

webテストでお馴染みの玉手箱対策は?

続いてご紹介する玉手箱は日本SHL社が作成したwebテストです。webテストというと今やSPIよりもこの玉手箱の方が有名になっているほどです。玉手箱は四則計算や図表の読み取りなどの計数に加え国語、英語、性格の分野でテストが行われます。玉手箱のテストと一口に言っても、いくつかの種類があるので受験する企業の形式をきちんと確認した上で対策をしましょう。玉手箱は同じ形式の問題が続き、回答スピードと正確性の両方が求められます。例えば、玉手箱シリーズの中の四則の計算はスピード感が必要とされますが、日々の演習でかなり力をつけられる部分でもあります。9分で50問の四則計算をするのですが、このあたりは参考書を購入し、繰り返し解いて形式に慣れておきたいですね。また、言語問題の長文把握では、段落ごとに意味を理解しながら読む訓練が欠かせません。筆者が訴えたいことは何かをつかむため、最後の段落は特に注意して読むのがポイントとなります。このタイプの問題に関しても長文読解専用の参考書でパターンを学習しておきましょう。

難解なGABの対策方法とは?

様々な適性検査の中でも比較的難しいと言われているのがGABと、次にご紹介するCABです。玉手箱と同じ会社が作成したのが新卒総合職の採用用テストGABです。こちらは総合商社や専門商社、証券、投資、総研などの業界で使われることが多いようです。図表を読み取る計数と、長文読解後に問題文が倫理的に正しいか答える言語、性格測定が主になっています。まずは参考書を買って何度も解くのが近道ですが、苦手な分野は特に繰り返し解いて早めに解き方をマスターしてしまいましょう。特に人気の企業を受ける人はあえて難易度が高い問題を選りすぐって掲載している参考書を選び、繰り返し取り組むことが本番に有効です。また、このテストはスピード感が特に必要なタイプです。制限時間に比べて問題の数が多いので、効率よく解くために常に時間を意識する訓練が要ります。そのためタイマーを用いて本番と同じ時間設定で演習する習慣をつけましょう。

新しい適性検査のCAB

CABは同じく日本SHL社が作成したテストでコンピューター職適性判断テストです。元々はシステムエンジニアやプログラマのための適性試験ですが、文系も含めいろいろな職種で使用されることもあるんです。知的能力検査と性格測定に加え、バイタリティや忍耐力、チームワークなど9つもの分野に分けて細かく分析されます。CABは法則性や命令表から問題を解くタイプで、正確に読み解き素早く判断する能力が求められます。暗算や法則性、命令、暗号などの分野は短い時間で大量の問題を解く必要があります。とはいえ、ある程度出題者の作るパターンも限られてくるはずですから、できるだけたくさんの問題に触れてすばやく解けるようにしておきましょう。

 


LINE Facebook Twitter

TOPICS