就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の面接対策】最終面接によく出る質問と逆質問対策
選考対策

【就活生の面接対策】最終面接によく出る質問と逆質問対策

LINE Facebook Twitter

最終面接を乗り越えよう!役員面接によく出る質問と逆質問対策

就活生にとって、最終面接にまでこぎつけたらテンションが上がるもの。また、役員自らが担当する役員面接ともなると「ほとんど内定をもらったも同然ではないか?」とうれしくなってしまうでしょう。しかし、油断は禁物です。最後の最後で落とし穴にはまらないよう、役員面接や逆質問への対策を紹介します。

最終面接は意志確認の場だと思うと足元をすくわれる!

一般的に、最終役員面接は意志確認の場所だと言われています。就活生が企業に就職する意志が本当にあるのかどうか、役員自ら見極めているだけなので、よほどのことがない限り、内定はもらったも同然の状態だと考える人は多いようです。しかし、「よほどのこと」が起こる可能性は消えないのです。また、企業によっては役員面接こそ、特に厳しい審査基準を設けていることもあります。いくら、それまでの過程で好成績や好印象を残してきたとしても、役員から不合格の烙印を押されてしまっては、これまでの努力が水の泡になってしまいます。また、「どうせ意志確認だから大丈夫だろう」と安心して面接本番を迎えてしまうと、その緊張感のなさが態度に出てしまいがちです。最終役員面接は就活の大きな山場と捉えて、これまで以上の緊張感で挑む心積もりが必要とされるのです。

最終面接でよく聞かれる質問と回答のポイント

最終役員面接を無事に乗り越えるためには、予め質問内容を予想し、答えを用意していくことが大切です。ここでは、そんな「よくある質問」を挙げていきます。まず、繰り返すように就活生への「意志確認」に関する質問です。「絶対にうちの会社に入りますか?」、「他に受けている企業はありますか?」、「うちの会社が第一志望ですか?」といった質問が予想されます。ここでは入社意志をしっかりと伝えることが鍵となります。仮に他の会社を受けていたとしても、面接を受けている会社が第一志望であれば、他の状況を伝える必要はないでしょう。複数の企業で選考が進んでいると分かれば、入社が不確定な人材と思われる可能性が出てきます。次に、「条件面」に関する質問です。「内定が出たらいつから働けますか?」、「転勤は可能ですか?」、「内定が出れば引越しが必要ですがいつ完了しますか?」といった条件を細かく聞いてきます。基本的には正直に答えるのが一番ですが、「アルバイトがあるので引越しは遅れます」などの回答は「会社よりもアルバイトが大切なのか」と不信感を持たれるので、あくまで最優先は会社だと伝えるようにしましょう。

逆質問されたらこんな質問を投げかけてみよう

最終面接、役員面接では最後の「何か質問がありますか?」と聞かれることが多々としてあります。いわゆる、「逆質問」の時間です。上手く質問ができれば良い印象を残せるだけではなく、役員の意見を聞くことができる貴重な機会にもなります。可能なら積極的に質問をしたいところです。逆質問では、自分の向上心ややる気をPRすることがポイントです。そこで、「内定をいただけた場合、何か勉強しておくことはありますか?」、「(面接官が)考える、御社に適した人材とはどのような性格ですか?」というような質問を投げかけてみましょう。そして、答えを聞いたら終わるのではなく、「前向きな性格が理想なのですね。それでしたら、自分は学生時代の経験からポジティブシンキングが得意です」というように、念押しになる返しも付け加えてみるとアピールになります。一方、逆質問の内容としてNGにしたいのは金銭的な話題です。「お給料はいくらですか?」、「ボーナスはいくらですか?」といった質問は役員相手の質問として不適切なうえ「ここにくるまでの段階で調べておかなかったのか」と疑問を持たれてしまいます。面接時に条件面の交渉が必要なケースもありますが、最終面接の最後をしめくくる会話としてはあまり相応しくないでしょう。

最終役員面接前にこそ気を抜かずに対策を

最終役員面接で気に留めておかなくてはいけないことは、「人事権のある人を相手にする」という意識です。そのため、「最終役員面接まですすめてよかった」という安心感以上に、「最終役員面接だからこそ鶴の一声で自分の処遇が決まってしまう」という緊張感を持って挑みましょう。そのために、直前の企業研究の見直しは必須であると考えてください。役員ともなれば、当然、数字に強い人達であり、面接時にも油断していると年商額や資本金の話題が登場してくることもあります。そんなときに、会話についていけないと、「うちの会社のことを調べていないじゃないか」と思われてしまいます。同様の理由で、販売商品や支部、関係会社などについての情報は改めて確認し、こちらから話題を振れるくらいにまで知識を身につけておく状態が理想でしょう。そして、とにかく熱い自分をアピールしましょう。いかなる企業も若手社員にはやる気と元気を求めます。これまでで一番、気合の入った態度を見せ、内定を確実なものにしてください。

 


LINE Facebook Twitter

TOPICS