就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】スーツの正しいを手入れ方法とクリーニングの4つのポイント!
就活の悩み

【就活生のお悩み】スーツの正しいを手入れ方法とクリーニングの4つのポイント!

LINE Facebook Twitter

スーツの正しいメンテナンス方法とは?手入れとクリーニングの4つのポイント!

就職活動を進める上ではスーツは必需品です。面接時によれよれのスーツを着ていくと、面接官の印象に悪影響を及ぼす可能性があります。そこで、スーツの正しい手入れとクリーニングのポイントについてお伝えします。

理想的なスーツのお手入れポイント

就職活動をするまではスーツを着る機会が少なく、適切な手入れが必要だという認識がなかった人もいるでしょう。また、手入れが必要だとわかっていても具体的にどうしたら良いかわからず、悩んでいる人もいるはずです。しかし、就職後はスーツを着る機会は格段に増えるでしょう。まずは、理想的なスーツのお手入れ方法を知っておくことが大切です。ポイントとしては、知識がない状態で自分で洗濯をしないこと、日々のブラッシング、そして湿気を飛ばすこと、さらに収納時のハンガーの選択です。自分で洗濯すると縮んでしまう可能性がありますし、正しくアイロンをかけるにも技術が必要ですので避けた方が無難でしょう。ブラッシングの基本は、毎日ほこりを払い落すことですが、ブラッシングは上から下へするのが基本となります。全体をブラッシングしたら、ほこりやごみなどが残っていそうな部分は細かくブラシを振動させてブラッシングすると効果的です。さらに、湿気を飛ばすために、すぐに収納せず風通しのよい場所で半日程度吊るしておくとよいでしょう。ハンガーは幅広のもの、できれば湿気を吸収する木製のものを選ぶのが理想的です。

自宅で簡単にできるスーツのお手入れポイント

毎日のように面接日程が組まれている場合などは、理想的なスーツの手入れがいつもできるわけではないでしょう。そういった場合は、自宅で簡単にできる「最低限これをやっておけばよい」という手入れの方法を知っておくと役に立ちます。ポイントはブラッシングです。できれば使用した日は毎日ブラッシングした方が良いのですが、最低限3回に1回程度は上から下へのブラッシングを行うことが大切です。スーツの劣化の原因になる細かいごみを取り除くことができれば、スーツを長持ちさせることができます。また、ごみやほこりが化学変化して発する臭いも最小限にとどめることができます。ごみやほこりが残っている場所については、細かく振動させてブラシをかける方法が理想的ですが、そこまでやる余裕がない場合は、大まかなブラッシングでも効果はあります。目立つほこりが残っている状態は避けられますので、面接官に悪印象を持たれずに済むでしょう。

季節ごとのスーツの保管ポイント

スーツのメンテナンスは、手入れだけでなく保管も重要な要素です。季節ごとのスーツの保管ポイントを理解するためには、まず、季節ごとのスーツの特徴を把握しておくことが大切になります。春物や夏物のスーツは、裏地がなく、生地には麻や綿などが使用されているものが多いのが特徴です。理由は、気温や湿気が高い時期でも涼しい着心地になるからです。一方、秋物や冬物のスーツは、カシミヤやウール、ポリエステル素材が生地として使われていることが多く、しっかりした裏地があるのが特徴です。スーツの保管のポイントは、衣替えのタイミングと防虫対策です。衣替えは、無理して一般的な衣替えの季節(月始め)に合わせる必要はありません。春先は暖かくなってきたなと感じたら早めに冬物をしまい春物を着るようにします。逆に、夏物から秋物に切り替えるのは、早めに済ますのではなく、蒸し暑さを感じなくなるタイミングまで待つ方がよいでしょう。理由は、湿気を含んだ状態で冬物や夏物を保管するのを避けるためです。また、保管中は防虫対策が重要になります。虫食いで穴が開いてしまうと修復が大変です。収納する前にまずは汚れをしっかり落とし、防虫剤を入れて保存することがポイントです。防虫剤の効果は、上から下に下がっていきますので、スーツの上にセットするようにしてください。

スーツのクリーニングのポイント

スーツはTシャツや下着のように気楽に洗濯ができません。また、自分で洗濯をする場合、洗い方を間違えるとスーツにダメージを与えてしまいます。そのため、スーツは自分で洗うのではなくクリーニングに出す方がよいでしょう。ポイントはクリーニングの頻度です。頻度は、衣替えで長期間の保管期間に入る直前、シーズン1回で十分といわれています。クリーニングに出す目的は、皮脂や汗、汚れなど虫食いの原因となるものをきれいにすることです。日々の汚れはブラッシングなどの対応で十分ですが、長期間の保管に入る前にクリーニングに出してしっかり汚れなどを落としておくと、虫食いを防ぎ、スーツを長持ちさせることにつながります。ただし、商品によっては洗濯機での丸洗いができるタイプも登場していますので、頻繁に洗濯したい人はそういったタイプのスーツを選ぶとよいでしょう。また、クリーニングから戻ってきたスーツは、必ずビニールシートを外して保管する必要があります。そのままにしておくと、湿気や溶剤が残ってしまうからです。


LINE Facebook Twitter

TOPICS