就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】自分に向いてる仕事の探し方4つ
就活の悩み

【就活生のお悩み】自分に向いてる仕事の探し方4つ

LINE Facebook Twitter

具体的なイメージを固めよう!向いてる仕事の探し方4

就職活動をしていると自分に向いている仕事は何なのかと、ふと思うことがありますよね。この悩みはいわば就活生にとっての登竜門のようなもので、誰しもがこの問いに人知れず悩んでいるものです。仕事が楽しければ人生は楽園だという名言がありますが、自分に向いている仕事を見つけることができれば、楽しみながら仕事をすることにつながります。就活を本格的にする前に、まずはどんな仕事が自分に向いているかじっくりと考えてみましょう。

 

1.自分がしてきた経験を振り返ってみよう

自分に向いている仕事が何なのかわからないとき、まずは自分がそれまで積み重ねてきた経験を振り返ってみてください。あんな仕事がしたい、こんな仕事がしたいという漠然とした願望はあるかもしれませんが、それまで経験したことがない仕事であると、自分が実際に仕事に就いたときのイメージがなかなかわかないものです。自分に向いている仕事を探すときは、具体的なイメージを持つことが大切です。実際のところ、まだその仕事に就いていない段階では、本当にその仕事が自分に向いているかどうかなどということは誰にもわからないものです。だからこそ転職をする人がたくさんいるわけで、それは自分の描いたイメージとは違ったからこその選択でしょう。今までの自分を振り返ってみると、そのとき楽しかったことや、やっていてやりがいのあった経験などがきっとあるはずです。そうした経験は就職活動で仕事探しをするときに、自分が実際に働いているときのイメージを描きやすくしてくれます。もし自分に向いている仕事がわからないのであれば、とりあえず過去を振り返ってみてはいかがでしょうか。過去の経験を掘り下げていくと、自分が本当にやりたいことが見つけやすくなるでしょう。

2.性格診断や適職診断は自分を客観視するきっかけに

自分に向いている仕事を探すときには、客観的な視点で自分を見ることが大切です。主観的な視点を持って探すことももちろん必要ですが、自分自身を客観的に見つめることで、それまで知らなかった自分を発見できることがあります。性格判断や適職診断はあくまで参考程度のもので、診断の結果に必ず従わなければならないというものではありません。ただ、性格判断や適職診断をすることで、自分自身を客観視することができ、それが自分の向いている仕事を見つけ出すきっかけともなるのです。これはいわば自分の性格や気質から向いている仕事を探し出すというアプローチのひとつです。向いている仕事を探すためには一つの視点ではなく、さまざまなアプローチを駆使して多角的に見ていく必要があります。なぜかというと、この世にはたくさんの仕事があって、自分がまだ知らない仕事もその中にはあるからです。もしかしたら自分の知らない仕事が自分自身に向いている仕事であるかもしれません。性格診断や適職診断は、そのようなまだ見ぬ仕事への道しるべになることがあります。もちろん、性格診断や適職診断はあくまで参考や目安程度のものです。診断の結果が必ずしも自分の本心を反映しているわけでもありません。結果を鵜呑みにするのではなく、仕事を考えるきっかけを与えてくれる目安として参考にしてみましょう。

3.インターンシップで体験してみる

インターンシップに参加する目的は人それぞれ異なりますが、向いている仕事を見つけるために参加する人もたくさんいます。自分の適職が考えてもわからない人は、やはりイメージがしっかりとできていないことに原因があると考えられます。インターンシップはいわば職業体験のようなものですから、実際に体験することで漠然としたイメージをしっかりと固めることに役立ちます。「興味のある業界だったけど実際に参加してみたらそうでもなかった」とか、「あまり関心がなかった業界でも参加してみたら興味がわいた」など、実際に体験して感じたことは適職探しにおいてとても大きな参考になります。インターンシップは体験を通じてイメージを培うイベントです。考えてもわからないなら、まずは行動してみてイメージを膨らませてみるということも、向いている仕事を見つけるためには重要です。

4.OBOG訪問はイメージ作りに最適

OBOG訪問というのは、自分が関心を持っている企業や業界で働いている先輩を訪問して実際の声を聞き、自分の就職活動に活かすというイベントです。実際に働いている人の生の声を聞くことで、ネットなどで調べただけではわからないことなども知ることができます。OBOG訪問は会社の雰囲気を掴むためや、具体的な仕事内容を把握するために行うものです。しかしせっかく生の声が聞けるのであれば、ぜひその機会をフル活用して自分のイメージ作りに活かしてみましょう。職場で働いている人の実際の声は向いている仕事を探すときの具体的なイメージ作りに最適です。自分のやりたいと思っている仕事が本当に自分に向いている仕事なのかどうか、OBOG訪問を通じて先輩の声を聞くことでよりはっきりとイメージすることができるようになります。OBOG訪問を聞いたことを参考にして、本当にその業界が自分に向いているのかどうか考えてみると良いでしょう。


LINE Facebook Twitter

TOPICS