就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の面接対策】面接で短所を質問された時のポイントと答え方のコツ
選考対策

【就活生の面接対策】面接で短所を質問された時のポイントと答え方のコツ

LINE Facebook Twitter

面接で短所を質問されたら?面接官の意図と答え方のコツを解説!

 

就職の面接で短所について質問されると、答えに窮する人が少なくありません。長所を質問されると、多くの人はアピールのために積極的に答えます。しかし短所の場合は、マイナスの印象を与えてしまうと思い、どのように答えるべきか迷ってしまうのです。しかし、短所も答え方次第ではマイナスの印象を与えずに済みます。それどころか、プラスの印象を与えることも可能です。そのためには面接官が短所について質問する意図を知っておかなければなりません。そこで今回は、面接官が短所を聞く理由や答え方のコツについて紹介します。短所の答え方が分からずに悩んでいる就活学生は、ぜひ参考にしてみてください。

短所を質問する意図は?

面接官は、面接を受けに来た就活生がどういう人物であるのかを知りたがっています。特に履歴書だけでは分かりにくい人間性や考え方などについて探ろうとすることが多いです。そのために、過去に努力したことや尊敬する人物など、さまざまな質問をしてきます。その中でも人間性や考え方を浮き彫りにしやすいのが、短所に関する質問なのです。どんな人でも短所があるのが当たり前ですよね。これから社会で成長していくことになる就活生であればなおさらでしょう。短所がないと胸を張って言える就活生は少ないのではないでしょうか。面接官もそのようなことはお見通しです。わざわざ短所があることを確認するために質問しているわけではありません。ほとんどの面接官が注目しているのは、短所そのものではなく答え方です。どのように答えるのかを見て、人間性や考え方を知りたいと思っているのです。職種などに関係する致命的な欠点でもない限り、本当のことを答えましょう。その場しのぎの嘘をつくと、追及されたときに上手く答えられない恐れがあります。

単純に短所を伝えるのは厳禁

短所を答える際、単純に内容を伝えるだけではよくありません。欠点も含めて自分のことを理解してもらいたい、という熱心なスタンスを見せましょう。答えにくいからといって、短くまとめたり目をそらしたりしないでください。自分に不利なことを隠そうとする不誠実な人物である、という印象を与えてしまいます。長所に関する質問への答えと同様に、面接官の顔を直視して明確に答えるのがポイントです。そうすれば正直な印象を与えられるので、好感を持ってもらいやすくなるでしょう。また、短所についての自分なりの分析を話すことも有効です。就職活動において、自分を客観視するための自己分析が重要であることはご存知でしょう。就職先の企業や業界を考えるために、長所や特技を分析するのが一般的です。しかし、短所まで分析する人は多くありません。もし短所についての分析結果を述べられれば、就職活動の準備をしっかり行っているという印象を与えられます。さらに短所という主観が入りやすい内容を分析できていることで、物事を客観的に捉える能力があることをアピールできます。

短所克服のための取り組みがポイント

働き始めると、業務の中でさまざまな課題が発生します。嫌なことから目をそむけていては仕事になりません。しっかり課題を見据えて、解決のための取り組みを行う必要があります。実は短所を聞かれたときの答え方で、その素養があるのかを垣間見ることができます。人間は長所に目を向け、短所からは目をそむけがちですよね。それだけに、短所をしっかり見据えて向き合う姿勢は高く評価されるでしょう。短所を課題として認識し、克服のための取り組みを行う姿勢が重要なのです。普段から、そのような取り組みを行うことを心がけてください。そして面接で短所を聞かれたら、その取り組みについても説明しましょう。短所を克服するために行動している事実は、向上心が強いというアピールになります。就職後は新入社員教育があるのが一般的です。しかし基本的には、大学や高校と違って自分の力で成長していかなければなりません。そのため就職して安心するのではなく、向上心を持って働ける人物が求められているのです。

長所やプラスの言葉に変換

短所を伝えるときは、できるだけプラスの言葉に置き換えることを考えてください。たとえば、「落ち着きがない」と答えるより「何でもすぐに行動に移しがち」など、長所とも受け取れる答え方をした方が良いです。「一人で積極的に動けない」のであれば「協調性が強すぎる」に変えるなど、プラスの印象を持つ言葉を使って短所を表現できないか考えましょう。ただし、極端なプラスの表現に置き換えるのは良くありません。たとえば「計画性がない」という短所を「柔軟な対応力がある」と表現してしまうと、まるで長所を質問されているときのような答えになってしまいます。そうすると面接官は、就活学生のコミュニケーション能力に難があると判断してしまう可能性があります。無理に長所に置き換えるのでなく、あくまでもマイナス印象の緩和を心がけた方が良いでしょう。そちらの方が、誠実さが伝わりやすいです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS