就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】就活っていつから始めるの?就活の流れを知っておこう
就活の悩み

【就活生のお悩み】就活っていつから始めるの?就活の流れを知っておこう

LINE Facebook Twitter

就活っていつから始めるの?就活の流れを知っておこう

就職活動に関する制度が毎年変わっていることから、就活をいつから始めれば良いかわからなくなってしまう就活生も多くいます。就活の制度が変わったとしても、就活で希望の職種に就けるかどうかという厳しさは変わりませんから、いつから始めるのか、またどのような流れで進めていけば良いのかなど、しっかりと確認しておきたいところです。

就活を始める時期と終える時期

就職活動は早く始めた方が良いという言葉をよく耳にしませんか?大学生にもなると、周りには勉強をしている人や遊んでいる人もいる中、1年生のころから就職活動を始めているという人もいます。ただ、一般的な就職活動はだいたい大学3年生の6月ごろから始める大学生が多いです。

最近では、いわゆる就活解禁といわれる企業にエントリーできる時期が年によって早くなったり遅くなったりと、学生からすると混乱してしまうような改定が多く、いつの間にか周囲は就活を始めていて、自分だけが乗り遅れてしまった…なんてこともありえます。

いつから始めたら良いかというベストなタイミングは人それぞれ異なりますが、悠長に構えすぎて乗り遅れないように、就活の情報については常に気を配っておきましょう。うまく就活を進めていくことができれば、大学4年生の6月や7月ごろには内定をもらって、就職活動を終えられます。

就活のおおまかな流れを知ろう

就活を成功させるためには、まず就活の流れを把握しておくことがとても大切です。就活にはインターンシップなどのさまざまなイベントがあるので、流れを把握しておくことで就活生が通るべき道をうまく進んでいくことができます。

3年生の6月や7月ごろに就活を始める人が多くいますが、それはその時期に企業のインターンシップが始まるからです。インターンシップは大きく分けて3つの時期に分かれており、8月から9月にかけての夏インターン、10月から11月の秋インターン、そして12月から翌年の2月までの冬インターンとなっています。

そして冬インターンが終わる頃には、一部の企業でエントリーがスタートし、本格的な就職活動に移っていくという流れです。4年生の4月や5月ごろになると、エントリーが締め切られて筆記試験やwebテストが実施される時期になります。そして6月や7月ころに面接が行われて、最終的な内定が下されるというのが一般的な就職活動の流れとなっています。

自己分析は早めにやっておくと良い

大学も3年生になると、何となく就活を意識し始める人が周りにも増えてくるでしょうが、やはり就活は早めに準備をしておいた方がその後の流れを有利に進められるものです。就活で特に早めにやっておきたいのは自己分析です。

もちろん、他にも業界の研究や筆記試験の対策など、しておいた方が良いものはいろいろありますが、自己分析をすることは就活のさまざまなプロセスとつながっていくので、就活の準備はまず自己分析を固めることから始めましょう。自己分析をすることで、自分を客観的に見つめることができたり、本当に行きたい業界が分かったりなど、その後の就活の流れをも左右することがあるのです。

また、自己分析をして自分をしっかりと見つめ直すことで、エントリーシートの記載や自己PRの考察などにも役立ちます。「就活の準備って何から始めたら良いかわからない」という人は、まず手始めに自己分析をしてみるとすんなりと就活を始めることができるでしょう。そのため、できるだけ早めに自己分析をやっておく必要があります。

予めスケジュールを考えておこう

就活を始める時期は人それぞれ異なります。一般的には3年生の6月ごろから始める人が多いですが、人によっては留学をしていたなど、よくある就活のスケジュール通りに勧められないという人も中にはいます。周りが就活を意識し始めると、自分自身も焦ってしまうものですが、焦って始めたとしてもうまくはいきません。

どんなことでもノープランで始めるより、スケジューリングをしてしっかりとした計画を立ててから始めた方が、スムーズに事を進められるものです。「周りが始めているから自分も始める」のではなく、就活に際しては自分なりのスケジュールを立ててから動くことを心がけましょう。

もちろん、スケジューリング自体も早めにしておいた方が良いものです。就活を始める時期や終える時期のスケジュールが大きくズレてしまうと、準備不足によって失敗や後悔をしてしまうこともあります。自分なりのスケジュールをしっかり立てるためには準備も早めにしておく必要があるので、周りが就活を始める時期に関わらず、自分自身で就活をいつ初めていつ終えるのかという構想を予め考えておけると良いでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS