就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】面接で聞かれる「将来の夢」に対して答えるときのポイント
就活の悩み

【就活生のお悩み】面接で聞かれる「将来の夢」に対して答えるときのポイント

LINE Facebook Twitter

面接で聞かれる「将来の夢」に対してどう答えるのが良い?

就職面接で聞かれることが多い、「将来の夢は何ですか?」という質問に対して、上手く答えられなかった、答えられたときにどう対応すればよいのかと思っている方もたくさんいるのではないでしょうか?

面接官がどのような意図でその質問をしているのかが分かれば、答える内容も自ずと出てくるのではないでしょうか?面接で聞かれる将来の夢の質問は、あなたの熱意や人間性を知りたいという表れです。適切な答え方のヒントをお教えします。

 

将来の夢であなたの本気度を伺っている

面接官はなぜ将来の夢を聞きたいと考えるのでしょうか?なんとなく聞いているようにも思えるかもしれませんが、しっかりと意図はあるようです。それはまず、あなたが持つ将来のビジョンをさりげなく確認したいという意図が隠れています。

面接官は将来の夢を聞くことで、あなたが描いている将来のビジョンを知ろうとしています。企業側からすると、あなたに長くこの会社で働いてもらいたい、活躍してもらいたいと考えているため、あなたが企業に対して、仕事に対してどう考えているのかを知っておきたいというのが本音でしょう。

そのため、面接で将来の夢を聞かれた場合は、企業や仕事を交えた、10年先までの比較的近い将来、もちろん、その企業に勤めていることが前提で、あなたがどうなっていたいか、どんな取り組みをしたいかなど会社と仕事の熱意が伝わる具体的な内容だと良い印象を与えるでしょう。

また、将来の夢を聞くことには仕事への熱意と同時に、あなた自身の人間性を見るという意図もあります。

面接官や面接内容にもよりますが、話が盛り上がり、老後のことやプライベートでの夢を語ってしまう場合があるかもしれません。また、あなた自身がプライベートでとても大切にしている夢や野望を語りたいこともあるでしょう。しかし、それだけでは、面接官には「仕事は二の次なのか?」という印象を与えてしまう恐れもあります。

趣味やプライベートについての将来の夢を話すことはあまり得策ではありませんが、それぞれの状況により、話さざるを得ない場合などには、仕事への熱意や将来のビジョンもしっかりと伝えられると良いでしょう。

 

志の高さや目標達成のための努力ができる人物かを判断する

もうひとつ、将来の夢を聞くことで、あなたの意欲の度合いや目標達成意識の高さを見ています。

将来の夢を話したあとには、続けて、「その夢のために努力していることはありますか?」という質問を投げかけられることがよくあります。

 

例えば、「企業を海外進出できるようなものにしていきたい」といった将来の夢や野望を語った場合、まず、就活生であるあなたが努力できることは「語学力を磨くこと」が挙げられます。

その夢のために努力していることとしてビジネス語学を少しずつでも学んでいるのなら、一貫性があり、企業側も安心できます。しかし、大きな夢を語るだけ語って、それに対しての努力は入社してからという場合は、やはりどこか突発的で適当な印象を与えてしまうかもしれません。

将来のビジョンと同時に、その目標に対する道筋を自分で探したり作ったりすることができているか、目標達成のための努力を惜しまないかという部分を見ています。

 

また、実現できる可能性が高い目標ばかりを並べるのも企業側や面接官にとっては物足りない印象を与えるでしょう。面接試験をクリアするためには、周りとの差別化を図ったり印象に残るように答えたりすることを考える必要があります。

そのためには、実現可能な夢のハードルを少し上げることや、物事を見る角度を変えてみることもヒントになりそうです。

 

「将来の夢」の質問は、短時間であなた見抜くためのもの

面接試験で必ずといっていいほど聞かれる、「将来の夢」に関する質問には、面接官が短時間であなたの仕事への熱意や人間性、また、信頼できる人物かを見抜こうとする意図があるようです。

就職活動を始めたばかりの方やこれから始めるという方のなかには、具体的に説明できる将来の夢がないという方も案外多くいるようです。

そんな方も、いざ面接試験を迎えるまでにはしっかりと答えられるように準備しておきたいものです。その場しのぎの回答では、どうしても見破られてしまいます。面接の前から、その企業に就職して実際に働いている自分を想像したり、OB訪問の際に感じた現場の雰囲気や先輩の言葉から感じるものをヒントに、将来のビジョンを想像したりしておくと良いでしょう。

 

面接で「将来の夢は何ですか?」という質問の回答としておさえておきたいことは、その企業の方向性や展望を見据えた5年10年先の具体的な仕事上での夢や目標を、また、そのあとにプライベートや趣味に関する夢を答えると良いでしょう。そして、忘れてはいけないのが、その夢に向かって、今努力をしていることを伝えることです。自信を持って答えるだけでその印象は随分と違います。

 

面接をする相手側の意図を知り、しっかりと対策をしておくことで、的外れな受け答えにはならず適切に答えることができますね。また、あらかじめ自分のなかで将来のビジョンに対してのストーリーがしっかりしていると、不意に投げかけられた質問にも、焦らず正確に対応することができるため、あなたの印象がうんと良いものになるでしょう。

好印象を残してぜひ次なるステップへ進めるように、事前に対策をしておきましょう!

LINE Facebook Twitter

TOPICS