就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のビジネスマナー】敬称の正しい使い方と覚えるポイント
就活の悩み

【就活生のビジネスマナー】敬称の正しい使い方と覚えるポイント

LINE Facebook Twitter

意外と間違いやすい!「貴社」と「御社」正しい使い方は?

 

履歴書を書く際に、応募企業のことを何と表現しますか?また、面接の時ならどうでしょうか?

意外と間違いやすいのが「貴社(きしゃ)」と「御社(おんしゃ)」の使い分けです。企業の採用担当者に、「基本的なビジネスマナーが備わってない」と判断されないためにも、事前に正しい使い方について確認しておきましょう。

 就パレ_自己分析.png

貴社と御社の使い分けは「書き言葉」と「話し言葉」

ややこしいように感じがちな「貴社」と「御社」の使い分けですが、「貴社は書き言葉、御社は話し言葉」とすれば、簡単に覚えることができます。

「貴社(きしゃ)」は「記者」「汽車」「帰社」など同音異義語が多いため、会話の中での使用を避け、「御社(おんしゃ)」を用います。つまり、面接や企業説明会などで相手方を表現する際には「御社」を使うのがマナーに則っているとされています。

エントリーシートや履歴書、メールなどの文章中に使う場合は、「貴社(きしゃ)」を使用しましょう。親しい間柄なら貴社と御社の使い分けに厳密性は問われませんが、ビジネス文書においては、文頭で「貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」などと定型文が使われることも多いため、「貴社」を使用することが一般的なようです。

大切なのは会話や文章中において「貴社」と「御社」そのどちらかに使用する言葉を統一することです。

例えば、面接中に「貴社の○○という方針に…」と言ったかと思うと「御社の魅力は…」などと言う、このように2つの言い方が混在していては、「きちんとした使い方がわかっていない」と相手方に思われてしまいます。

 就パレ_応募バナー.png

知っておくべき「尊称」の使い方

「貴社」や「御社」などの相手に敬意を表す呼び方を「敬称」や「尊称」と言います。これらは企業だけではなく、団体や協会などに対しても使用されます。相手方の組織によって呼び方も変わるため、一般的な尊称のパターンを覚えておくとよいでしょう。

銀行に対しての尊称は「貴行・御行」、店舗に対しては「貴店・御店」、官公庁に対しては「貴庁」「貴省」「貴所」、協会などに対しては「貴法人」「貴協会」を使用します。

銀行や店舗が「○○株式会社○○銀行」や「△△株式会社△△本店」となっている場合は、「貴社」「御社」を使用しても間違いではありません。

 

「様」と「殿」の使い分けはどうする?

個人に対する敬称として「○○様」という表し方と「○○殿」という表し方があります。ビジネス文書やメールなどでもよく目にする敬称ですが、その使い分けはどのようにするのでしょうか。

一般的に「様」は話し言葉、書き言葉のどちらにおいても使うことができ、目上の人、目下の人、社外の人などあらゆる人に対して使うことができます。

それに対し、「殿」は話し言葉では基本使用せず、書き言葉においてのみ使われます。また、原則として目下の人に対する敬称とされているため、応募企業にメールを送る際に、「人事担当○○殿」などと使用するのは失礼にあたりますので気をつけましょう。

また、「社長」「専務」「部長」「課長」といった役職名には敬称も含まれています。「○○部長様」などの使い方は、言葉遣いとしては間違った表現です。どうしても「様」を使いたい場合は「部長の○○様」という言い方があります。

さらに、就職後に社外からの電話などで「○○部長はいますか?」と聞かれた際に「○○部長は不在です」と答えるのもNGです。役職には敬称も含まれているため、上司であっても「○○(苗字)は不在です」または、「部長の○○は不在です」と答えるのがマナーとなります。

 

就職後によく使う「当社」と「弊社」の使い分け

「当社」や「弊社」という言葉もよく耳にしますが、その使い分けはどのようにするか知っているでしょうか。

「当社」も「弊社」も自分の会社を表現する際に使用する言葉です。一般的には、「当社」よりも「弊社」の方が、よりへりくだった言葉だと考えられています。そのため、同じ会社の人同士では「当社」を使用し、他の組織や他の会社の人へ自分の会社を説明する際などには「弊社」を使用します。

しかし、相手方に何か抗議をする場合などは「当社」を使用して、言い方を強める場合もあります。

また、間違っても就活時に相手方の企業のことを「弊社」とは呼ばないようにしましょう。これは確実に間違いのため、基本的なビジネスマナーのない人だと受け取られてしまいます。

 

基本的なビジネスマナーを押さえておけば好印象!

「貴社」と「御社」の使い分けが評価に直結するわけではないかもしれませんが、「社会人なら知っていて当たり前」と感じる人もいますので、基本的なビジネスマナーとして押さえておくことが必要です。

自分自身もしっかりとした知識を身につけていれば、面接でも堂々とした態度で臨めるはずです。相手に対する敬意や尊重の気持ちを忘れずに、上手に使い分けましょう。

特に、就職してからも使うような「敬称」に関する知識や基本的な敬語は、就職活動中の今のうちに、身につけておきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS