就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の身だしなみ】好印象な就活男子の髪型のポイントとワックスを使い方のコツ
就活の悩み

【就活生の身だしなみ】好印象な就活男子の髪型のポイントとワックスを使い方のコツ

LINE Facebook Twitter

ワックスの使い方を徹底解説!好印象な就活男子の髪型とは

たった数分で合否が決まってしまう面接では、第一印象がとても大切です。中でも髪型は、その人のイメージを大きく左右します。

学生の間は自由にカラーリングやパーマをしてOKでしたが、就活ではどのような髪型がふさわしいのでしょうか。スーツに似合うヘアスタイリングを理解し、面接官から好印象を得ましょう。

ここでは就活やビジネスシーンにぴったりの髪型や、ワックスの使い方をご紹介します。

 

内定への近道!面接の場に合った髪型をしよう

就活の面接では、どんなに素晴らしい自己PRをしても、身だしなみがダメと判断されると内定はもらえません。服装は無難なリクルートスーツでごまかせますが、意外と見落としがちなのが髪型です。

「おしゃれは個性!」と考える人もいるかもしれませんが、面接の場では相手に不快感を与えないように配慮することが最重要。部長や役員クラスの人にも受け入れられる髪型を知っておきましょう。

 

◆髪色は清潔感のある黒色に

就活における身だしなみでは、なにより清潔感が求められます。さわやかな印象の人の方が、より多くの人に「一緒に働きたい」という気持ちにさせるでしょう。

清潔感を重視するには、髪色はやはり黒髪がベストです。社員が髪を染めている企業もありますが、茶髪より黒髪の方が真面目な印象になるため面接に適しています。

 

◆眉毛・耳・襟にかからない長さでフレッシュに

髪の長さも清潔感のポイントです。特に面接官から不評なのが、目が隠れるような長い前髪。眉毛にかからない長さにするか、横に流しておでこを出すだけで別人のように明るい印象になります。横髪は耳にかからないようにするとスッキリします。

襟足はシャツにかからない長さが良いとされています。正面から鏡を見て、顔の左右にハネていないかチェックしましょう。

 

好感度抜群!ワックスを使ったスタイリング方法

髪型と同じように気をつけたいことが当日のスタイリングです。ボサボサの寝癖ヘアでは印象は最悪になります。ワックスを上手に使いこなして、清潔感をアップさせましょう。

ワックスはつけすぎても、少なすぎても上手くセットできません。普段あまりワックスを使わない人は、面接の数週間前から練習して、自分の髪に合う量を理解しておくと安心です。

 

◆ワックスの質感や香りにも気をつけて

ワックスを選ぶときは、質感と香りにも注意しましょう。ツヤがでるタイプやジェルなどは派手でベタついた印象になります。面接にはマットなツヤなしタイプがおすすめです。

香りはできるだけ無香料のものを選びます。狭い空間では自分が思っている以上に強く香る可能性があり、敏感な人は不快に感じるからです。

 

◆簡単4ステップ!ワックスを使ったスタイリングのコツ

ワックスを使ったスタイリングについて、実践的な手順をご紹介します。面接用のスタイリングは、あくまで髪型を整えてキープするために行うものです。極端にツンツンさせた毛束ヘアや顔を隠すようなセットは避けましょう。

【STEP1】髪を濡らしてドライヤーでブロー

最初に髪を根元から濡らして寝癖をリセットします。軽くタオルドライをした後、ドライヤーで髪の流れを整えます。

【STEP2】ワックスを手に伸ばす

ワックスを少量指に取ったら、両手の手のひらや指の間に伸ばします。直接髪につけてしまうと、量が多すぎて重たい印象になってしまいます。

【STEP3】後頭部、トップ、サイド、前髪の順につける

髪の量が多い場所から順番にワックスをつけていきます。鏡で見やすい正面だけに気が入ってしまうと、全体のバランスが悪くなります。前髪は手に残った少しのワックスで流しましょう。

【STEP4】スプレーで仕上げる

最後に、スプレータイプの整髪料で髪型をキープしましょう。つけすぎると白くなるため、髪から20cmほど離してふわっと吹きかけるのがコツです。

 

第一印象はOK?身だしなみで注意したいポイント

清潔感のある髪型や身だしなみは、社会人として働きだしてからも求められることです。今から基本を押さえて、どんな世代の人からも好印象が得られるスタイルを目指しましょう。

 

◆面接で評価がよくない髪型って?

面接官にだらしない印象を持たれる髪型は、避けた方が無難です。代表的なのは長髪やパーマですが、おしゃれ重視の無造作ヘアや、流行りの部分的な刈り上げも悪い印象を与える可能性があります。

せっかく時間と労力を割いて面接に臨むわけですから、髪型で評価を落とすのはもったいないです。

 

◆ヒゲ、眉毛はきっちり整える

男性の場合はメイクをしないため、ヒゲや眉毛を少し整えただけでも印象がぐっと良くなります。ヒゲは面接の日の朝にきれいに剃りましょう。無精ヒゲやおしゃれヒゲも、もちろんNGです。

男性の場合、眉毛は手入れしないという人もいますが、眉間などの余分な毛を処理すると顔が明るくなります。ただし、剃りすぎて細い眉毛にならないように注意しましょう。

 

「たかが髪型ひとつで落とされるの?」と疑問に感じる人もいるかもしれません。しかし、多くの就職希望者が集まる面接の場では、髪型でその人の内面まで判断されます。

就活は人生のターニングポイントですから、ヘアスタイルまで慎重に気を配りましょう。迷ったときは美容師の人にリクルートカットをオーダーして、スタイリングのアドバイスをもらうと安心です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS