就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の服装】リクルートスーツの着こなし方とマナーや注意点
就活の悩み

【就活生の服装】リクルートスーツの着こなし方とマナーや注意点

LINE Facebook Twitter

寒い冬でもスーツには黒タイツはNG!?リクルートスーツの着こなし方

就職活動を始める時には、リクルートスーツを用意します。しかし、リクルートスーツと言っても種類がたくさんあるのでどれを選んでいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

身だしなみ一つでその人の印象も変わってしまうので、リクルートスーツ選びは重要です。

シーンによって着こなし方で迷うと思いますが、まずは就職活動生に必須のリクルートスーツの基本的な選び方やルール・マナーを知っておきましょう。

 

リクルートスーツの基本的な選び方

会社訪問や面接など就職活動を始める時に大切なのは印象です。身だしなみにその人の全てが出ると言っても良いでしょう。リクルートスーツの基本的な選び方をご紹介いたします。

 

【男性の場合】

基本的には2ボタンのブラックスーツが良いでしょう。黒は基本ですが、グレーや紺など濃い目の色でも一般的です。すっきりとしたシルエットのものを選ぶと、よりフレッシュな印象を与えることができます。

パンツはノータックのものを選びましょう。丈は短すぎず長すぎず、裾がかかとから1〜2cm上を目安にしましょう。靴によって変わってくるので注意が必要です。

ネクタイは派手すぎずネイビーや水色などブルー系を選ぶと清潔感を出すことができます。

 

【女性の場合】

ジャケットとスカートの組み合わせが定番になります。黒が基本ですが、男性と同じくグレーや紺などの濃い目の色でも良いでしょう。

ジャケットのフロントはシングルの2つボタンが基本です。ぴったりとするシルエットを選ぶとすっきりとした印象を与えることができるでしょう。

 

男性も女性も基本はありますが、志望する会社によって与えたい印象も変わってくるのではないでしょうか。

色や素材、女性の場合はスカートかパンツスーツなど、異なった印象のものを2着用意しておくと、それぞれの社風に合わせたリクルートスーツを選んで使い分けることができます。

 

リクルートスーツを着る時のルールやマナーを知っておこう!

リクルートスーツを用意しても着る時のルールやマナーを知らないと上手く着こなすことができません。着る時のルールやマナーも覚えておきましょう。

 

【男性の場合】

髪の毛は短く整髪剤のつけすぎに注意して、ピアスなどの装飾は外しましょう。

スーツのボタンの数によって異なりますが、2つボタンの時は上だけを、3つボタンの場合は上2つ、または真ん中の1つのみを留めるのが一般的です。

靴下は、白い靴下を避けブラックやネイビーなどスーツと同じような色を選びましょう。

企業訪問や面接などは地面にカバンを置くことがあるので立てられるもののほうが理想的です。

 

【女性の場合】

顔の輪郭が見えるように、髪を耳にかけたり結んだりしたほうが明るい印象を与えることができます。

派手な茶髪やパーマ、ピアスなどは避けましょう。メイクはナチュラルメイクが基本です。

スカート丈は長すぎず、短すぎず、膝が半分くらい隠れる長さがきれいに見えると言われています。スカートの場合は、黒タイツや黒ストッキングは避け、自分の肌に近いか少し濃いくらいのベージュのストッキングを選びましょう。

 

リクルートスーツを着る時にはルールやマナーがありますが、就職活動中ですので会社や面接官などに好印象をもってもらうことが一番大切です。何を着たらいいのか迷った時は、基本的なデザインを選んでルールやマナーに沿って着こなしましょう。

 

スーツに黒タイツでも大丈夫?困った時に役立つシーン別ルール

マナーやルールを知っていてもどうしていいのかわからない時があるでしょう。

特に女性の場合はリクルートスーツの着こなし方も男性より幅広いので、迷ってしまうこともあると思います。困った時に役立つシーン別のルールを知っておくと、いざという時に役立つのではないでしょうか。

 

【シーン1】スーツのスカートに合わせるストッキングを黒タイツにしようか迷っている。

女性の場合、スーツのスカートに合わせるストッキングをどれにして良いのか悩んで困っている人もいるのではないでしょうか。特に寒い冬の就職活動時は黒いストッキングを履きたいですね。

しかし、面接でスーツを着る時は、黒タイツ、黒ストッキングは避けましょう。

 

・理由

スーツに黒タイツや黒ストッキングを着用するとお悔やみなど不幸なイメージを想像させてしまうことがあるからです。また、リクルートスーツは黒が基本なので黒タイツや黒ストッキングを合わせてしまうと全体的に与える印象が暗くなってしまいます。

このような理由から、就活の際のスーツにはベージュストッキングを選びましょう。また、スカートではなくパンツスーツの時も黒タイツ、黒ストッキングの着用は避けましょう。

どうしても寒くて黒タイツを履きたい時は、面接前にトイレなどではき替えたり、厚手のベージュストッキングを選んだりするなどの対策をしましょう。

 

【シーン2】スーツに合わせるパンプスのヒールの高さに迷っている。

就職活動時の面接に履いていくパンプスはどれくらいの高さが最適なのでしょうか。プライベートであれば高くても問題ありませんが、面接は身だしなみを見られる場所です。また、たくさん歩き回る就職活動ですので、動きやすさや機能性も大切です。

3cm〜7cm程度の高さがある標準的なパンプスがよいでしょう。

 

このようにさまざまな場面でどの着こなし方が正解なのか迷う時があるでしょう。就職活動の際に困った時は、一般的なルールに従ってリクルートスーツを着ると間違いないのではないでしょうか。

いざという時に困らないように基本的なリクルートスーツの着こなし方を覚えておきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS