就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の面接対策】新卒で短期転職するときの面接で「退職理由」伝えるときのポイント
就活の悩み

【就活生の面接対策】新卒で短期転職するときの面接で「退職理由」伝えるときのポイント

LINE Facebook Twitter

 

新卒で短期転職すると面接で退職理由を聞かれるのはなぜ?

転職の際、面接で必ず退職理由を聞かれることがあるでしょう。就職した会社を半年や1年の短期間で転職する際、退職理由を聞かれてどう答えたらいいのか分からず悩んだりしたことはありませんか?

実際に面接で聞かれて、上手く説明できなかったことがあるかもしれません。退職理由はさまざまあると思いますが上手く伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。

面接官を納得させる退職理由の伝え方をご紹介いたします。

 

新卒新入社員が短期で会社を退職する理由と伝え方

新卒で就職した場合でも、半年や1年ほどで転職を考える人が多いようです。新卒入社から3年以内の退社はマイナスなイメージが大きく、家族や周りからの反対もあるでしょう。

せっかく入社した会社を短期で退職してしまうと、転職先の面接官や会社には「また続かないのではないか?」「同じ理由で辞めてしまうのではないか?」というマイナスなイメージを持たれてしまいます。

新卒の短期転職で退職理由を話す時、どのような点に注意して話せばよいのでしょうか。

 

転職理由がマイナス理由だった場合でも、転職先で何をしていきたいのかという仕事への意欲をしっかりと伝えましょう。短期間で退職することにマイナスイメージを持たれることもありますが、理由によって退職した方がよい場合もあるでしょう。

転職理由を話す時の注意点に気をつけて、理由を上手く伝えることが大切です。

 

新卒新入社員が短期で会社を退職する理由と伝え方

退職したケースは人によってさまざまですが、どのような理由で退職をしているのでしょうか?

短期で退職する理由を知って、そこから退職理由別に上手く伝える方法を考えましょう。どんな理由の場合でも退職理由を上手く伝えるにはポイントがあります。

面接官がなぜ理由を聞きたいのかを考えて退職理由を伝えましょう。

 

【退職理由と伝え方1】人間関係が理由の場合

仕事の内容も大切ですが会社では人との関わりが大きいので、人間関係が合わず退職したいと考える人は多いようです。人間関係が理由で退職した場合もそのまま伝えるのは避けましょう。面接官は実際に見ていたわけではないので、本人にも至らないところがあったのではと思わせてしまう可能性があります。

例えば「職場での会話もなく居心地が悪かった」場合は、「一つの目標に向かってチームで協力し合えるような職場で働きたいと思った」など、不満として話すのではなく前向きな表現に変えて伝えましょう。

 

【退職理由と伝え方2】病気など体調面が理由の場合

体調を崩して会社を退職する場合もあるでしょう。病気の治療のために経歴が空いていたり、以前と違う職種を選んでいたりすると、面接官に疑問をもたせてしまう可能性があるので病気や体調面で退職した場合は、退職理由を正直に伝えましょう。

理由を正直に伝えて、病気が完治していることや、普通に働けるなど現在問題なく働けるということをしっかりと伝えましょう。

 

【退職理由と伝え方3】結婚など家庭が理由の場合

結婚が退職理由の場合、仕事に復帰する理由や意欲を伝えましょう。面接官は「入社しても妊娠や出産、子育てなどが理由で辞めてしまうのではないか」「家族の都合でまた退職してしまうのではないか」などの点が気になります。

妊娠や出産などこれからのことを自分から予定を話す必要はありませんが、今後の予定について聞かれた際は、長く働きたいという意欲や家族の理解があることを伝えましょう。

 

【退職理由と伝え方4】残業や休日出勤の多さが理由

入社の時に考えていたよりも残業や休日出勤などが多いなどが理由で悩んで退職することがあるでしょう。残業時間の感覚は人や会社によって異なります。

退職理由を「残業の多さが不満だった」などそのまま伝えるのは避けたほうが良いでしょう。転職先でやりたい仕事があったのが理由など、前向きな仕事への意欲を話しましょう。

 

このように理由によって面接官への伝え方も変わりますが大切なのは、なぜ退職することになって、それを転職先でどのようにポジティブに変えて働けるかを伝えることです。

退職した理由を踏まえて、新しく入る会社で働きたい気持ちをしっかりと伝えれば、転職理由のマイナス部分を埋めることもできるでしょう。

 

退職理由を上手く伝える3つのポイント

新卒新入社員が短期で会社を退職する理由や、面接官を納得させる退職理由の伝え方を知ることができたのではないでしょうか。ここでは、退職理由がどんな場合でも上手く伝える時の基本的なポイントをご紹介いたします。

 

【ポイント1】退職理由を前向きに伝える

ネガティブな理由で退職した場合でもそれをそのまま伝えてはいけません。理由を話した後に、それを今後どのように生かしていきたいのかを伝えるなど前向きな話につなげましょう。

同じようなことがあった場合にすぐに辞めてしまうのではないかと考えさせるのではなく、退職理由を踏まえた仕事へのやる気を伝えることが大切です。

 

【ポイント2】会社の不満や批判などネガティブなことは話さない

退職理由の中には上司や同僚、会社の考えに合わなかったなどの理由もあるでしょう。しかし、不満があってもそれをそのまま伝えてはいけません。

重要なのはなぜ退職した理由であって、会社の不満や批判を伝えても面接官には良い印象をもたれないでしょう。

 

【ポイント3】伝える話し方や口調に注意する

内容も大切ですが上手く伝えるには表情などの見た目や、声の大きさなどの話し方も大切です。言葉の末尾に批判の言葉や受け身を使わないようにしましょう。退職理由が不満に聞こえてしまったり、否定的な印象を与えたりしてしまいます。

話し方や口調に気をつけることで、この人と働きたいと思ってもらえる印象を持ってもらえるようになります。

 

理由がどのような場合でも伝える時の基本的なポイントは変わりません。ポイントに注意して退職理由の伝え方を事前にまとめておくと、急に聞かれても焦ることなくしっかりと伝えることができるのではないでしょうか。

 

退職理由を上手く伝えるポイントや注意点はいろいろあることを知ることができたのではないでしょうか。ネガティブな理由も話し方次第でポジティブに変えることができます。また、伝え方次第で相手が受け取る印象も変わってきます。短期で退職した理由を上手く伝え、面接官や会社の人に働いて欲しいと感じてもらうことが大切です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS