就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】レポートの書き方のポイントと対策
就活の悩み

【就活生のお悩み】レポートの書き方のポイントと対策

LINE Facebook Twitter

就活生が知りたい!完成度100点のレポートの書き方

就職活動時に会社に提出するレポート課題があると思います。「どのように書いたらいいのか分からなくて……」と悩んでいる就活生がいるかもしれません。学校などでレポートを提出する機会があったものの、会社へ提出するとなると何を書いていいのか分からなくなって、上手く書けなくなってしまうこともあるでしょう。

100点が取れるレポートを書くにはどうしたらいいのでしょうか。注意点やポイント、効果的なレポートの書き方を考えてみましょう。

 

レポートを書く際の注意点とポイント

レポートの書き方にはいろいろありますが、会社がレポート課題から知りたいのは就活生自身のことです。しかし、自分自身のことを上手く盛り込んで書けていても、基本的な書き方でポイントを押さえていないと、完成度が低くなってしまいます。

そこでまず基本的なレポートの書き方の注意点とポイントを知っておきましょう。

 

◆課題に指示された形式を守る

課題によって、文字数などの指定された指示がある場合は必ず守りましょう。表紙は、指定がない場合でも必要ないと指示がある場合以外は、必ずつけましょう。

当たり前のことですが、シワや汚れが付いていないか、参考文献やURLなど明記する場合はレポートの最終頁に添付しましょう。他にも、誤字脱字がないかなど、基本的なことは必ずチェックしてから提出しましょう。

 

◆文章のルールを守る

正しい日本語の文章で書くようにしましょう。正しい日本語は社会人として求められる最低限のスキルになります。適切な場所に句読点を打つことや「〜です。」「〜ます。」と「〜だ。」「〜である。」を一緒に使わないなど文章のルールを守るとわかりやすい文章を書くことができます。

 

◆書ける漢字を増やす

会社から事前にレポートの課題が提出されている場合はいいですが、面接の際その場でレポートを書かなくてはならない場合もあります。パソコンで文書を書くのに慣れている人は、いざ漢字を書こうと思っても書けないと困ります。社会人として当たり前の日常漢字程度は書けるように、普段から手書きでレポートを書く練習をしておくとよいでしょう。

 

レポートの書き方の注意点は簡単なことかもしれません。しかし、高評価なレポートを書くには基本的なことに注意して書くことがポイントです。基本的なことが分かっていると、面接時に急にレポートを書く指示あるような時でも焦らずレポートを書くことができるので、面接官に好印象を与えることができます。

 

会社はレポートの書き方で何を見ているの?効果的なレポートとは?

レポートの内容を効果的にするには、レポート全体の体裁を整えましょう。

 

◆その1 タイトル

出された課題についてレポートのタイトルをつけましょう。タイトルは、分かりやすく簡潔に決めることです。

 

◆その2 文章の構成について

文章構成の基本は、序論、本論、結論の3段階です。しっかりと分けることでレポート全体に抑揚を出すことができます。序論はレポートの導入部分になります。課題の問題点や何を考察するのかなどを提示しましょう。

本論はレポートの本筋になりますので、解決案を提示して序論で書いたことへの答えを提示しましょう。本論はレポートの中で一番重要な部分になります。

最後に、レポートの締めとなる結論を書きましょう。論点の結論や本論の要約になります。レポートを書く時に本論だけになりがちですが、本論だけですと文章に抑揚がなくなってしまい、良い評価を得ることができないので注意しましょう。

 

このように課題について順序立てて書くことで、読みやすく効果的なレポートを書くことができます。

 

100点を目指せ!自己アピールを盛り込んだレポートの書き方

レポートの注意点やポイント、効果的な書き方が分かっていれば合格点のレポートを書くことができます。しかし、100点のレポートを目指すにはレポートの内容に自己アピールを盛り込むことが重要になります。

会社が知りたいのは、就活生自身がどのような人なのかということです。レポートの中に盛り込まれた自己アピールから、協調性や会社に対する敬意など求職者自身を見ているのです。

 

◆自己アピールを盛り込んだレポートの書き方

文章を序論、本論、結論の3つに分けると説明しましたが、レポートの本論の中で、自分の考え方などを入れながら文章を書いて自己アピールしましょう。自分の意思をレポートで伝えることが求められています。また、結論部分に課題について客観的に見た問題解決策を提案することで、高評価を受けるレポートを書くことができるでしょう。

 

レポートの書き方には大切な点がいくつもあります。しかし一番重要なのは、会社や面接官に求職者自身がどのような人で、どんな考え方をしているかなどその人の魅力を伝えることです。

基本的なことに注意して書くのはもちろんですが、自己アピールを盛り込めるようなレポートを書けるように、普段から書き慣れておくことが大切です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS