就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】履歴書の封筒を手書きする時に文字を綺麗に書くコツ
就活の悩み

【就活生のお悩み】履歴書の封筒を手書きする時に文字を綺麗に書くコツ

LINE Facebook Twitter

まっすぐ好印象な文字を書こう!履歴書の封筒を手書きする時のコツ

就職活動中は、これまで以上に文字を手書きする機会が多くなります。履歴書やエントリーシートはもちろんのこと、書類を企業へ送るための封筒にも、手書きで宛名を記入しますよね。
昨今では、手書きでは時間がかかるということで、PCで文書を作成するケースも増えてきているようです。そうはいっても、やはり大手企業など倍率の高いところでは、未だに手書きでの書類作成を重視する風潮が残っているのも事実です。
これを機に社会人として恥ずかしくない綺麗な字を書けるようになっておいて損はありません!
今回は、細かな気遣いでチャンスを掴みたい学生さんのために、履歴書の封筒の字をまっすぐ綺麗に書くコツをご紹介します。

 

人事は意外と“字”を見ている?!

手書きの履歴書やエントリーシートで選考を行う時、採用担当者は当然あなたの“字”を見ています。
もちろん、字が綺麗だという理由だけで合格になることはないでしょう。とはいえ、一目見た時に字があまりに汚かったら、読まなければならない書類も読む気が失せてしまうものです。
それに、字が汚いということは「読む人の立場に立った行動ができていない」と受け取ることもできます。
お手本になるほど綺麗な字を書かなければならないわけではありませんが、最低限、読む人への配慮を感じさせるくらいの丁寧さは持ち合わせていたいですね。

それは履歴書やエントリーシートに限らず、企業へ書類を送る封筒の宛名についても言えることです。
広いスペースにバランス良く丁寧に書かれた宛名からは敬意が感じられ、受け取った人を気持ち良くさせるほどの力があります。
逆に、封筒に書いてある字が曲がっていたり汚かったりしたら、人によってはこれから中身を開けて読むのも不快に感じられるでしょう。
このように、封筒の字ひとつで、履歴書の中身が相手に届く前に印象が変わってしまうこともあるのです。

 

封筒に宛名をまっすぐに書くコツ

封筒に宛名をまっすぐ綺麗に書きたいなら、いきなり封筒に直接書き込みをするのは止めましょう。
履歴書を送るA4サイズの封筒は、字を書き込めるスペースも広く、その分バランス感が非常に難しくなっています。
その際、宛名を書く前に鉛筆で薄く線を引いて下準備をしておけば、誰でも綺麗でまっすぐな字を書けるようになります。

まず、封筒の右端に住所を書くための線を下書きしましょう。端から4cmほどあけた位置に縦線を引いてください。そこから左に1cmあけた位置に縦線を引き、ふたたび左に4㎝あけた位置に縦線を引きます。この4cmのスペースに、住所が2行書き込めます。
次に、封筒の中心に5cmほどの幅をとって縦線を2本引きましょう。このスペースには相手の名前を書き込みます。
すべての線が引けたら、最後はゆっくりと丁寧に宛名を書きましょう。きちんと線に合わせて書き込めば、まっすぐ綺麗なバランスになるはずです。
ペンのインクが完全に乾いたら、仕上げに消しゴムで線を消します。インクを十分に乾かさないと、消しゴムでこすられたインクが滲んでしまうおそれがありますから、お気をつけください。

下準備の線をあまりに強く引きすぎると、消しゴムで消しても痕が残ってしまいます。線は最終的に消すことを意識して、できるだけ薄く書き込みましょう。

このワンステップで差が出る!

たかが履歴書を送るための封筒にそこまでするなんて面倒くさい……そうお思いになった学生さんもいらっしゃるでしょう。
しかし、こういった些細な気遣いの積み重ねが案外、他の学生さんと差をつけるポイントとなるのです。

誰もが「やった方がいい」と思うことは、どんな学生さんでも当たり前のように取り組んでいます。
ところが、こういった一見地味で目立たないような気遣いは、多くの学生さんが「別にやらなくてもいい」とみなしている分、ふとした拍子に採用担当者の目に留まったりするものです。
宛名が綺麗だからという理由だけで合格することはありませんが、このようなちょっとした努力がチャンスに繋がる可能性があるのは、頭に入れておきたいですね。

 

毎日の練習がものを言う!

字を綺麗に書くコツを習得したら、あとは毎日ひたすら練習あるのみです。綺麗な字を書くクセは、たった1日では身につきません。
エントリーシートを手書きするついでに、封筒の字をまっすぐ書く練習もしてみてはいかがでしょうか?
こうして身につけたスキルは、実際に社会へ出てからも役立ちます。社会人になってから慌てて字の練習をするよりも、比較的時間に余裕のある今のうちに練習しておけば、今後の自分のためになるでしょう。
字はその人を表すひとつの指標でもあります。就職活動で書類を提出する際は、採用担当者の印象に残るような、そして社会人として恥ずかしくない字を書けるようになるといいですね!

LINE Facebook Twitter

TOPICS