就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活女子の服装】女性のリクルートスタイルは「社会常識」と清楚さが基本
就活の悩み

【就活女子の服装】女性のリクルートスタイルは「社会常識」と清楚さが基本

LINE Facebook Twitter

【就活生の服装】女性のリクルートスタイルは「社会常識」と清楚さをアピールせよ


「人は見かけで判断すべきではない」という美辞麗句は、就活においては当てはまりません。
どんなに優れた人となりを持った就活生でも、身だしなみがきちんとしていなければ与える印象は悪くなってしまいます。
近年、服装自由の面接が増えてきているのにも関わらず、Tシャツに短パンで面接に臨む就活生がいないのはそのためです。就活生は皆一様にリクルートスタイルに身を包むことが求められているのです。

さらに言うなら、男性より女性の方が、就活における身だしなみの制約が多い傾向があります。
女性の就活生は不平等に感じるかもしれませんが、見た目が第一印象に与える影響は、男性より女性の方が多いようです。
逆に考えれば、しっかりと身だしなみに気を付けていればそれだけで印象は大きく向上するということですね。
今回は女性の就活生に特に気を付けていただきたい、リクルートスタイルのマナーについてお話しします。


リクルートスタイルの考え方


女性であればいかなるときも着飾りたいものです。しかし、その考えはリクルートスタイルにだけは当てはめるべきではないかもしれません。リクルートスタイルは、女性を美しく見せるための服装というわけではないのです。

企業が就活生の身だしなみから判断するのは「社会常識に順守しているかどうか」です。ひらひらのワンピースで就活に行けばその時点で「社会常識なし」のレッテルを貼られてしまうでしょう。ワンピースは極端な例ですが、「美しい≠社会常識がある」ということはイメージしていただけると思います。
リクルートスタイルのレディーススーツを選ぶときは、あくまで社会常識を最優先してください。これは髪型、お化粧についても同様です。
大好きなおしゃれは就活が成功した後の楽しみとしてとっておきましょう。

 

無難こそ王道と心得るべし

ファッションには人それぞれの個性があります。身だしなみに気を使う女性は、レディースのスーツを選ぶ際にもつい自分の個性を出してしまいたくなりますが、実はこれこそが女性の就活生が就活の身だしなみで失敗してしまう原因です。

基本は黒色かグレーといった無難なリクルートスーツが就活には適しています。多くの就活生に着用されていのには、やはり王道で一番清楚に見えるという理由があるのです。
人によっては「個性がなくて、全然面白くない!」と感じるかもしれませんが、リクルートスタイルの目的は先述したとおり社会常識をアピールすることであり、個性を出すことではありません。

同様の理由でストライプのスーツもリスキーな選択と言えます。ストライプのスーツは面接の場で着るにはカジュアルすぎると見なされる場合があるからです。

企業によっては許容されていますが、基本的にストライプのスーツは避けたほうがいいでしょう。

これでバッチリ!リクルートスーツ着こなし術

就活用のスーツを見つけたら、実際に着てみましょう。実は、着こなしにもマナーがありますので、正しく着こなした際のフィット感にも気を付けなければいけません。

実際の面接の際にも着こなしのマナーは評価ポイントになりますので、正しいマナーを覚えておきましょう。

ジャケットのボタンは全部しめる

男性のスーツとは違い、女性のスーツのボタンは全部しめるのが基本です。男性の着こなしと混同しないように注意しましょう。また、スーツはボタンを全部しめたときにタイトすぎず、しわにもならないものを選ぶのがポイントです。

スカートは膝丈に

スカート丈の長さについても気を付けなければいけません。一般的には長すぎず、短すぎず、膝が隠れる程度がベストとされています。立ったときだけではなく、座ったときにスカート丈がどうなるかもしっかり確認しておきましょう。

インナーは白ブラウス

リクルートスーツに合わせるインナーは白いブラウスがベストです。選択肢自体はたくさんありますので悩んでしまうかもしれませんが、ジャケットの黒とブラウスの白によるコントラストが一番清楚に見えます。

 

ブラウスの襟はジャケットに合わせて

ブラウスの襟はジャケットのVゾーンに合わせて選ぶといいでしょう。一般的に、Vゾーンが狭ければブラウスの襟はレギュラー、逆にVゾーンが広ければスキッパータイプのブラウスが好ましいです。
また、どちらのタイプを選ぶにせよジャケットを羽織ったときにしわにならないことが前提となります。

リクルートスタイルの服装選びは、「目立たず」、「無難に」が基本です。逆にそれさえ押さえておけば間違いありません。清楚に見えていれば、女性のリクルートスタイルとしては大成功でしょう。企業に与える印象のアップは約束されたようなものです。正しいリクルートスタイルに身を包み、面接ではそれまでの努力の成果を思う存分発揮しましょう。


LINE Facebook Twitter

TOPICS