就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生のSPI対策】はじめてのSPI試験対策!効果的な勉強法や情報収集についての注意点
選考対策

【就活生のSPI対策】はじめてのSPI試験対策!効果的な勉強法や情報収集についての注意点

LINE Facebook Twitter

【就活生のSPI対策】はじめてのSPI試験対策!効果的な勉強法や情報収集についてご紹介

すでに就活を開始している就活生は面接の準備とともに、SPI試験の対策に追われているのではないでしょうか?昨今では多くの企業が面接前にSPI試験を設けています。大手企業などは特にすべての応募者に対して面接を行う時間はありませんので、SPIによる足切りを行っているのです。

SPI試験の存在自体は知っていても、対策となると何から手を付けていいのかわからないという就活生も多いかもしれませんね。
いったいどんな問題が出るのか、勉強はどうやって進めたらいいのか、といったSPI試験に関する初歩的な知識は頭に入れておきたいところです。
今回ははじめてのSPIで押さえておきたい攻略ポイントをいくつかご紹介します。

 

そもそもSPIとは?

SPIとは企業で提供されている適性検査のひとつです。正式名称を「SPI総合検査」といい、「リクルートマネジメントソリューションズ」という会社組織から提供されています。
1973年に開発されて以降、現在では多くの企業が入社試験として採用しています。
主要7都市に設置されたテストセンター、応募企業に設置されたPC、WEBといったさまざまな実施形態があります。

試験内容は主に国語に相当する言語と、数学に相当する非言語からなる基礎能力検査、そして性格検査から構成されています。
2013年1月から開始されたSPI3では、新しい要素として「構造的把握力検査」が追加されました。
性格検査に関しては受験予約時に自宅のPC、スマートフォンで受験する仕組みとなっています。

上記したようなことは特に覚えておく必要はありませんが、就活生に気を付けていただきたいは試験の出題範囲です。
職種や受験形態によって出題される範囲や筆記能力が違いますので、受験前には注意してください。自分が受験するシチューエーションに応じた範囲をカバーする勉強をしましょう。

 

SPIの具体的な勉強方法

SPIの大まかな概要についてはおわかりいただけたかと思います。さて、就活生が一番気になっているのはSPIの具体的な勉強方法ですね。
SPIの勉強において就活生が気になっている主なポイントを以下にまとめました。

 

SPIはどれくらい前から勉強を始めるべき?

SPIの勉強を開始する時期は、早めが望ましいというしかありません。人にもよりますが、じっくりと取り組みたければ就活の半年ほど前から始めれば安心なのではないでしょうか。
就活が一旦始まってしまうとSPIの勉強に集中できる時間はほとんどありませんので、くれぐれも就活開始前に始めることが肝心です。
一度問題集に手を付けてみるとわかりますが、SPIの問題自体はそこまで難しいわけではありません。
時間がかかるのは試験への慣れと試験範囲のカバーです。人によって勉強の進み方は違いますので、問題集を少しといてみてスケジュールを決めるのも手です。

 

毎年出る新しい参考書は手に入れるべき?

SPIの試験問題は時代に合わせて少しずつ変化しています。市販の問題集も実際の試験問題の変化に合わせて、刷新されているのです。勉強に使う参考書は必ず最新のものを入手しましょう。
参考書にカテゴライズされる本は他の本に比べて多少割高です。そのため、古本屋などで過去の参考書を買ってしまう就活生もいるかもしれません。
SPI対策においてはそんな考えが命取りとなりますので、少しのお金を惜しまないようにしましょう。

 

インターネットで検索して勉強するのはアリ?

就活においてインターネットは極めて重要な情報ソースです。SPI対策としてもインターネットを積極的に活用しましょう。問題集を掲載しているWEBサイトもたくさん見つかるはずです。
しかし、すべての勉強をインターネットだけで済まそうとするのは考え物です。最低でも一冊の参考書は手元に用意しておきましょう。

SPIの勉強はリアルタイム性が肝心!

先述の通り、SPIの試験内容は時代を反映して年々変化しています。参考書を使うにしろ、インターネットを情報のソースにするにしろ、とにかく最新の情報が反映されていることは確認しましょう。たった一年の情報の違いが試験結果に大きく影響します。

参考書を選ぶ際にはショッピングサイトのレビューをチェックするといいでしょう。最新の試験内容が反映されているかどうか、本の使いやすさなど、他の読者からの率直なレビューは参考書選びにおいて非常に参考になる情報です。

インターネットを使う際は情報がリアルタイムなものか特に注意が必要です。Googleの検索で「SPI」と入力すると、新しい情報も古い情報も一緒くたになって表示されます。
順番的に先に表示されているからといって、情報が新しいとも限りません。そうした注意力を持ってインターネットを利用できるのであれば問題ありませんが、基本的にSPI試験の情報は参考書のほうが信頼度が高いと思っておいたほうがいいでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS