就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】面接後の「お礼状」のマナーと注意点
就活の悩み

【就活生のお悩み】面接後の「お礼状」のマナーと注意点

LINE Facebook Twitter

【就活生のお悩み】採用担当に「デキる!」と思わせるお礼状で他の就活生との差をつけろ!


就活対策本には必ずと言っていいほど「面接後には必ずお礼状を担当者へ送付しましょう」という旨の記載があります。面接にお付き合いいただいた企業に対してお礼の言葉をきちんとした形で述べるのは、確かにもっともなことです。多くの就活生はある意味慣例行事として、メールあるいは手紙にてお礼状を企業へと送っているはずです。

就活の最終段階とも言える面接が終わった途端に一気に気を抜いてしまう就活生もいますが、残念ながらそれは時期尚早と言えます。
企業はお礼状からも就活生のビジネススキルや人となりをジャッジしているのです。
そのため、配慮の行き届いていないお礼状を送ってしまうと、せっかく面接で残した好印象に泥を塗ってしまうことになりかねません。

そう考えると怖くてお礼状を送りたくなくなってしまうかもしれませんね。でも、心配はいりません。
お礼状は正しいルールに沿って書き、送付すればいいだけです。
今回は「お礼状の書き方がわからない!」「手紙とメールのどっちがいいの?」「そもそもお礼状って何?」といった就活生の初歩的な疑問を解決していきます。

 

お礼状ってそもそも何?

就活対策本にいきなり出てくる「お礼状」というワード。なんだかとても堅苦しい響きですね。
まずは、「そもそもお礼状とは何なのか?」という問題からスタートしたいと思います。

「お礼状」とはその名の通り、誰かに対するお礼の言葉を伝える手紙です。就活における代表的なお礼の対象は、面接官や採用担当です。OB・OG訪問の時間を割いてくれた先輩にお礼状を送ることもあります。

単にお礼を述べるだけが、お礼状を送付する目的ではありません。面接後に抱いた志望度の高さや、礼儀正しさをアピールすることで、採用をより確実なものにする狙いがあります。
そのため、お礼状を正しく書き、正しく送ることは、極めて重要なのです。

お礼状で押さえておきたいポイント

お礼状は感謝の気持ちが伝わればいいというものではありません。先に述べたように「正しい書き方」を押さえておく必要があります。
具体的な書き方のルールを以下にまとめました。

 

とにかく簡潔に

ビジネスの基本は「Short & Sweet(短く簡潔に)」です。これはお礼状においても例外ではありません。受取人はお礼状を時間がない中で読むことになりますから、お礼の言葉が書いてあるだけで何を言っているのはよくわからないダラダラとした文章では、かえって印象が悪くなってしまいます。
逆に簡潔に要点が述べられているお礼状は、読み手に「この就活生はよくわかっている!」と思わせ、好印象につながるでしょう。

書くべき内容は「お礼」「感想」「志望度」のみ

全くのノープランでお礼状を書き始めても、とりとめのない内容になってしまうのは目に見えていますね。
実は、お礼状で述べるべき内容は、非常に限定されているのです。内容を「時間を割いていただいたことへのお礼」「面接の感じたことや得られた見識」「その企業へ入社したいという意思」の3点に絞ってお礼状を書きだしてみましょう。

順序としては「お礼」「感想」「入社への意思(志望度)」がベターです。気持ちが伝えるのは前提ではありますが、ひとつひとつの内容が熱くなりすぎてもいけません。
適度な熱量、適度な文量を意識することが肝心です。

 

お礼状の送付マナー

書き終えたお礼状は当然送付することになりますが、ここで気を抜いてはいけません。
企業はお礼状の内容だけではなく、宛名書きや、送るタイミングといった送付マナーからも就活生を評価しているのです。
具体的には以下のような点に注意して、お礼状を送付するといいでしょう。

 

お礼状はスピードが命

お礼状の内容と同じくらい大事なのが、送り先にお礼状が到着するまでのスピードです。なるべく早く企業にお礼の言葉を伝えようとする姿勢は、企業に好印象を与えます。
どんなに遅くとも面接から2~3日以内には送り状が届くようにしたいところです。
面接が終わった当日には送り状を書き、投函しても早すぎるということはありません。

 

宛先はわかる範囲で書けばOK

面接官にお礼状を送りたくても、直接の連絡先がわからない場合があります。そんなときは、宛名は「人事採用ご担当者様」と記載しておき、お礼状の本文中にて面接官の名前を記載しておけば問題ありません。もちろん、直接の連絡先はわかっている場合は宛名に面接官の連絡先を記載しましょう。

 

メールでのお礼状が受け入れられるかは企業によりけり

最近も電子メールでお礼状を送る就活生も多くなってきているようです。しかし、メールでのお礼状がどのような印象を与えるかは、送る企業によって異なってきます。
外資系やIT系の企業ではメールでのお礼状をよしとする傾向があるようですが、歴史のある企業ではやはり手書きの丁寧さが重んじられています。
メールでのお礼状は手軽、すぐ送れるといったメリットはありますが、与える印象を心配しているぐらいなら手書きで送ってしまった方が無難かもしれません。


LINE Facebook Twitter

TOPICS