就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の面接対策】面接前に「吐き気」を感じるほど緊張しないための事前準備を
就活の悩み

【就活生の面接対策】面接前に「吐き気」を感じるほど緊張しないための事前準備を

LINE Facebook Twitter

【就活生の面接対策】面接前の緊張による「吐き気」に打ち勝て!

就職活動の最終段階にはご存知の通り面接が待ち構えています。多くの就活生が複数回面接を経験することになるとはいえ、余裕を持って面接をこなせるようになるのはごく一部の就活生だけでしょう。
就活生はみな、大なり小なりの緊張感に耐え、面接官と対峙しているはずです。

面接前に緊張すること自体は、決して悪いことではありません。その後に人生が面接の結果によって大きく変化してしまうわけですから、緊張するのは無理からぬことです。
しかし、吐き気を催すほど極度に緊張していると、面接で上手く振る舞うことは望むべくもないでしょう。就活生の誰もが、そんな結果は避けたいはずです。
今回は緊張のメカニズムや面接前のリラックスにつながる方法を通して、吐き気を感じるような面接前の緊張に打ち勝つ方法をご紹介します。

 就パレ_応募バナー.png

入念な事前準備は気持ちを強くする

面接で感じる緊張感には個人差があります。だからといって仕方がないと片付けられる話ではありませんね。
緊張を和らげるために、できることはやっておきましょう。

面接の当日、身支度などの準備に追われ、慌てて自宅を出発した、という経験はないでしょうか?
もしくは、面接直前に忘れ物に気づき青ざめてしまった…というケースもあるかもしれませんね。
そういった場合、気持ちに余裕が生まれるはずはありません。面接はきっと、残念な結果に終わってしまったことでしょう。

面接当日の朝はゆっくりモーニングコーヒーを飲むぐらいの余裕が欲しいところです。そのために前日の内から面接の準備をしておき、早めに就寝しましょう。
当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、自己分析、企業研究といった面接までの道のりを歩んできた就活生の命運を分けるのは、意外とそんなことなのです。
小学生が遠足の前日から必要なものをリュックサックに詰めておくように、面接の前日にはできる限りの準備を終わらせておきましょう。入念な準備は気持ちを強くする最大のポイントです。

就パレ_自己分析.png

縁起物に頼るのもアリ!

幸運を呼び込むような食べ物、アイテムも眉唾ものと馬鹿にはできません。要は、気持ちにパワーを注入すればいいのです。
就活において縁起がいい食べ物、アイテムを以下にご紹介します。

 

カツ丼

勝負事においてお約束のカツ丼ですが、面接も採用、不採用という形で勝敗が決まることを考えると幸運を期待することができます。
面接では精神的エネルギーを消費しますから、スタミナをカツ丼で補給しておけるとベターです。
朝ごはんにカツ丼は重いと感じるかもしれませんが、面接の当日ばかりは特別に食べてもいいでしょう。

 

キットカット

受験生の縁起物として定番となったウエハースチョコレート「キットカット」をかばんに忍ばせている就活生も多いようです。
確かに「きっと勝つ!」という意気込みで面接に臨めば、多少の緊張は吹き飛んでしまいそうですね。
糖分は頭の栄養になりますから、面接での頭の回転を促進する作用も期待できます。

 

お守り

神社で手に入るお守りも、面接での気持ちを後押ししてくれるでしょう。各地方にひとつは内定にご利益があるとされる神社があると思います。
就活の時期になると多くの就活生がお守りを買いに訪れていることでしょう。
同じお守りを持っている就活生がたくさんいると考えると、「自分は一人じゃないんだ!」と感じて心強くなるかもしれませんね。

 

勝負○○

定番の縁起物以外にも、自分だけの勝負アイテムがあるかもしれません。面接官の目に触れてはいけませんが、かばんに入れておけるものであれば持っていきましょう。
面接のときに着用する「勝負下着」を決めている就活生もいるようです。また、気持ちを強くするのはアイテムだけとは限りません。
深呼吸をする、手をしっかり洗うといったように、自分の中でジンクスを持っている行動も面接の緊張を和らげてくれるはずです。

 

面接で緊張するのはなぜ?

そもそもなぜ面接前に吐き気を感じるほど緊張してしまうのでしょうか?
緊張感にはいろいろな種類がありますが、ひとつはコミュニケーションによる緊張が例としてあげられます。
あまり他人とのコミュニケーションが得意ではない就活生は、立場的には目上である面接官とまともに話すことすらままならないかもしれません。
ましてや面接では面接官から質問をマシンガンのように浴びせられますので、普段緊張しない人でも上手くパフォーマンスできないことが多いはずです。

加えて面接では、面接官に好印象を残す必要があります。時には等身大以上の自分を演じることもあるでしょう。面接という舞台で演技を失敗してはいけない、という意識がプレッシャーとして就活生に重くのしかかってきます。
真面目な就活生ほど、その性格が裏目に出てしまうかもしれません。

「コミュニケーションによる緊張」と「結果を恐れることによる緊張」に苛まれる就活生が面接前に吐き気を催してしまうのは、仕方のないことなのかもしれません。
せめて面接までに体調のコンディションを整え、万全の体制で面接に臨みましょう。その際は上述したように事前の準備と縁起物アイテムの用意もお忘れなく。

LINE Facebook Twitter

TOPICS