就活パレット 就活パレット

自己分析

【就活生の自己分析】気分が乗らない時も大丈夫!今すぐできる自己分析の始め方
自己分析

【就活生の自己分析】気分が乗らない時も大丈夫!今すぐできる自己分析の始め方

LINE Facebook Twitter

【就活生の自己分析】気分が乗らない時も大丈夫!今すぐできる自己分析の始め方

なぜか今日はやる気が出ない。モチベーションが上がらない。うだうだと考え事をしてしまう――。何事も、気分が乗らない日がありますよね。そしてそれは、就職活動でも同じです。いつもはやる気があるのに、「今日はダメだ……!」と思ったら、一層のこと、いつものように頑張るのは諦めてしまいましょう! 

「そうはいっても、サボってしまうとそれはそれで不安になる……」という学生さんも、ご安心ください。今回は、気分が乗らなくてもじっくり時間をかけて取り組める“自己分析”の始め方をお伝えします。

気分が乗らない日は割り切ってしまおう!

気分が乗らない日に、いつもと同じようにバリバリ活動しようとしても、上手くいきません。集中してESを書いたり、キャリアセンターで面接の練習をしたり、SPIの問題集を解いたり、企業研究をしたり……就活には、自分でも思っている以上に体力を使います。そんな時は、ダメだと割り切って、いつものような活動はお休みしてしまいましょう。

しかし、いざ休もうと思っても、何かと心理的なハードルが生じてしまうのが、難しいところですよね。みんな就活をしているのに自分だけ休んでしまったら、「周りのみんなは頑張っているのに……!」と、さらに不安になってしまいます。それならば、いつもの就活をちょっとお休みする一方で、ゆったりと時間をかけて“自己分析”してみてはいかがでしょうか。

就職活動を始めたばかりの頃は、かなり時間を取って取り組んでいた自己分析も、慣れてくるにつれてまったくやらなくなってしまっていませんか?でも、自己分析は何度でもやり直しがきくものです。就活を続けるうちに、しだいに考え方や視点に変化が出てくることもあります。しばらく自己分析をしていないなら、この機会にふたたび取り組んでみてはいかがでしょうか。

オススメなのは昔の自分を書き出す作業

気分が乗らない日にオススメなのは、自己分析のうちでも、「昔の自分を書き出す作業」です。ひとまず机に向かって、淡々と「昔の自分を書き出す作業」に取り組んでみてください。どれだけ時間がかかってしまっても、途中でつまずいてしまっても、今日だけは大丈夫。

これまでよりも、なるべくたくさんのエピソードを思い出せるように、じっくりと気長に思い出してみてください。今できることに取り組めれば、十分に前向きだと言えるでしょう。過去の自分が学生生活で打ち込んできたことをピックアップするのは、自己分析の基本ですよね。

しかし、思い出したことをきちんと紙に書き出して、厳密な自分史を作ったことのある方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか。このワークにはある程度の時間がかかるということで、実は取り組まずにいる学生さんが多いようです。以前は短時間で済ませてしまった自己分析も、じっくり時間をかけてみると、意外な収穫があるものですよ。もしかしたら、あえてこの自己分析の始め方をすることで、これまでの自己分析では見つからなかったようなアピールポイントが発見できるかもしれません。

焦らなくてOK! とにかくできることをやろう

気分が乗らない日にもっともやってはいけないことは、焦ることです。焦ってしまうと、気持ちがはやって些細なことにも取り組めなくなってしまいます。また、休んでしまった自分と周りの学生さんとを比べて、「どうしてみんなは頑張っているのに、私だけ……」と自分を責めて、余計に心を傷つけることにもなりかねません。

しかし実は、そうやって自分を落ち込ませてしまうことの方が、何もしないよりもずっと不毛なのです。気分が乗らない日は、流れに身を任せて、とにかくできることをやりましょう。時間をかけて過去の自分と向き合っていると、もしかすると「こういうの、アピールに使えるかも?」というエピソードを閃くかもしれません。

就職活動は、何ヵ月にもわたる長期戦です。勢いよくスタートしたのはいいけれど、そのまま燃え尽きてしまったら、元も子もありません。必要なのは、自分で自分を励ましながら、内定が出るまで走り続ける体力です。気分が乗らない日は、ぜひ「昔の自分を書き出す作業」に取り組んで、新たなアピールポイントを見つけてみてください。

まとめ

就職活動で気分が乗らない日は、無理に活動をしようとしたり、自分を責めたりしてはいけません。そんな日は、「自分の過去を書き出す作業」に取り組み、じっくりと時間をかける自己分析の始め方にトライしてみてください。

就職活動で大切なのは、内定が出るまで粘り強くチャレンジし続ける体力です。自分で自分を励ましながら、その日にできることをやりましょう。就活を続けるうち、しだいに考え方や視点に変化が出るのは、珍しいことではありません。自己分析は、何度でもやり直しがきくものです。

気分が乗らない日に時間を取って、自分自身のことを見直してみてはいかがでしょうか。もしかしたら、新たなアピールポイントが見つかるかもしれません。

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS