就活パレット 就活パレット

就活の悩み

就活女子におすすめ!出来る女を演出するならパンツスーツ! 
就活の悩み

就活女子におすすめ!出来る女を演出するならパンツスーツ! 

LINE Facebook Twitter

【就活女子の服装】就活女子におすすめした好印象を与えるパンツスーツのツボ

女性の就活は、身だしなみひとつでも迷うポイントが多いですよね。
初めてのリクルートスーツを選ぶときも、スカートとパンツスーツという2つの選択肢があるので、戸惑いをおぼえてしまう学生さんも多いでしょう。
合同説明会などの大人数が集まるところを見る限りでは、どちらかというとスカートを選ぶ就活生が多いようですが……パンツスーツを選ぶと、どのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は、就活中の女性のパンツスーツで作れる印象についてお伝えします。
将来バリバリ働きたいあなたは、自分のイメージを上手にコントロールして、面接に挑みましょう!

 

スカートスーツとパンツスーツ、どちらを選べばいいの?

 

女性のリクルートスーツには、スカートとパンツスーツの2つのタイプがあります。現在は、どちらかというとスカートを着用する就活生が多いようです。
とはいえ、あなたのイメージによっては、パンツスーツを身につけることで、面接官からのイメージを大幅にアップできるかもしれません。
「みんながスカートだから……」とスカートを選ぶのではなくて、自分の印象によってはパンツスーツを選ぶのが賢明だと言えるでしょう。

スカートスーツを着用するメリットは、新卒らしいフレッシュさや、女性特有の華やかさを演出できることです。
現在の就職活動では未だにスカートが主流ですから、面接官に真面目そうな印象を与えられます。
また、足元が明るくなるスカートを身につけることで、女性にしか出せない華やかさを身にまとえます。
スカートスーツにこのようなメリットがある一方で、パンツスーツを選ぶと、まったく違う印象を作れるのです。

 

“出来る女”を演出するならパンツスーツで決まり!

 

スカートスーツの印象とは対照的に、面接にパンツスーツを履いて行くと、バリバリ仕事をこなすような“出来る女”の印象が強くなります。
スカートよりも機動性に富んだパンツスーツは、営業を始めとした、活動的な職種を彷彿とさせるものがありますよね。
いわゆる“キャリアウーマン”らしいイメージを与えたいなら、パンツスーツを選ぶといいでしょう。

このように、自分のセルフイメージや面接官に与えたい印象によって、パンツスーツを身につけるのもひとつの手段。
日頃から「スカートよりもパンツの方が着こなしやすい」と感じている方や、「とにかく、バリバリ働く熱意を伝えたい!」という方は、パンツスーツで面接に臨んでみてはいかがでしょうか。
スーツを買いに行く際に、試着したところを家族や友人に見てもらって、第三者からの意見をもらってみると、他人から見た印象が分かりやすくなります。
自分により似合うスーツを身につけて、志望する企業の内定をゲットできるといいですね。

 

パンツスーツを履く時の注意点は?

 

着慣れないパンツスーツを身につけるときに、気をつけておきたいことがあります。それは、パンツスーツのサイズ感です。
あまりにも丈が短すぎると、せっかくのパンツスーツも、カッコ良く見えません。
面接のときにイスに座るのを意識して、スーツを仕立ててもらう時には、「座ったときにくるぶしが見えないかどうか」を必ず確認しておきましょう。

それから、体にどれくらいフィットしているかも、重要なポイントのひとつです。
細すぎてピチピチになってしまったり、逆に太すぎてぶかぶかになってしまったりすると、カッコ良く見えません。また、しゃがんでカバンを手に取るような時に腰のあたりから下着が見えてしまうと、周囲の人に気を遣わせてしまいます。
パンツスーツを選ぶなら、試着した時にさまざまなシーンを想定して、動きやすさと見た目を確認しておきましょう。“出来る女”として見せたいなら、抜かりなく自分の体型と合ったスーツを身につけるのも、重要なポイントですよ。

 

まとめ

 

就活でパンツスーツを身につけると、“出来る女”や“キャリアウーマン”のように、バリバリ働くイメージを演出できます。
このように、自分の印象をパンツスーツでコントロールするのも、就活におけるひとつのテクニックです。
セルフイメージにスカートよりもパンツスーツが似合うなら、これを面接に有効活用しましょう。
いざパンツスーツを履く時には、サイズ感・フィット感が自分の体型と合っているかを抜かりなくチェックしてください。
せっかくのカッコ良いパンツスーツも、体型に合わなければ台無しになってしまうので、注意しましょう。
あなたらしいスーツを身につけて、志望する企業の内定を手に入れられるといいですね!

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS