就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の面接対策】「短所」は長所に言い換えることができる!
選考対策

【就活生の面接対策】「短所」は長所に言い換えることができる!

LINE Facebook Twitter

「短所」は長所のアピールに変換!面接で気をつけたい3つのこと

就職活動(就活)での面接は苦手という方も多いでしょう。はっきりとした答えが存在する筆記試験とは違い「これが答えることができれば必ず合格する」というもの存在しません。中でも「あなたの短所を教えてください」というような質問には答えづらいものです。今回は、そんなネガティブな質問にどう対応するべきかを紹介します。

 

面接官は何が知りたい?「短所」を聞かれる理由

そもそも、面接官はなぜ志望者の「短所」を知りたいのでしょうか。面接官は、短所を聞くことによって志望者がどれだけ自分自身をよく理解しているか(客観性)、短所を解決するためにどのような努力をしたいと考えているのか(課題解決)、答えた内容がうわべだけのものになっていないか(誠実さ)の3点を主に見ています。誰にでも弱点や欠点だと思えるところはあるものですから、短所があるからといってそれが即合否に直結するとは限りません。ただし、答えた内容によっては印象を悪くしてしまい落とされる危険性もはらんでいるので、事前によく考えて用意していきたいものです。

 

1.「短所」というマイナス要素の質問でもプラスに変えて答えることができる

面接においては「マイナスの質問はプラスに捉えてもらえるように答える」という定番テクニックがあります。馬鹿正直に自分の短所だけを並べてしまうと、面接官にとっては採用したくないという気持ちが強まってしまいますから、ポジティブに捉えられるような回答に置き換えると印象が上がります。面接は、どんなことを聞かれてもアピールに変えて回答するのが、大切なのです。長所と短所は表裏一体なので、うまく視点を変えて長所にしてしまうと効果的です。面接では「短所」を裏付けるエピソードを聞かれることもありますから、慌てないようにしっかり用意しておきましょう。

 

2.「不安で前に進め無い」は「慎重派」、「周りがよく見えてない」は「熱中しすぎてしまう」

実際に、短所を聞かれた際の受け答えをまとめてみました。前述の通り、自分の悪いところだけを述べるのではなく、前向きに捉えてくれるような回答をするのがコツです。まずは、自分の短所について、紙に素直に書き並べてみましょう。「何をするにも不安になりがちで、なかなか前に進めない」という性格の人がいるとします。とても素直な回答ですが、これでは面接官は「仕事をするのがすごく遅い人なのではないか」とマイナスの印象を抱いてしまいます。しかし、このようなマイナス回答もちょっと答え方を変えれば、プラス回答へと変えることができます。「不安で前に進めない」という性格は、言い換えれば「石橋を叩いて渡る慎重派」となるでしょう。そこで「何をするにも不安が先立つので、細部まで気を配って物事を慎重に進めるタイプです」と答えれば、面接官も「慌てずミスなく仕事をこなしてくれそうな人だな」という印象を持ってくれるでしょう。もう一点、例を紹介します。「周りが見えていないとよく指摘される」という短所を持った人がいるとします。このまま答えると「チームワークを無視してスタンドプレーに走りがちになるのではないか」と面接官も心配するでしょう。しかし、視点を変えてみると「周りがよく見えていない」というのは「一つのことに熱中しすぎてしまう」と言い換えることもできます。そこで、「物事に一度取り組み出すと、時間を忘れて熱中しすぎてしまうところです。このため、周りが見えていないと言われることがあるので日頃から意識するようにしています」と答えてみてはいかがでしょうか。周りが見えていないという短所をフォローするように「熱中」という言葉を入れると、面接官は周りが見えていないことよりも熱中しすぎる方に目を向けるでしょう。

 

3.精密作業を要する仕事なのに「大ざっぱ」と答えるのはNG

逆に、こんな回答ではまずいという例も紹介します。まず、人間なのですから誰にでも短所はあるという前提で質問をしているにもかかわらず「短所はない」という回答は、面接官に「自己分析ができておらず自己中心的だ」印象を与えてしまうので、避けるべきでしょう。他にも、なりたい職業に明らかに向いていないと思われるような短所であってもいけません。具体的には、精密な技術を伴う研究を要する仕事であるにもかかわらず「大ざっぱなところがあります」と答えたら、「私はこの仕事に不向きだと思います」とアピールしているようなものです。当然ながら、社会人として不適切な短所を述べるのもいけません。「約束の時間を守れない」などと言おうものなら、面接官は苦笑いをしつつ0点をつけるでしょう。志望者としては正直に短所を述べてはいるのでしょうが、面接という場は採用してもらうために最大限のアピールをする場なのです。その考えに基づくと、ただ短所を述べるだけでは何のアピールにもなっていません。面接という場にふさわしい社会人としての答え方も求められていると考えましょう。

一見短所と思われるような特性も、うまく視点を変えて長所にしてしまうことが重要です。面接では「短所」を裏付けるエピソードを聞かれることもありますから、慌てず答えられるようしっかり用意し、自分の短所を伝えていきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS