就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の履歴書】履歴書の住所欄のポイント
就活の悩み

【就活生の履歴書】履歴書の住所欄のポイント

LINE Facebook Twitter

今さら聞けない!履歴書の住所の「ふりがな」はどこまで書けばよい?

 

履歴書の住所欄の書き方

履歴書は、応募する企業に提出しなければならない重要な書類ですよね。企業の採用担当者は、提出された履歴書を選考の資料として活用し、採用基準の目安ともなります。履歴書には定められた形式はなく個人で自由に作成できますが、一般的にはJIS規格に基づいた市販の履歴書用紙が利用されています。

応募先に提出する履歴書には、住所、氏名、生年月日や学歴を含めた経歴、取得免許などの記入項目がありますよね。記入する際に迷うのは、「住所欄の書き方」という方が実は意外に多いようです。履歴書の記入の仕方が採用の合否に影響を及ぼすことはありませんが、一定の形式を踏まえた正しい記入をしておくことが社会人としての一歩といえるのではないでしょうか。

履歴書の作成方法は、応募先の企業からの指定にそって作成します。市販されている履歴書を使う場合がほとんどで、新卒の場合は手書きで丁寧に作成することが望まれます。パソコンなどを使って作成すると、採用担当者に、使いまわしだと思われる傾向が高いためです。

手書きの際には、たとえ悪筆でも、誠意が伝わるように丁寧に記入しましょう。手書きで記入することで、採用担当者に対して個性をアピールしやすいメリットもあります。一方で、パソコンを利用した履歴書も徐々に普及しています。指定のサイトからダウンロードして使用する指示を出す企業も増えているとのこと。応募先の企業に、あらかじめ履歴書の形式について確認しておくことも必要です。

履歴書の住所欄には、現住所を郵便番号も含めて都道府県から記入します。この際、番地の表示について迷うことはありませんか?「○番地△番×号」の場合、「○-△-×」と省略して記載しても問題はないようです。人事担当者は、番地の記載まで細かく気にしないといえます。しかし、より丁寧な履歴書とするなら、正確な住所を記載しておく方が無難です。ただし、マンションなどの集合住宅名は、正式名称を正しく記入しましょう。また、連絡先である電話番号は、固定電話と携帯電話のどちらか一方を記入します。すぐに連絡できる電話番号であることが何よりも優先されます。

 

履歴書の住所欄のふりがなをふるところはどこまで書くべき?

履歴書の住所欄には、ふりがなを記載することが一般的です。読みにくい住所や漢字など、ふりがなをふることで、書類を受け取る採用担当者の負担をできるだけ軽減できますね。

住所欄のふりがなは、「ふりがな」と書かれていれば平仮名で、「フリガナ」と書かれていればカタカナで記入することが一般常識です。以前は、ふりがなを番地まで記載することが常識とされていましたが、現在では番地以降のふりがなは不要とされています。

ただし、マンションなどの集合住宅に漢字が入っている際には、ふりがなを記入すると丁寧でわかりやすいといえますね。誰が見ても判別できる番地などの数字には、「ふりがなは不要」と覚えておくとよいでしょう。

また、ふりがなを記入する際には、できるだけ漢字の上にわかりやすく記入することが望まれます。履歴書を読む相手のことを考えた上で、ふりがなを丁寧に記入すると採用担当者に好印象を与える可能性も高まりますね。履歴書の書体まで重視しているとは限りませんが、就活の事前の準備として覚えておいてください。

 

履歴書を作成する前に知っておきたいポイントとは

応募の際に必須の書類である履歴書には、書式も含めて常識とされる記入方法があります。現住所の記載はもちろん、名前や学歴、資格の有無など詳細な記載が必要です。

一般的に市販されている履歴書以外にも、インターネット上に公開されている履歴書をダウンロードして使用する人も多いとのこと。中途採用と異なり、新卒の就活生の場合は、手書きで記入することが常識とされています。新卒の採用担当者は、履歴書を見て個人の能力をはかろうとする傾向が高いそうです。履歴書を丁寧に手書きすることで、応募に対する熱意が伝わるのではないでしょうか。

また、履歴書を記入する際には、鉛筆やシャープペンシル、修正液の使用はNGとされています。必ず、黒色のペンまたはボールペンの使用が大前提です。

書き損じた場合には、新しい履歴書を使い最初から書き直しましょう。また、履歴書の記入欄には、決して空欄を作らないことが必要なポイントです。記入のない空欄は、採用担当者に「応募意欲が低い」などの悪い印象を与えかねないからです。取得資格などの項目に該当しない場合は、「特になし」と記入しておくとよいでしょう。

履歴書を記入し終わったら、最終確認をしっかりと行うことも大切です。誤字、脱字のチェックはもちろんのこと、正しい日本語で記載されているかも確認しておくことも大切なポイント。

さらに、不採用となった企業から返送された履歴書を使いまわすのもNGです。たとえ面倒と感じても、新しい履歴書をその都度作成することが大切ですね。

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS