就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の正しい敬語】「お力添え」の正しい敬語の使い方と書き方
就活の悩み

【就活生の正しい敬語】「お力添え」の正しい敬語の使い方と書き方

LINE Facebook Twitter

覚えておこう!ビジネスでも万能な「お力添え」の使い方3つ

 

「お力添え」の意味とは?「お力添え」の基本的な使い方

得意先との交渉や取引などのビジネスシーンでよく耳にする「お力添え」は、目上の相手に助力を求める言葉として使われます。言葉のもととなる「力添え」には、助力や援助、協力という意味があり、力を添える…つまり、物事に対して力を貸すということです。

さらに「力添え」に「お」を付けた「お力添え」は敬語となり、自分を謙(へりくだ)って表現する謙譲語となります。ビジネスでは、謙譲語である「お力添え」がさまざまなシーンで活用され、控えめながら丁寧な表現として万能に活用できる言葉といえます。

「お力添え」の基本的な使い方としては、目上の方に対して助力や支援をお願いする「お力添えねがいます」や、「何卒お力添えをたまわりたく存じます」が一般的に活用できます。また、相手に感謝の意を伝えたい際には、「お力添えをいただき感謝いたします」とお礼の言葉で結ぶとよいでしょう。

「お力添え」は、さまざまなビジネスシーンで使える万能な敬語のひとつ。使い方を覚えておくと、ビジネスマナーを身につけた優秀な人材であることを印象付けることができますね。

 

「お力添え」は、逆の立場で協力や助力を申し出る時も使える言葉

「お力添え」は、助力や支援をお願いする以外に、自分から協力や助力を申し出る際にも活用することができる万能な敬語です。たとえば、「お力添えをさせていただく」「お力添えになれたらと思います」などがあげられます。相手に対して、尊敬や敬意を込めながらも控えめで丁寧な表現といえますね。

逆に、協力や支援ができないときには、「お力添えできずに申し訳ありません」と断りの言葉となります。お願いする場合でも、お断りする場合でも「お力添え」は、相手を不快にすることなく、好印象を与えられる敬語として活用することができます。

ただし、「お力添え」を使う際には、全体の文章が不自然にならないように注意しましょう。たとえば、相手に助力の感謝を述べる場合、「お力添えどうもありがとうございます」と答えてしまうと、一見丁寧に聞こえますが、敬語としては成り立っていません。

正しくは、「本日はお力添えいただき誠にありがとうございます」となります。さらに「本日はお力添えをたまわり誠にありがとうございます」と答えると、相手を敬う気持ちが表現できますね。

 

シーン別「お力添え」を用いた文例

ここではシーン別に「お力添え」を用いた具体的な文例をご紹介しましょう。助力や援助をお願いする立場によって、「お力添え」の使い方は微妙に異なります。間違った使い方をしないように、今後の参考にしてみてください。

相手に感謝の気持ちとお礼を伝えるとき

「お力添えいただきましてありがとうございます」

「お力添えをたまわりありがとうございます」

「日頃よりお力添えをいただき心から感謝いたしております」

「これもひとえに(みなさまの)お力添えのお陰でございます」

「先日は大変なお力添えをたまわりまして、誠にありがとうございました」

助力や援助をお願いするとき

「今後ともより一層のお力添えを何卒よろしくお願いいたします」

「何卒お力添えをたまわりますようお願い申し上げます」

「みなさまのお力添えをたまわりながら、よりいっそう精進してまいります」

 

「お力添え」の同義語と類義語

「お力添え」と同じ意味をもつ言葉として使われる「ご尽力」は、目標に対して力を尽くすという意味です。たとえば、「ご尽力いただき感謝いたします」とか「多大なご尽力をたまわり感謝いたします」のように、相手の努力に対する感謝の意を伝える際に使われる言葉です。ただし、「お力添え」とは異なり、助力をお願いする際には敬語として使われることはありません。その場合は、「誠心誠意尽力させていただく所存です」や「尽力して参ります」と変化します。

また「ご高配」も「お力添え」と同じく「配慮」や「取り計らい」に対する感謝の意味をもつ敬語です。たとえば、「ご高配をたまわり誠にありがとうございます」「ご高配をいただきましてありがとうございます」と言いかえることもできますね。「ご高配」とは、相手の配慮や気配りを表す敬語です。対象があくまでも相手であることが「お力添え」と異なると覚えておきましょう。

他にも「ご支援」や「ご協力」も、「お力添え」と同じような意味で使われています。「お力添え」の文例を「ご支援をたまわり感謝いたします」とか「多大なご支援をいただき、心より感謝いたします」と言い換えて表現される場合もあります。「お力添え」と比較すると、表現もやわらかで使いやすい言葉といえますね。

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS