就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】就活の疲れを癒す3つの方法
就活の悩み

【就活生のお悩み】就活の疲れを癒す3つの方法

LINE Facebook Twitter

試す価値あり!就活の疲れをリセットする方法3つ

 

質の良い栄養を積極的にとりいれて体の代謝をあげる

就活で疲れた体を元気にするために、まずは食生活の改善が必須です。朝食、昼食、夕食の3食を規則正しくとることはもちろん、毎日の食生活に良質な栄養素を多く含む食品をとりいれてください。理想的な食生活の基本は、炭水化物とたんぱく質を中心に脂質やビタミン、ミネラルをバランスよくプラスすることです。

三大栄養素のひとつである炭水化物は、疲れの原因となるエネルギー代謝の低下を改善する効果があります。主食になるお米やパンなどの炭水化物に含まれる糖質は、体内で他の栄養素と結びつくことでエネルギー源になります。糖質はエネルギーの原料ともいえる重要な役割を果たしているのです。炭水化物とともに摂取する他の栄養素とは、たんぱく質やビタミンB群、ミネラルです。

タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、細胞や筋肉の修復をおこいます。良質なたんぱく質を摂取すると、修復機能が働き疲れをリセットすることができます。タンパク質は、魚介類や肉類、大豆製品、卵、乳製品に多く含まれる栄養素です。たとえば、イワシやシラス、納豆などを毎日の食事に加えてみてはいかがでしょう。また、卵や乳製品も積極的にとりいれたい食品といえますね。

ビタミンB群は、糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変換する役割を担う重要な栄養素です。豚肉に多く含まれているビタミンB1は、糖質と結びつきエネルギー代謝を活発にしてくれます。ビタミンB2はレバーやうなぎ、納豆などの大豆製品に多く含まれており、脂質をエネルギーに変換する「ダイエットのビタミン」とも呼ばれています。他にも、にんにくやゴマに含まれるビタミンB6は、体内に取り込まれたたんぱく質の代謝を活発にうながす効果が期待されるそうです。さらに、ミネラルが豊富な緑黄色野菜やきのこ類、海藻などもあわせてとると、疲れを溜めこまない健康的な体で就活に挑戦することができますね。

 

上質で規則正しい睡眠は疲れを癒す効果絶大

疲れを感じる大きな原因のひとつとして、睡眠不足があげられます。上質で規則正しい睡眠は、バランスの良い食生活とともに健康な体を維持するためには必要不可欠な要素です。睡眠は、疲れた脳と体を休ませると同時に、さまざまなストレスを解消し精神をリラックスさせます。睡眠不足によって疲れが蓄積されると、眠りの信号を発信する脳の働きが低下することに…。その結果、疲れに対する感覚が次第に鈍くなり、いつまでも疲れがとれないという悪循環を招いてしまうのです。

疲れを蓄積させないためには、上質で規則正しい睡眠が効果的です。睡眠時間は、一般的に7時間から8時間が理想的とされています。なかには、僅かな割合ながら「ショートスリーパー」と呼ばれる短時間の睡眠時間で充分な人や、8時間の睡眠時間が必要な「ロングスリーパー」が存在していることも事実。熟睡している時間の長さの違いによって、それぞれに必要な睡眠時間には違いがあるといえます。自分にとって最適な睡眠時間を知ることが疲れを解消する重要なポイントです。眠っても疲れがとれないと感じたら、睡眠時間をいつもより長めにしたり、早めの就寝時間を心がけたりするのもひとつの方法です。

また、疲れが蓄積しているとなかなか眠りにつけない場合もありますよね。そんな時は、就寝前の軽い運動やぬるめのお風呂にゆっくりつかると良いでしょう。私たち人間は、体の体温が下がる時に眠気を感じます。つまり、あらかじめ体温をあげてから就寝することで、体温の低下とともに自然な眠りに誘われる効果が高まるのです。

上質で規則正しい睡眠は、体を健康的に維持する効果はもちろん、たまった疲れを解消してくれます。就活中の場合は、毎日決まった時間に就寝することは難しいかもしれません。しかし、疲れが蓄積して就活が思うようにいかないより、上質で充分な睡眠を確保して積極的な就活に臨んでください。

 

リラックス効果が高い簡単なストレッチを毎日の習慣にする

疲れを解消する方法として、毎日できる簡単なストレッチがおすすめです。ストレッチは、筋肉の凝りをほぐし、体の緊張を和らげる効果が期待できます。さらに、筋肉の緊張を解くことで体全体の血液循環がスムーズになり、老廃物などの疲労物質の排出を促すのです。

おすすめは、仰向けになって手足をゆっくりと伸ばす「仰向け背伸び」や、座った状態で左右の足を交互に組んで体をねじる「脇腹ストレッチ」、両手を組んで前方に伸ばす「背中のストレッチ」です。普段あまり使わないわき腹や背筋をほぐすストレッチは、疲労解消に効果抜群とのこと。就寝する30分前に、リラックスした状態でストレッチしてみてください。

さらに、入浴の際にストレッチを行うと、疲労解消効果は倍増します。湯船に座った状態で、ゆっくりと背筋や手足を伸ばすだけでも効果は抜群です。「体が固くてストレッチは苦手…」という方でも、温かい湯船の中ならスムーズに筋肉を解きほぐすことができますね。ただし、疲労改善に効果的なストレッチですが、無理は禁物です。数分程度のストレッチを毎日の習慣としてとりいれてください。

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS