就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の資格】TOEICが有利になる理由とメリットとは
選考対策

【就活生の資格】TOEICが有利になる理由とメリットとは

LINE Facebook Twitter

TOEICの点数が就活でスゴイ威力を発揮する理由とは

 

収入に影響がでるTOEICの点数とは

国際化が進む社会において、英語はもはやどの世界でも活用できる言語として注目を集めています。2020年には東京オリンピックも控え、ますまず英語に重きを置いたビジネスを目指す人も増えていくのではないでしょうか。英語の実力を示す尺度としてTOEICが挙げられます。TOEICの点数は高い英語力を保持する証として受験者数も増えているため、試験の頻度も毎月開催されるほど、知名度や信頼度が高い試験のひとつといえるのです。そしてこの点数を採用の評価項目として使用している企業もあるのです。

TOEICは、点数が高ければ高いに越したことはないのですが、ではどれくらいの点数を持っていれば、収入に影響が出てくるのでしょうか。TOEICの満点は990点、それを最高峰として860点以上がレベルA、700点から855点をレベルBとし、以下レベルC、D、Eと明確にランクづけされています。点数が高いほど英会話の能力が高いことを示すことになるため、外資系の企業や海外に拠点を持つ日本企業などは即戦力となる人材を求めています。

そのため、TOEICのスコアが収入に影響を与える点数は、レベルBに属する730点から855点が有力といえるのです。点数も大事ですが、このレベルを重要視している企業も多いため、数点差でレベルが下位にランクづけされている人は、もうひと踏ん張りして、ぜひランクを上げることを目標にしてみてはいかがでしょうか。がんばり次第では充分点数をUPさせることは可能です。

 

TOEICの点数が高得点だと有利な企業は?

英会話はできるに越したことはありませんが、単に話せるだけではビジネスとして成り立ちません。時には価格交渉や、無理なお願いを仕事として依頼する場面も少なくないためです。

TOEICの点数が高いと就職に有利な企業は、主に外資系や、英語を社内の公用語として使用する業種はニーズが高いといえます。語学力を活用できるのは外資系とイメージしがちですが、実は、アパレル関係や、食品業界など多岐に渡ります。これらは海外に拠点があるため、プロジェクトマネジャーとしての起用や、海外と日本との間で仲介に入りながら交渉を行うネゴシエーター的な役割など、職種は多種多様なのです。大事なのは、語学力はもちろんですが、他者と差別化できるプラスαのスキルを持っているということです。

持っているスキルが多ければ多いほど、あなたが考えていた以上の仕事を任される可能性も生まれますし、あらたな仕事から視野広げたり引き出しを増やすことにつながるのではないでしょうか。TOEICの点数を高めながらも留学や海外の人との交流を通して、コミュニケーションの取り方や、交渉術などを同時に学んでいくと、想像もしないご縁に巡り会えるかもしれません。

スコアを高めるためには、座学のみの勉強だけではなく、積極的に海外の人たちと触れ合う機会を作ることも有効です。スポーツバーで海外の人と話す機会を作ってみたり、海外のDVDを見たりするというのも方法のひとつです。

その他、日本のサイトではなく、海外のサイトを中心にニュースなどを確認するようにすると、表現の仕方や和訳の違いなどをタイムリーに体験することができるのではないでしょうか。毎日の小さな積み重ねが後に大きな語学力となるので、できるものからはじめてみてくださいね。実践あるのみです。

 

TOEICの点数で得られるメリットとは

最後はTOEICの点数で得られるメリットについてもご紹介していきたいと思います。TOEICの点数は社会的に信頼度が高い指標の一つなので、点数=英語力を示す大きな武器になります。そのため、書類選考でスコアを重要視している企業では、合格率も高くなりますし、就活に有利に働くことも。その実力が社会人となって契約や信頼関係を作る大きな糧となれば、もちろん昇給や昇進も夢ではありません。

他の人も国家資格や民間資格など多種多様な資格を保持している人も多くいる中で、TOEICは世界的に認められている英語能力テストのひとつであり、世界レベルの点数を保有しているということはあなたにとって大きな力になるのではないでしょうか。仮に同期で入社した仲間でもTOEICの点数の差で、数年後にはポジションや年収で差をつけることも少なくありません。

その信頼の高さと点数の高さはあなたの能力を示すものとして一生サポートしてくれるのではないでしょうか。TOEICは働きながらでも受験することが可能なので、学び続けることが重要になってきます。一度チャレンジして諦めてしまった人も、チャンスは無限にあるので、向上心を持って受験に向けて勉強をはじめてみることをおすすめします。TOEICを受験するのは、学生も多いのですが、実は社会人も多く、働きながら受験し、少しずつスコアを伸ばしている人も少なくありません。むしろ、企業に勤務しながら、TOEICの重要性を再確認し、再スタートした人も多くいます。スキルアップを目指す人はぜひ高い目標を目指してがんばってみてくださいね。

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS