就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の履歴書】履歴書の種類やポイントと注意点
就活の悩み

【就活生の履歴書】履歴書の種類やポイントと注意点

LINE Facebook Twitter

就活の履歴書サイズの標準は「A4サイズ」ってホント?

 

履歴書の種類とサイズについて

皆さんは履歴書のサイズを意識したことはありますか?履歴書は書店や文房具売り場などで売られているので、すぐに手にいれることができますが、サイズまではあまり意識していないとい人も多くいます。ここでは履歴書の種類とサイズについて確認していきたいと思います。

履歴書の種類

まず、履歴書には3つの種類があります。ひとつは職務経歴書がセットになった転職者用の履歴書と、シンプルな書式で希望する時間が書けるパートやアルバイト用、そしてそのどちらでも使用できるJIS規格の履歴書です。自分がどの働き方で応募するかによって、選ぶ履歴書の書式が変わってくるので、この違いを知っておく必要があります。

履歴書のサイズ

サイズは、A4版とB5版の2種類で、どちらも開いてA3版やB4版として使用します。A版やB版と表記されることもありますが、A版はA4やA3のこと、そしてB版はB5やB4版のことを指しますので呼び方も一緒に覚えておくとよいでしょう。

今まであまりサイズを気にしていなかった人は、売っているものを見比べてみると、その大きさの違いが分かるのでぜひ実物を手に取って確認してみてはいかがでしょうか。

 

就活でおススメの履歴書の種類とサイズは

履歴書には3つの種類があると書きましたが、就職活動で使用する時にはどのパターンを使ったら良いのでしょうか。どちらも見た目では大きさの違いがありますが、細かく見ていくと項目も販売している会社によって微妙に違っているのです。

履歴書は企業側から指定されている場合は、そのサイズを選んで記入する必要がありますが、指定がない場合はどちらでも構いません。むしろサイズよりも中身の項目が充実している方を選ぶと良いでしょう。例えば、志望動機や特技、長所や短所などは、書式によっては項目があるものとない履歴書もあります。一枚の限られた紙の中であなたの個性を表現するのですから、なるべく書きやすく、個性を伝えられるものを選ぶようにしたほうが印象も違ってみえます。

資格をたくさん持っている人は、免許や資格の項目が多いものを選ぶと有効ですし、趣味がたくさんある人は、行動的という側面を表現できるため、趣味の欄が広いものを選ぶのもおすすめです。しかし、学歴や経歴以外に書けるものが少ない人は、B5サイズを選ぶと、書く範囲もA4版に比べて少なくなります。自分に合ったものを意識して選ぶようにしましょう。

 

履歴書のサイズに迷った時にはA4を

普段あまり履歴書の項目には目が向いていなかったと思いますが、項目を見てみるとその違いが分かるようになる分、サイズ選びも迷ってしまうものです。

企業からサイズの指定がなく、履歴書のサイズ選びに迷ったら、A4版を選びましょう。これは、会社がビジネス文書として使用する書類のほとんどが、A4で作成されているため、企業側が手に取りやすく、見やすいといメリットがあるからです。ファイリングもしやすいですし、PDFのデータ化もしやすいため、扱いやすい書類になります。大事なのは紙の大きさではなく、いかに中身を充実させるかということなので、サイズに迷ったらA4を選び、その中で自分を表現する工夫が必要になってきます。迷ったらA4版の履歴書を選んでみてくださいね。

 

履歴書を自作する時の注意点とは

最後は履歴書を自作する時の注意点についてです。履歴書にもオリジナリティーを持たせたいという人や、手書きではなくパソコンで作りたいという人も増えているため、自作するという方法もあります。

作り方は、インターネット上でテンプレートやフォーマットがたくさん公開されているので、書きやすいものを選びダウンロードします。名前をつけて保存した後、住所や氏名、学歴や特技などを埋めていきますが、字体は明朝体を使用しましょう。印刷する時にはA3もしくはB4でページが複数にならないように印刷するのがポイントです。ホチキスで留めて提出する方法もありますが、市販されている履歴書と同じように見開きの状態で情報を提示できるように印刷すると、見る側も見やすくなります。

しかし、自宅のプリンターではA3版が出力できないという人もいると思います。その場合は、コンビニのプリントサービスを利用すると印刷することができますので、上手に活用してみてください。

最後に履歴書を郵送もしくは、持参する時の封筒についてですが、郵送する場合は、添え状をつけて折らずにクリアファイルに入れて郵送するのがマナーです。その時には中が透けないように厚めの封筒を選ぶようにしましょう。持参する時には同じようにクリアファイルに入れて、折り目がつかないように両手で渡すようにします。

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS