就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のビジネスマナー】「ご芳名」以外にも消さなければいけない招待状や手紙のマナー
就活の悩み

【就活生のビジネスマナー】「ご芳名」以外にも消さなければいけない招待状や手紙のマナー

LINE Facebook Twitter

社会人としての常識!「ご芳名」以外にも消さなければいけない手紙のマナーとは

友人から届いた結婚式の招待状は、仲が良ければ良いほど感慨深いものが押し寄せてくるものです。招待状や手紙が届いたら返信するのが社会人としてのマナーのひとつ。でもいざ返信をしようとすると、どこを消して、どこは残したら良いのか分からなくなってしまうという声をお聞きします。

名前や住所、そして出席の文字を丸で囲んだだけでは、社会人としては満点ではありません。では、どのように書くのが正解なのでしょうか。ここでは結婚式を例に取ってご芳名の消し方について考えてみたいと思います。

 

ご芳名の消し方や書き直しの方法について

友人から届いた結婚式の招待状は、仲が良ければ良いほど感慨深いものが押し寄せてくるものです。招待状や手紙が届いたら返信するのが社会人としてのマナーのひとつ。でもいざ返信をしようとすると、どこを消して、どこは残したら良いのか分からなくなってしまうという声をお聞きします。

名前や住所、そして出席の文字を丸で囲んだだけでは、社会人としては満点ではありません。では、どのように書くのが正解なのでしょうか。ここでは結婚式を例に取ってご芳名の消し方について考えてみたいと思います。

まずは、出欠席の連絡の欄には出席・欠席・住所・芳名全てに「御」という文字が添えてあります。これはもっとも丁寧な表現を用いたものであり、受け取り側は見ると嬉しいものですよね。しかし、これを返信する時もマナーがたくさんあるので、ここで再確認していきましょう。

手紙でいただく案内状には縦書きと横書きがありますが、どちらもルールは同じです。線を引いて消す部分は定規を使ってまっすぐ二重線で消すようにします。消す場所は「御」がついた部分と、ご芳名の名以外の部分、すなわち「ご芳」までを二重線で消し、名は残しておきます。消す時のマナーは定規を使って二重線ということを頭に入れておいてくださいね。しかし欠席の場合消し方のルールがあるので、次項で細かく解説していきたいと思います。

 

ご芳名以外にも消さなくてはいけないもの

出席の場合は、御欠席以外の「御」がつくところと、「ご芳」の部分に定規を使い、二重線で消したら、次は出席を丸で囲います。こうしないと、出席かどうかの判断ができないためです。また、欠席の部分は、御のみではなく、「御欠席」全体を二重線で消すのが重要なポイントです。

もう一度おさらいしてみると、最初に出席できるのか、出席できないのかを確認します。出席できる場合は、御欠席に定規をあてて二重線で消します。欠席を消したら、残りの出席と御住所の「御」を消し、最後はご芳名の「ご芳」を消して完了です。「御」を消すことを意識するあまり、丁寧語で表記されている「ご芳」を消し忘れてしまう人も少なくありません。このご芳名の消し方は見落としてしまいがちなので、覚えておくようにしましょう。

消し終わったら次は必要箇所の記入をしていきます。住所と名前を書くのですが、鉛筆は消えてしまったり、かすれてしまったりするので使用しないようにしましょう。できれば筆ペンで丁寧に書くのがベストですが、自信がない場合は万年筆でも構いませな。上手や下手ではなく心を込めて一文字一文字書くことがポイントです。ただし、修正テープを使用するのは失礼にあたるので、清書する前に下書きをしてから書くことをおすすめします。誤字や脱字、文字の修正も失礼にあたるので注意してくださいね。

 

ご芳名以外のマナーについて

二重線で消して、住所と名前を記入したら、次は、出席・欠席に限らず、どちらの場合もひとこと、メッセージを書くようにしましょう。まずは欠席する場合は、「ご結婚おめでとうございます。」と書いた上で、欠席する理由を添えて記入します。出席する場合は、同じように「ご結婚おめでとうございます。よろこんで出席させていただきます。」などとひとことメッセージを添えて返信すると、受け取った時にさらに喜びが増すのではないでしょうか。

また、「御」の消し方ですが、地域によっては祝い事という観点から、二重線で消すのではなく、「寿」や「賀」で一文字ずつ消していくという風習もあるようです。住んでいる地域の習わしなども重要なので、不安な人は両親に相談してみてはいかがでしょうか。

 

手紙の場合のご芳名の消し方は?

今回は結婚式の招待状を例にしてご説明しましたが、冠婚葬祭でこのようなお手紙をいただくは多々あります。プライベート以外でも仕事で取引先の企業から懇親会の招待状やパーティーの通知など、冠婚葬祭に限らずビジネスシーンでもこのマナーを使うところは沢山あります。このマナーを知らないで返信してしまうと、会社としての品位が問われる可能性もあるため注意が必要です。招待状は、はがきでも手紙でも基本は一緒なので、「御」に定規をあてて二重線で消すということ。

そして記入する部分は丁寧に書き、誤字や脱字がないように細心の注意を払って書くようにしましょう。これらのマナーは社会人としての常識になるので、頻度は多くありませんが、覚えておきその場面になったら使えるように引き出しを増やしておくことが重要です。なんでも知っている人は仕事でもその力を発揮できるのではないでしょうか。マナーがあり、知性も持ち合わせている人は、大きな信頼を得ることにつながります。

LINE Facebook Twitter

TOPICS