就活パレット 就活パレット

業界研究

【就活生の職種研究】営業の特徴とやりがい~就活生の正直な疑問について考える~
業界研究

【就活生の職種研究】営業の特徴とやりがい~就活生の正直な疑問について考える~

LINE Facebook Twitter

「飛び込み営業」にやりがいはあるの?~就活生の正直な疑問について考える~

 

新卒で就活をしていると、営業職の求人の多さに気がつくと思います。営業に人件費をかけるのは、それだけ企業にとって営業職の役割が非常に重要なものだからです。営業職は男性、女性ともに活躍していますが、特に文系の男子学生の場合、業種としては営業職になる可能性が高いのが実情です。

その営業職のひとつにいわゆる「飛び込み営業」と言われているものがあります。ここでは「飛び込み営業」とはどんな営業スタイルなのか?そして、やりがいはあるのかという点について説明していきます。

 

営業職の役割は?

どんな会社でも、利益を上げるためには商品やサービスを販売しなければいけません。そのための役割を担うのが営業職です。会社には直接利益に貢献する製造や営業などの直接部門と、利益には直接貢献しない人事や経理などの間接部門があります。どちらも会社にとって重要ですが、とりわけ営業職は会社に直接利益をもたらす存在ですから、会社においては重要なポジションと言えます。いくら良い商品やサービスを提供する会社であっても、営業力が無ければ売り上げや利益を伸ばすことは難しいのです。

 

さまざまな営業職について

営業職とひと口に言っても、実はいくつかの種類に分けられます。例えば、決まった固定得意先を回って販売をしていくルートセールスや技術知識も兼ね備えているセールスエンジニアも営業スタイルの一つです。また、電話で商品販売の勧誘を行うテレフォンアポインターも営業の一種と言えるでしょう。それに対して、新規開拓を行う営業の典型がいわゆる飛び込み営業です。飛び込み営業は別名、新規開拓営業とも呼ばれます。全く面識のない人たちに対して営業をするわけですから、難しい営業スタイルの一つと言ってよいでしょう。

 

飛び込み営業の仕事の特徴

飛び込み営業は、大きく分けると個人向けの営業と法人向けの営業に分けられます。同じ飛び込み営業でも個人相手と法人相手ではかなり違いがあります。個人相手の飛び込み営業の取り扱う商品は、建売住宅やマンションなどの販売、リフォーム、新聞、生命保険の営業などが一般的に知られています。法人相手の飛び込み営業としては、例えば広告業界などがあります。

ルートセールスのような得意先回りの場合は既に取引実績がありますし、お互いに人間関係が成立している場合も多いと思います。それに対して、飛び込み営業は取引実績もなく、見込み客との間に人間関係が成立していません。そうした中で相手のところに訪問しても、冷たくあしらわれる可能性が高いと言えます。見込み客から見ると突然やってきた営業の人に対しては警戒するのは当然でしょう。そうした難しい状況から信頼を勝ち取り、営業につなげていくのが飛び込み営業の仕事と言えます。

 

飛び込み営業職のやりがい

営業で商品の購入を決断するのは、結局のところ「人」です。つまり、営業は人の人との関係で成り立つものです。人間関係というものはコミュニケーションによって成立します。ですから、営業成績を左右するのはコミュニケーション能力と言っても言い過ぎではありません。

そうした意味で、営業に向いているのは人と話すのが苦にならない人ということになります。そして、商品説明をきちんとするためにも説明する能力も重要です。ただやみくもに話すのではなく、きちんとした論理的思考によって見込み客を説得できるロジックを持つことも大切です。

飛び込み営業は、お客様との関係でいえば、まったくゼロからの出発ということになります。時に「胡散臭い営業マン」というイメージで見られることから考えれば、マイナスからの出発と言っても間違いではありません。そうした中から、コミュニケーションスキルを最大限活用して商品やサービスの販売に結びつけるところに仕事のやりがいがあると言えます。

ルートセールスは比較的やりやすく、飛び込み営業は難しいというイメージを持っている人もいますが、一概にはそうともいえません。ルートセールスと飛び込み営業両方の経験者の中には、ルートセールスのように固定得意先との人間関係を維持しつづけるのは苦手という人もおり、飛び込み営業のほうが実は向いているというケースもあるのです。

また、飛び込み営業の場合、給料が歩合制であるところが多いのも特徴です。完全歩合制のところもあれば、固定給プラス売り上げに応じたインセンティブという場合もあります。いずれにしても、成果を出せば出すほど、それが給料という目に見える形で自分に返ってくるところが魅力と言えるでしょう。営業力に自信がある人は、あえて完全歩合制で働き高収入を狙うのもひとつの方法です。

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS