就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】宛名の「様」と「御中」の使い分け方とその他の宛名の使い方
就活の悩み

【就活生のお悩み】宛名の「様」と「御中」の使い分け方とその他の宛名の使い方

LINE Facebook Twitter

宛名の「様」と「御中」の使い分け方

ESや履歴書などの書類を送付する際、宛名に「様」とつけたらよいのか「御中」とつけるべきか悩んだことはありませんか?「会社の人に送るのだから“御中”」「送付するときには“様”と付けておけば間違いない」と思っているならマナー違反になってしまう可能性があります。正しい使い方をマスターしておきましょう。

 

個人宛には「様」を使う

基本的に、個人宛には「様」を使います。個人宛とは、送付先の個人名がわかっている場合です。「人事部」に送るのではなく、「人事部の◯◯さん」に送るときに「様」を使います。人の名前が書かれているのに「御中」と書いてしまうとマナー違反として見られ、中身を開封してもらう前に「書類審査不通過」となってしまう可能性すらある、重大なミスです。

個人の名前を書いたら「様」と覚えておきましょう。なお、2人以上の宛名を書いて送る場合には、それぞれの名前の下に「様」と書くのが正しい表記方法です。名前を並べた下に大きく「様」と1つだけ書くのはマナー違反となるため、気をつけておきましょう。

 

団体・組織宛には「御中」を使う

個人宛が「様」なら、団体宛が「御中」です。決まった相手で名前がわかっている方へ送る場合は「様」ですが、担当者名がわからない場合に「御中」を使います。

御中には「送り先の団体や組織の(名前はわからない/担当が誰だかわからない)誰かへ」という意味合いがあります。相手に敬意を払うための敬称なので、使い方を間違ってしまうと、「敬意を払っていない=マナー違反」と捉えられてしまいます。

「宛」「行」となっている場合

送り先から指定された封筒や「こちらでご返送ください」と渡されたもので返送を行う場合、会社名や部署名のあとに「宛」「行」という言葉が印刷されていることがあります。これは、自社や自分に敬称を使うわけにはいかないため、こうした宛先の表記をしている状態です。

こうした返信用封筒を使用する場合には、「宛」や「行」を二重線で消し、「様」や「御中」と書き直してから送るようにしましょう。修正液やテープを使用して消す必要はありません。修正液で見えないようにして送ってしまうと、「間違えていたから直しておきました」という意味合いに取られてしまう可能性があります。

「宛」「行」の消し方と「様」「御中」の書き加え方

「宛」「行」を消すときには、二重線を書いて消すのがマナーです。二重線は、縦書きであれば縦または斜め、横書きの場合は、横または斜めに書き入れます。斜めの線は右上から左下が基本です。定規を使う必要はありませんが、線がうねらないよう注意して書くようにしましょう。

二重線を入れたら、縦書きであれば、「宛」「行」の左または下に、横書きは右側に「様」「御中」と書き加えます。二重線を入れただけで満足しないように、必ず「様」「御中」が書かれているかどうかを確認するようにしましょう。

 

「御中」と「様」の使い分け具体例

「御中」と「様」をどう使い分けたら良いのか、具体例をチェックして完璧にマスターしておくと安心です。

「◯◯会社 御中」

「✕✕会社 人事部 御中」

「△△会社 人事部 (個人名)様」

会社宛や部署宛であれば「御中」、個人名には「様」を使います。個人名は、名前がわからないときには苗字だけでも問題ありませんが、名刺をいただいていてフルネームがわかっているときには全ての名前を入れるようにしましょう。

「殿」や「役職名」の扱い方

就活時には使用する機会が少ないですが、ビジネスマナーとして、「殿」と「役職名」の扱い方も知っておくと入社後の失敗を防ぐことができます。覚えておいて損はないのでチェックしておきましょう。

「殿」の扱い方

個人名がわからない、もしくは不要な場合に役職名で送る場合には「殿」を使います。「◯◯会社△△部 営業部長 殿」のように使うのがマナーです。また、役職名に加えて個人名を入れたときにも「殿」は使えます。「◯◯会社△△部 営業部長 (個人名)殿」といった形です。この場合は、「様」を使ってもいいため、好みや会社の方針に従って書き方を変えるといいでしょう。

「役職名」の扱い方

宛名を書き入れるときに、「◯◯会社△△部 営業部長 (個人名)殿」といった順ではなく「◯◯会社△△部 (個人名)営業部長」と個人名に役職名をつけるケースもあります。この場合は、役職名が敬称に当たるため、「殿」も「様」もつけずに送ることができます。個人名+役職名に「様」や「殿」をつけてしまうと二重敬称となってしまい、「マナーをわきまえていない」と思われてしまうため、注意をしましょう。

使い分けのポイント

「様」や「御中」の使い分けは、社会人になるものとしては、必須のマナーとなるため必ず覚えておきましょう。「様」は個人名と覚えておけば、問題なく使いこなせるようになるはずです。また、「殿」や「役職名」など、宛先につける敬称はさまざまです。自分なりの宛名の書き方を統一しておきましょう。常に同じ順序で書いていればあれこれ迷うこともありません。

 

宛名は相手の名前に関わるため、相手の目に入りやすいところです。相手側へ届いたときから、受け取った人、それを適切な部署へ届ける人、開封する人と多くの人の目に触れる部分でもあります。間違えてしまうと「就活生なのにマナーを勉強していないのか?」「この会社の社員は大丈夫か?」と思われてしまうので、間違えずに使えるようになっておきましょう!

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS