就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の履歴書】履歴書を手渡しする時のポイントと注意点
選考対策

【就活生の履歴書】履歴書を手渡しする時のポイントと注意点

LINE Facebook Twitter

履歴書を手渡しする時、封筒から出す?出さない?

 

面接で気になることが、普段は気にかけないマナー。履歴書は郵送することが多いかと思いますが、中には手渡しする機会もあることでしょう。そんな時、封筒から出しておくのか、そのまま渡せばいいのか、どのように渡せばいいのか迷ってしまいますよね。普段は気付かないことだからこそ、しっかりとポイント押さえておきましょう

 

封筒に入れたまま?封筒から出す?クリアファイルに入れる?

履歴書をしっかりと書き上げて、封筒に入れて面接へ持参するところまでは問題ないでしょう。そして、いざ履歴書を渡す際には、以下の点に気をつけておきましょう。

・履歴書は大事な選考書類なので傷つけない

・折り畳まずに封筒・もしくはクリアファイルに入れて持ち運ぶ

・手渡しの際には封筒・クリアファイルから出し、履歴書を上に重ねて渡す

履歴書を手渡しする際には、封筒・クリアファイルから出して渡します。また、渡す際には入れていた封筒・クリアファイルの上に重ねて、読みやすい向きで渡します。このようにすることで、失礼のない形で履歴書を手渡すことができます。

履歴書は単なる紙ではなく、あなたが生きてきた証を綴っている大事な選考書類です。面接官からすれば、それだけ大事な選考書類を雑に扱う人を採用しようとは思いません。履歴書は、書いたら終わりではなく、傷つけないよう持ち運ぶ必要があることも覚えておきましょう。

 

また、持ち運びの際には履歴書をクリアファイルに入れ、そのまま封筒に入れておくと折り曲がらずに持ち運ぶことができます。くれぐれも、封筒・クリアファイルに入れただけの状態は避けましょう。雨が降った時や、電車等でカバンが衝撃を受けても大丈夫な対策をとることが必要です。

 

封筒の色・サイズについて

続いて、履歴書入れる封筒の色についてです。原則、封筒の色は白を選んでおけば問題ありません。茶封筒でも問題はないのですが、白の封筒は色が映えますし、綺麗に保っておけば見た目が良くなります。茶封筒に不安をもっている方がいれば、無駄に悩む時間をなくすことができるので、白が無難です。

色よりも気にしておきたいのが、封筒のサイズです。アルバイトの面接では、よく見かける長封筒を使っていた人も多いのではないでしょうか。しかし、就活における面接は社員として採用してもらうためですよね。その場では、長封筒は厳禁です。冒頭でもお伝えした通り、履歴書を傷つけないようにする必要があるので、A4サイズの封筒を選びましょう。

また、履歴書を持参する際には、宛名や住所を記入する必要はありません。しかし、忘れてはいけないのが、赤文字で「履歴書在中」という文字を記入すること。履歴書のみを回収する場合は、特に問題ありませんが、封筒ごと回収する際に、中に何が入っているのかを一目でわかるようにしておく必要があります。面接官は、何十通もの履歴書を保管しているので、マナーとして「履歴書在中」の文字は忘れないようにしましょう。あらかじめ封筒に記載されているものや、スタンプなども販売されているので、そちらを利用しても良いですね。

 

手渡しする時の挨拶の仕方

履歴書を渡す時にも、いくつか気をつけておきたいポイントがありますので、しっかりと覚えておきましょう。

手渡しの際、履歴書ではなく面接官の目を見て話す

履歴書を手渡す際、緊張するあまり面接官の顔ではなく、手元を見て話してしまいがちです。これでは、面接官もいい印象も持ちたくても持てませんよね。通常の挨拶と同じように、話すときは相手の目を見てはっきりと話しをするように心がけてくださいね。

履歴書を手渡す際は、自然と面接官との距離が近くなります。面接中、あまり面接官に近づくことはありませんので、しっかりと印象付けるチャンスでもあります。

渡す向きは、面接官が読める向きに変えて手渡す

履歴書を手渡すシーンは、ほとんどが対面です。横に並んで渡すことはほとんどありませんので、履歴書の向きには要注意です。

履歴書を封筒から取り出した時は、きちんと自分が読めるように入れていると思いますので、封筒から取り出した後は、きちんと相手に向けて渡しましょう。当たり前の行為が故に、こういったふるまいができていないと悪い印象を持たれてしまう可能性があるので、気をつけておきたいところですね。

自分の名前を述べ、しっかりと挨拶をする

履歴書を手渡す際は、「(自分の名前)です。本日はよろしくお願いいたします」、「こちらが私、(自分の名前)の履歴書です。よろしくお願いいたします」など、自分の名前をしっかりと述べた上で挨拶をしましょう。履歴書の受け渡しが、事務的な作業になってしまわないようにすることが大切なポイントです。

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS