就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の資格取得】「ビジネス法務検定」資格取得のメリット
就活の悩み

【就活生の資格取得】「ビジネス法務検定」資格取得のメリット

LINE Facebook Twitter

【就活生の資格取得】就活でアピールできる!「ビジネス法務検定」ってどんな資格?

 

就活において、資格はとても重要視されるものの1つです。面接官からみれば、学生がどんなことに興味を持ち、理解を深めて来たのかが一目でわかるからです。

その中でも、「ビジネス法務検定」は就活で活躍する資格です。改めて資格の内容を知っていきましょう。

 

ビジネス法務検定とは?

ビジネス法務検定の正式名称は、「ビジネス実務法務検定試験」といいます。通称「ビジ法」と呼ばれています。この資格は、名前からもわかる通り法律に関わる資格です。

法律といっても、弁護士のような専門的なものではなく、ビジネス上で必要になってくる法律を取り扱います。企業におけるリスクを回避するためには、法務部門という部署があり、法的な面で会社を守っています。そういった部署とも関係のある範囲が出題されます。

1つ注意点があるとすれば、「ビジネス法務検定」は法律に関する資格ではあるのですが、独占業務ができる資格ではありません。弁護士や税理士、会計士などのように、資格があれば独立できるほどの力はありません。あくまでも、知識をもっている証になるということです。しかし、独占業務ができなくても立派な資格ですので、取得しておいて損はありません。

また、「ビジネス法務検定」は業種を問わず活用できる資格でもあります。仕事の中には、営業や人事、管理職に至るまで様々な仕事があります。その1つ1つの仕事には、必ず法律が絡んでいるのです。営業であれば、契約にまつわる法律、人事であれば雇用にまつわる法律などが該当します。

知らず知らずの内に、法を犯すような仕事をしてしまっては、企業にとっては大きなダメージとなります。そうなると、あなた自身も仕事を続けられなくなる可能性がありますよね。「ビジネス法務検定」は、就活に使えるだけでなく、社会人になってからも自分の身を守ることができる資格でもあるのです。

 

最低2級を取らなければ意味がない

「ビジネス法務検定」には、1級から3級まで取得することができます。3級では、学生や一般社会人レベルの問題が出題され、ビジネスマンとして最低限の法律知識を学ぶことができます。しかし、就活を有利に進めるためには、3級では少し力不足になる可能性があるのです。3級は知識を身につければ取得できますが、2級からは問題の方向性が大きく変わります。

2級で身につくことは、企業の外部専門家と呼ばれる人への相談ができることです。企業には、弁護士や税理士などのビジネスパートナーがいます。そういった人たちとの架け橋ができる力がつきます。就活の際には、最低でも2級をもっていれば十分なアピールになります。知識の質・量、共に求められる2級を乗り越えれば、1つ武器を手にしたことになりますね。

また、2級以上をもっているのであれば、仕事におけるキャリアアップを図ることもできます。近年では、企業にもコンプライアンスが求められています。「ビジネス法務検定」の資格をもっていることで、法務部門などに就けるチャンスも生まれるのです。

仕事において重要な要素であるリスク管理を、法的な面から見ることができるので、企業にとっては強みとなります。あなたが上司になったときでも、コンプライアンス面も含めた指導を部下に与えることができますね。

 

ビジネス法務検定を持っていれば就活にやる気があることが伝わる

「ビジネス法務検定」は、ビジネスに関わる資格です。学生の内からビジネスについて知ろうとする姿勢や、実際に知識を身につけたという結果は、面接官にとっては重要なことだからです。仕事に対しての熱量ややる気はもちろん大事なことです。

しかし、その気持ちに対しての裏付けがなければ、説得力に欠ける場面も出てくるかもしれません。資格は、あなたのやる気を形で示してくれる大きな証拠となるのです。

「ビジネス法務検定」は、業種を問わず役に立つ資格だと紹介しました。このことは、言い換えれば「どの業種であっても活躍する」という意思表明にもなるのです。

もしあなたが面接官なら、営業一本に絞って就活をしている学生と、どんな仕事でも真剣に取り組める力がある学生なら、どちらを選ぶでしょうか?もし双方が「ビジネス法務検定」をもっていたとすれば、万能に働く意思がある方が即戦力になりやすいですよね。

「ビジネス法務検定」はただの資格ではなく、学ぶ過程で自分がやりたい仕事自体を考える余裕が生まれます。これは「ビジネス法務検定」が、仕事における全般的な知識を習得させてくれるためです。2級を取得するには、少々時間がかかりますし、労力も伴いますが、就活のやる気をアピールするためには、強力な味方になってくれることでしょう。

就活に向けて、まずは自己分析!

自己分析攻略シートはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS