就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】不採用の通知の問い合わせのタイミングのポイントと注意点
就活の悩み

【就活生のお悩み】不採用の通知の問い合わせのタイミングのポイントと注意点

LINE Facebook Twitter

【就活生のお悩み】不採用の通知に1週間?問い合わせのタイミングとは

 

採用の場合は連絡が早い、1週間以上経過した時は?

「今日の面接はうまくできた」という日もあれば、「全然話せなかった」というものまで面接の感触はその日によって違うものです。面接が終われば、当然合否の結果も気になるもの。

採用なら入社に向けての準備に入れますし、不採用なら気持ちを切り替えて次にチャレンジしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、その結果が1日、そしてまた1日と経過していくと不安になるものです。では、どれくらいの期間を見込めば通知が来るのでしょうか。

採用通知のくるタイミングとは

合否の連絡については面接の時に説明してくれるケースもありますが、ない場合は、「どれくらいで通知をいただけますでしょうか」と事前に聞いておきましょう。企業の採用のフローによっても変わってきますが、おおよそ1週間前後で合否を確定し、応募者に郵送するか電話で連絡してくれます。

そして採用の場合は早く応募者の承諾を得たいため、結果の連絡は早い傾向も。早く通知を出さないと、他の企業からも内定をもらい内定を辞退することを避けるためです。

しかし、不採用通知はというと、通知を出すのが遅れても会社側にはデメリットがないため、通知が届くのが遅くなることもあります。1週間というのは、カウントの仕方もまちまちですが、面接をした次の日を1日目と考えて、面接が終わってから7日目までが企業側が指す1週間の範囲内なので、面接の次の日から8日目になると約束の1週間から遅れたことになります。このカウントの仕方で日数に誤差が出てしまい、面接の日を1日目と考えてしまい、焦ってしまう人も多いので、この数え方は覚えておいてくださいね。

 

1週間たっても連絡がなくても不採用とは限らない

合否の通知の目安が1週間と書きましたが、これは土日や祝日、会社側の繁忙期が間に入るとこの限りではありません。そのため、もう少し日数が延びることも考えられます。また、面接をした人数が多ければ多いほどのその中から限られた人数を採用するため、多角的な評価が求められ決定に至るまでには時間がかかることもあります。多くの応募者の集計や合否の決定、そして通知の発送など、担当部署が行いますが、担当者が体調を崩してしまい、発送に時間がかかってしまっていることも考えられます。

また、内定を辞退する人数も見込んで補欠や繰り上げ合格などの措置を検討している場合もあるため、連絡がなくても不採用とは限らないのです。待っている方は時間が経てば経つほど精神的に辛いですが、通知がこないことはなんらかの事情があることも頭に入れておきましょう。この会社側の事情もあることを知ると少し安心するのではないでしょうか。

企業によっては、最終的な合否を承認する人が人事や人事部長なのに対して、社長決裁を取る企業などもあるため、承認を取るのに時間がかかることもあるのです。なんらかの事情で手続きが遅れているケースもあるので、1週間を過ぎても望みはありますので安心してくださいね。

 

2週間経過したら、問い合わせしてみよう

面接から1週間が経過したので、担当者に問い合わせをした所、「諸事情によって遅れている」と回答されることも珍しくありません。希望が残っているのでその時は安心しますが、それからまた1日、1日と経過し、気づいたら2週間経過していたら、心配になるものです。

問い合わせの時期

そこで、面接をした次の日から2週間が経過したら、合否について電話で問い合わせをしてみましょう。待っている間は他の企業を受けるのも躊躇しますし、応募する企業も再検討しなければいけません。2週間たって通知がこない場合は、「●月●日の●時から面接をしていただいた●●大学の●●と申します」と自分の立場を明確に伝えた上で、担当者に変わってもらいましょう。そして「合否の結果をお伺いしたく問い合わせさせていただきました」と要件が分かるように的確に伝えることが重要です。しかし、あまりにも頻繁に連絡するのは印象を悪くしてしまうので、企業側が約束した日にちまでは待つのがマナーです。発送予定が1週間なら、10日目もしくは2週間を経過した後に連絡するなどおおよその目安を作っておくと安心するのではないでしょうか。

電話をする時間帯

電話連絡をする時間帯ですが、出勤してすぐの9時と退勤時の18時前後は業務が集中するので避けた方がベスト。更に、11時から14時までは交代で休憩を取るので、電話をしても担当者が不在で結果がわからないということもあります。この時間帯を避けて、要点をまとめて聞くように事前に準備しておくとスムーズに状況を聞くことができます。しかし、2週間はあまりにも長すぎるので、希望は持ちながらも、他の企業も並行して応募するなどの対処も必要かもしれません。そのためには、面接の時に合否の通知がどれくらいまでに来るのかも確認し、そのスケジュールも踏まえて他の企業の応募についても検討してみることをおすすめします。

LINE Facebook Twitter

TOPICS