就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のマナー】敬語、謙譲語、丁寧語の違いとポイント
就活の悩み

【就活生のマナー】敬語、謙譲語、丁寧語の違いとポイント

LINE Facebook Twitter

丁寧語の意味と正しい使い方を知れば敬語も怖くない

 

丁寧語とは

学生の皆さんは普段あまり使う機会が少ないかもしれませんが、社会人になると敬語を使う機会が今よりも数倍増えるのを意識していますか。先輩や上司、取引先や目上の人に対して言葉を使い分けなくてはいけません。社会人になって困らないように、丁寧語についてその違いや使い方について事前に確認しておきましょう。

まず、丁寧語とはどのような時に使う言葉なのでしょうか。丁寧語は聞き手と語り手、面接の場で例えるなら、聞き手が面接官、質問をされ回答を話すあなたが話し手であるとすると、聞き手側の面接官が上位にあたるので、聞いている相手に対して配慮する言葉なのです。

面接以外でも会社の中では他の部署と打ち合わせをする場合や、来客の対応のときにもこの丁寧語を使う場面に遭遇します。丁寧語は使用する頻度が高い言葉のひとつかもしれません。

この丁寧語は目上や立場を問わないため、「です」「ます」を基本とした表現が用いられます。文字通り、丁寧に伝えることを意識すると丁寧語をすぐにマスターできます。

 

敬語、謙譲語、丁寧語の違いについて

社会人となれば、毎日といってもいいほど、敬語を使用する機会が増えます。しかし、ひとことに敬語といっても大きく分けて3種類あるので、それぞれについて確認していきましょう。

尊敬語とは

まずは尊敬語についてです。これは、敬語とも略されますが、尊敬語というのが正式な言い方で、目上の人に対して使う言葉です。職場の中では先輩や上司など、ほとんどがこの目上の人にあたるので尊敬語を使う頻度も多くなります。尊敬語は目上でなくとも取引先の人に対して相手を立てる時にも使用します。よく使う言葉を例に出してみると、

見るという言葉は、ご覧になる。

帰るという言葉は、お帰りになる。

など尊敬語を使用する時には「ご」や「お」、「~になる」という言葉をつけるのが一般的です。

謙譲語とは

尊敬語が目上や相手に対して使う言葉ですが、謙譲語は自分がへり下る時や、自分がへり下ることで、相手を立てる時に使用します。

行くという言葉は、うかがう

会うという言葉は、お目にかかる

という表現になります。しかし、ここで注意しておきたいのが、自分の欠点をさらけ出す自嘲や卑下とは全く別物であることは意識して使うようにしましょう。自虐的に使用してしまうと周りのひんしゅくをかってしまう他、取り返しのつかない状態になってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

丁寧語も含めて3つの尊敬語について見てきましたが、違いが理解できましたでしょうか。簡単にまとめると以下の点がポイントになります。

尊敬語:目上の人や相手を立てる時に使う言葉

謙譲語:自分がへり下ったり、へり下ることで相手を立てる言葉

丁寧語:聞き手に対して丁寧に伝える言葉

誰が対象なのかを意識すると、自然と言葉もスムーズに選べるかもしれません。まずは身近な人をイメージしながら、同じ言葉を用いて、丁寧語を使った場合と敬語なら、そして謙譲語バージョンと練習することで自分の言葉として得られることができますよ。

 

失敗があっても使って覚えていく

尊敬語、謙譲語、丁寧語とそれぞれの使い方に違いがあることが分かりました。しかし、実際使ってみるとどれが尊敬語で、どれが丁寧語なのかは分かりづらいものです。ビジネスマナーでは数々の事例が取り上げられていますが、使い方を間違えてしまい、上司に叱られるという場面も少なくありません。

それぞれに使い方は似ているのですが、微妙な使い方も存在します。それを自分のものにしていくためには、先輩が上司と話している話し方などに耳を傾け、ひとつずつ真似をして学んでいくことです。

特に勉強になるのが社内の会議や、取引先と打合せをする時などは、社内で話すときよりも慎重に言葉を選ぶので、いつもの上司とは違うと感じるほど、真剣さが言葉に表れてくるものです。話し方でヒントになったものはメモに取りながら、反復学習をしながら自分のものにしていきましょう。

言葉遣いに限ったことではありませんが、時には失敗をしてしまうこともあると思います。けれども、失敗を繰り返しながら、この場面にはこの言葉を使うと学んでいくことで、自分の引き出しが自然と増えていくのではないでしょうか。

会社で働く全ての人が、最初から敬語を使えたかというとそうではありません。みんな社会人1年生としてひとつひとつ覚えていっているので、失敗を恐れないでくださいね。

自信がない人は、まず敬語や丁寧語からはじめて、少しずつボキャブラリーを増やしていくという方法も。焦らず自分のやりやすい方法を見つけていってみてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS